営業を経てHP業務等マルチに活躍

  • 2015年入社
  • 佐々木 徹

営業、品質・生産管理、製造……すべての業務がWEBマーケティングにつながっています

職種
マルチ(WEB、営業、工場業務など)
入社年
2015年(新卒・4年目)
出身学部
サービス経営学部

佐々木さんのある1日のスケジュール

  • 8:00出社
  • 8:15朝礼・掃除
  • 9:00-11:00本日出荷のトレーの
    品質チェック
  • 11:00-12:00メールチェック、
    HPアクセス数チェック
  • 12:00-13:00昼食
  • 13:00-17:00北関東工場や
    外注先に金型を移動
  • 17:00-19:00Webコンテンツの作成、
    ページにアップ
  • 19:00退社

様々な職種に取り組む佐々木さん ものづくりの環境

大学はサービス系学部だったそうですが、ここではどんなことを学ばれましたか?

第三次産業であるサービス業に興味がありました。大学ではサービス業、中でもホテルやスーパー、デパートなどの経営方法や実情、課題点などを学びました。

ではやはり、就活ではサービス業を中心に探されていたんですか?

最初はそうでした。元々、車が好きだったことがあり、自動車販売業の会社を探していました。ただ、そのうち自動車部品を取り扱う商社も目にすることがあり、ものづくりという形で車に関わるのも面白そうだなと思うようになりました。

そこから更に視野を広げて、車だけでなく「ものづくり」ができる会社を探すようになり、いわきと出会いました。

最終的にいわきを選ばれた理由はなんでしょうか?

結局、自動車販売の会社、自動車部品を扱う商社、そしていわきの3社から内定をいただきました。元々の第一志望であった「車」に携わる2社ではなく、最終的にいわきを選んだのは、会社説明を聞いてものづくりへのモチベーションが高まったことです。

それに、いわきでも自動車部品用のトレーを製造しているので、まったく車から遠ざかったわけでもないんです。

佐々木さんは営業職として採用されて、最初は当時立ち上がったばかりの別の部署にいたそうですね。

はい、加飾成形がメインの部署に約1年半在籍していました。そこでは、当時は人手が足りなかったこともあり、営業だけでなく品質管理生産管理と一人三役を担当していました。

営業は上司に同行してお客様の元へ伺い打ち合わせをし、品質管理ではできあがった加飾成形品について不良が無いか手作業でチェックしました。生産管理というのは、納期までのスケジューリングです。一日に何個製造できるか、何個製造しなければいけないか、いつまでにお客様に試作品を出すかなど、全体の進行を組み立て、お客様にお伝えします。品質管理や生産管理を通じて、製品のことや全行程を詳しく知ることができ、営業する際にとても役立っています。

その後、現在の金型成形事業部に移られてからはどのようなお仕事をされていますか?

今も営業職であることは変わりませんが、外に出て営業する機会は減りました。代わりにホームページを利用したWebマーケティングを中心に営業活動を行っています。どうすれば当社の製品に興味を持ってもらえるか、どうすれば当社の製品のメリットを伝えられるかなど、日々考えながら情報を発信しています。

それから、引き続き品質管理や生産管理は続けていますし、出来上がった金型を自社の製造工場や外注先に配送することもあります。金型工場では工具や機器の使い方を教わったり、製造工場では真空成形トレー製造のヘルプに入ったりと、勉強しながら現場で製造にも携わっています。また、製品に異常や不良があった際にお客様の元に伺ってチェックすることもあります。

自社の看板ともいえるホームページの情報更新は、様々な業務を担当された佐々木さんだからこそできる仕事ですね。

入社から3年で設計以外の仕事は一通り経験しました。工場で学ぶ機会をもらったことで商品知識が高まり、ホームページの更新内容を考える際にも、その仕事の中で得た知識が大きく役立っています。ホームページは24時間・365日動き続けて営業活動をしてくれますので、トレーを必要とするお客様の目にいつ留まってもいいように、最新の情報やいわきの製品の詳細を分かりやすく載せるように常に心がけています。

情報更新の頻度を増やしてから、ありがたいことにホームページのアクセス数は増えつつあり、これまでお取引の無かった業界・企業様からのお問い合わせがあるなど成果も出ていて、とても可能性を感じています。

今後、挑戦してみたい業務はありますか?

まだやったことのない、設計にも興味はありますが(笑)、今はWebマーケティングの知識をもっと高めたいと思っています。ページを分析したり、社内からの意見も吸い上げながら、お客様が必要としている情報を当社が提供できるようにホームページの情報を強化していきたいです。

佐々木さんの仕事のやりがいは何ですか?

ある時、インターネットで車業界の製品紹介動画を視聴していたところ、なんと画面の端の方にいわきのトレーが映っていたんです!

私が担当した製品だったこともあり、それが役目を果たしているのを目の当たりすることができ本当に嬉しかったですね。いわきのトレーは表に出るというよりは裏方的な製品ですが、しっかりと世の中の役に立っているんだと実感して、これからもトレーを製造していきたいです。

北関東工場でトレーの抜き作業

いわきはどんな会社ですか?

自由さ」と「責任」がバランスよく共存している会社です。早い段階で任される仕事も多く、自身のやり方で自由にのびのびとやらせてもらえる反面、責任感を持ってしっかりと結果を出す必要があります。もちろん大変な部分もありますが、短期間でとても成長できる環境にあるので、達成感を味わいながら働くことができる会社です。

最後に、いわきに興味を持っている方にメッセージをお願いします。

一つの仕事ではなく、いろいろなことを体験したい方には特におすすめです。誤解を恐れず言えば、飽き性な人には向いているかもしれません。というのも、1つの業務をやっていて行き詰った時に、違う業務で頭を切り替えることができ、良いアイデアが浮かぶこともあります。それは、毎日色々な業務を幅広く担当させてもらえているおかげだと思っています。品質チェックや工場でのことが営業に、営業での仕事がWebマーケティングに、といったように結局すべての仕事が繋がっています。

幅広く経験できることでマイナスになることはありませんので、興味のある方はぜひ飛び込んできてみてください!

※所属・業務内容は2018年8月時点での情報となります。

 

今すぐエントリーサイトへ