真空成型品を活用したいわきの専用オリジナルトレー

いわきは、設計の自由度の高い真空成型技術を駆使し、お客様の製品・部品にベストマッチする専用オリジナルトレーを低コスト・短納期でご提供します。小ロット多品種のご要望にも柔軟に対応しますので、ぜひお問い合わせください。

真空成型品・オリジナルトレーのご要望に応えます

いわきにお寄せ頂くお客様の声で、近年、特によく聞かれるのが「オリジナルトレーを作成して欲しい」といったご要望です。当社は、工業用トレーの専門メーカーとして規格品も豊富に取り揃えていますが、製品の保護や信頼性確保といった観点から、近年は個々の製品に特化した専用オリジナルトレーをお求めになるお客様が増えています。当社はこうしたニーズの高まりに応え、設計の自由度の高い真空成型技術を活用して、お客様の製品にベストマッチするオリジナルトレーを製作しています。


自動車部品や電子部品、超精密クラスの精密機器用トレーなどの真空成型品

凹凸があるPMMAも対応可能な真空成型品

真空成型はその名のとおり、薄板状のプラスチックシートと金型の間を真空の状態に保ったうえで、成形する技術です。熱可塑性樹脂、つまり適度な温度に加熱すると軟化して可塑性をもち、冷却すると固化する樹脂のシートを加工する一つの方法で、加熱で軟化したシートを真空の圧力で変形させたまま冷却して成形品をつくります。圧空成形の場合は、金型の周囲を密閉して枠を被せて圧縮した空気を吹き入れて加圧成形する点が異なりますが、基本的には変わらない成型方法です。いわきが半世紀の歴史の中で手掛けた真空成型品は無数に及びます。設計の自由度の高い真空成型を活用すれば、大小軽薄を問わず、成形が可能かつ射出と同等の精度を確保します。当社がこれまで手掛けたオリジナルトレーの一例を挙げると、身近なところでは、自動車部品があります。ドアミラーの筐体やテールランプ、ブレーキパッドなど、さまざまな部品に対応するプラスチックトレーで実績があります。また、プリズムやシートレンズ、石英ガラス、ドームレンズ、光カプラ、光学レンズ、フレネルレンズ、光ファイバー、デジタルミラーなど、光学・精密機器や部品向けの専用トレーも数多く供給してきました。なかには超精密クラスのレンズ用トレイでも実績があります。また、SDカードや各種基板、半導体パッケージ、各種モジュール、コンデンサ、センサー、トランス、リチウムイオン電池など、幅広い電子部品、医療・医薬機器、ネジやスプリング、ベアリングなどの工業部品などの専用トレーも制作しています。真空成型を活用してあらゆる製品に最適な専用オリジナルトレーをご提供しますので、ぜひお気軽にお問合せください。


大量生産で抜群のコストパフォーマンス、多品種少量生産でも割安対応

真空成型は、成形の自由度が高いうえ、内容物との密着性や気密性が高く、厚物や薄物、大小様々な製品形状やサイズを忠実に再現し、柔軟なトリミングも可能です。そして高度な真空成型技術ともう一つ、いわきの最大のストロングポイントといえるのが、金型から成形品に至るまで自社一貫生産している点です。国内自社工場で金型から製造しているため、他社を上回るコスト競争力とスピーディーな納品を実現します。数千~数万個単位の大量生産であれば、量産すればするほど高いコストパフォーマンスを発揮します。一方、数個単位の試作程度のオーダーや多品種小ロットのご注文であっても、自社一貫生産の当社であれば、大幅なコストダウンが可能です。また、真空成型は、凸(オス)型もしくは凹(メス)型の片側だけを作れば、薄板状のシートに忠実な成形が可能という技術的な特長があります。したがって、金型の製作費用およびメンテナンス費用が大幅に軽減され、製品のコストダウンをサポートします。加えて真空成型は型にかかる空気の圧力が高くないため、複雑な構造や強度も不要です。短期間で型が製作できて、射出成形や押出成形などと比べてコストがかかりません。設計の自由度が高いため、試作をしてからのカスタマイズや調整も可能ですので、安心してご用命ください。また、金型への負担が少ないということは、ひとたび真空成型用の金型を作れば長期間使用することが可能となるため、何千・何万個単位の大量生産が安定化します。


真空成型品の様々な材料群と用途に応じて複数の帯電防止グレード材料をご用意

当社はA-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PS(ポリエチレン)シートを使用し、各規格トレイに対応した材料をご用意しています。また、PMMA(アクリル樹脂)、PVC(塩化ビニル樹脂)、PE(ポリエチレン)、ABS樹脂、AES樹脂などの品種をはじめ、お客様のご要望に応じて豊富な材料群の中から最適な素材を使って専用トレーご提案します。材料の特性では3種類のグレードをご用意しています。安価なグレードで静電気対策されていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も高いグレードである導電性グレードがあり、静電気対策として材料の表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがあります。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下となっています。また、当社は軟化や可塑、固化、加飾性といった樹脂の個々の特性をふまえつつ、冷却や加熱、熱への耐性などの実験も行い、信頼性かつ実用性の高いオリジナルトレーを成形します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理を行い、それぞれの工程において異物の混入やトレー表面へのゴミの付着などを未然に防ぎます。成形品のみならず、金型のプロフェッショナルとして、金型のお悩みやご相談もいつでもお受けします。


真空成型品を動画で見る