高度なプラスチック真空成型技術が生み出す様々なオリジナルトレー

プラスチックの真空成型は弊社の基幹技術

いわきは創業以来の基幹技術であるプラスチックの真空成型技術を活用し、お客様の様々なニーズにきめ細かく対応します。

専業メーカーならではの高度な真空成型技術で幅広いニーズに応えます

プラスチックトレーの専業メーカーとして、半世紀の実績を持ついわき。その長い歴史の中で磨いてきたのが真空成型技術です。いわきのプラスチック真空成型は射出成型と同等の精度を確保します。また、真空成型は、成形の自由度が高いうえ、内容物との密着性や気密性が高く、厚物や薄物、大小様々な製品形状やサイズを忠実に再現し、柔軟なトリミングも可能です。


抜群のコストパフォーマンスに加え金型メンテナンスコストも大幅軽減

高度な真空成型技術と並んで、当社がお客様に高い評価を頂いているのは、金型からの自社一貫生産体制です。当社は成形品だけでなく、金型そのものから国内自社工場で製作しているため、安価でご提供できます。量産すればするほど抜群のコストパフォーマンスを発揮するとともに、数個単位の試作程度のオーダーや小ロットのご注文にも割安でご対応します。また、真空成型は、凸(オス)型もしくは凹(メス)型の片側だけを作れば、薄板状のシートに忠実な成形が可能であるため、金型のメンテナンスが大幅に軽減されるほか、価格面でもメリットがあります。加えて真空成型は型にかかる空気の圧力が高くないため、複雑な構造や強度も不要です。短期間で型が製作できて、射出成形や押出成形などと比べてコストがかかりません。設計の自由度が高いため、試作をしてからのカスタマイズや調整も可能で、多品種小ロットの生産に向いています。また、金型への負担が少ないということは、ひとたび真空成型用の金型を作れば長期間使用することが可能となるため、何千・何万個単位の大量生産が安定化します。


豊富な材料群と高度な生産設備かつ徹底した品質管理で高信頼のトレーを提供

工業用トレーの専門メーカーである当社は、プラスチック真空成型の高い技術とあわせて豊富な材料の品種をご用意しています。petやpp、pmma、abs樹脂などのプラスチックをはじめ、お客様のご要望に応じて豊富な材料群の中から最適な素材を使って専用トレーご提案します。当社は軟化や可塑、固化、加飾性といった樹脂の個々の特性をふまえつつ、冷却や加熱、熱への耐性などの実験も行い、信頼性かつ実用性の高いオリジナルトレーを成形します。また、当社の開発センターには、1台5,000万円クラスのマシンを取り揃えています。なかには最先端の技術を駆使し、いわきが日本で最初に導入したマシンもあります。高度に数値制御されたNC加工を可能にした最先端の生産設備で、お客様のご期待を上回るオリジナルトレーを安定的に供給します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理を行い、それぞれの工程において異物の混入やトレー表面へのゴミの付着などを未然に防ぎます。成形品のみならず、金型のプロフェッショナルとして、金型のお悩みやご相談もいつでもお受けします。お問い合わせ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。