低コスト・高信頼のいわきの真空成型容器、小ロット対応

いわきは基幹技術である真空成型を駆使し、様々なプラスチック容器やオリジナルトレーを低価格・短納期でご提供します。スライドブリスターパックやレフィルケースもご提案可能です。当社の高度な真空成型技術が生み出す様々な容器や工業用オリジナルトレー。ぜひご利用ください。

高度な真空成型を活用しスライドブリスターパックやレフィルケースもご提案

いわきは工業用トレーの専業メーカーとして半世紀の歴史を有し、この間、真空成型技術を高めてきました。当社は高度な真空成型技術を活用し、様々な形状のプラスチック容器や工業用トレーを低価格・短納期でご提供します。真空成型は設計の自由度が高いため、一般的な規格部品・製品用トレーだけでなく、近年用途を拡大しているスライドブリスターパックや化粧品の詰め替えなどに使用されるレフィルケースなどにも対応可能です。蓋(フタ)付きトレーも作製します。当社は、金型からの自社一貫生産体制を構築していますので大量生産では抜群のコストパフォーマンスを発揮する一方、試作程度の小ロット多品種のご要望にも柔軟に対応します。お気軽にお問い合わせください。


真空成型の技術メリットを最大限に活用した工業用オリジナルトレー

ブリスターパックも工業用オリジナルトレーも作成

いわきは成形品だけでなく、金型そのものから国内の自社工場で企画し、一貫生産しています。真空成形の金型には、インジェクション成形、いわゆる射出成形や押出と違い、真空成形(Vacuum forming:バキュームフォーミング)ならではの特色があります。他の成形方法の金型と比べて、安価であるのに加え、1枚のプラスチックシートから多くの製品が採れるという特長があります。また、真空成型は熱可塑性樹脂、つまり適度な温度に加熱すると軟化して可塑性をもち、冷却すると固化する樹脂の板状シートを加工する一つの方法です。加熱で軟化したシートを真空の圧力で変形させたまま冷却して成形品をつくります。軟化させたプラスチックシートを真空孔を設けた金型で突き上げて真空吸引し、大気圧でシートを型に密着させた後、冷却硬化させて成型品を作る成形方法で、表面加工が細やかに対応でき、美観性に優れ、印刷物の成形が可能であることなども真空成型の技術的メリットです。また当社はシート資材や樹脂の研究も強化しています。可塑、固化、加飾性、加工性、発泡性といった樹脂の個々の特性をふまえつつ、冷却や加熱、熱への耐性、気圧耐性などの実験も行い、信頼性かつ実用性の高いプラスチック容器やオリジナルトレーを製作します。工業製品や部品用トレーだけでなく、食品トレーや複雑な形状・構造のスライドブリスターパックなどもご提案、製造します。

工業用トレーについてはこちら漫画で見るオリジナル真空成型トレーについてはこちら


A-PETやPPシートをはじめとした豊富な材料群と導電性対策に万全

当社の容器トレイは、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂けます。材料については、A-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PS(ポリエチレン)シートを使用し、各規格トレイに対応した材料をご用意しています。また、PMMA(アクリル樹脂)、ABS樹脂、AES樹脂PVC(ポリ塩化ビニル)、ポリカーボネート樹脂をベースとしたアクアポリなどの品種をはじめ、お客様のご要望に応じて豊富な材料群の中から最適な素材を使ってプラスチック製専用オリジナルトレーを作成します。静電気対策としては、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。また、当社スタッフは、試作や加工、トリミング、パンチャー、勘合調整などにおいても高いスキルを有しており、高信頼性の工業用トレイをご提供します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理のもと、成形後、洗浄することでホコリなどの付着の無いクリーンな製品をお届けします。安心してご用命ください。


金型からの自社一貫生産により抜群のコストパフォーマンスと短納期を実現

いわきの真空成型技術は、射出成型と同等の精度を確保可能です。また、当社は金型から成形品に至るまで国内自社工場で一貫体制を構築していますので、多品種小ロットでも抜群のコストパフォーマンスを発揮します。一方、試作程度のご要望にも割安で対応いたしますので、お気軽にお申し付けください。何千・何万個単位の大量生産では量産すればするほど、さらなるコストダウンを実現します。当社の真空成型は、短期間で型が製作できて、インジェクション射出成形や押出成形などと比べてコストがかかりません。設計の自由度が高いため、試作をしてからの形状カスタマイズや調整も可能ですので、安心してご用命ください。また、真空成型の長所は、一度作った金型は長期にわたって使用できる点です。結果として、金型にかかるもろもろのメンテナンスコストや修繕コストが大幅に削減されるなど、さまざまな付加価値を生み出します。お問い合わせ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや最短納期、製作スケジュールなどをご案内申し上げます。お電話お待ちしています。