営業アシスタントをメインに、採用の実務も行っています

  • 2013年入社
  • 岩本 祐香里

営業事務を軸に、多くの業務が経験ができるのが魅力です

職種
営業アシスタント(営業事務)
入社年
2013年(新卒・6年目)
出身学部
歴史系の文学部

岩本さんのある1日のスケジュール

  • 8:00出社
  • 8:15朝礼・掃除
  • 9:00メールチェック、お客様へのメール返信、電話対応、営業担当者と打合せ
  • 12:00-13:00昼食
  • 13:00-14:30引き続き、お客様へのメール返信、電話対応、明日の営業用の資料作成
  • 14:30-16:00面接会場の準備、会社説明会の日時更新、応募者に面接日時を連絡
  • 16:00-18:00出荷業務のサポート
  • 18:00-19:00残務処理、明日の準備
  • 19:00退社

岩本さんはどういった経緯でいわきに入社されたのですか?

やはり大学で専攻していた歴史に携わる仕事が第一希望でしたが、求人枠が多いとは言えない状況でした。そんなこともあり、方針転換を考えました。では自分にはどんな仕事が向いているか、あらためて考えてみた時に、事務職に辿り着きました。

その後、大学の就職部に相談し、事務職の求人を出している会社を3社紹介されたうちの1つがいわきでした。でも実は、面接前の時点では、いわきは第3候補だったんです(笑)。理由は単純に勤務地なのですが……他の2社は東京都内で、いわきだけ埼玉県内。社会人といえば都内でしょ、という先入観と憧れがあったんですよね。ただ、一番最初に説明会にきて、担当者の熱意がすごく強く、この会社に魅力を感じるようになりました。そうなると、もう勤務地なんて関係なくなって、この会社に入社することを決めました。

入社3カ月で、ある分かれ道があったそうですね。

はい。まず、入社して最初の3日間は、業務内容や製品、製造工程などについての研修があり、その後、4日目から電話をとりはじめるんです。それから、受発注業務を中心に覚えていきました。入社3ヶ月を経過した時点で上司と今後の業務について面談をしたことがありました。そこで、上司の判断と私の希望が真逆だったんです。私は受発注業務をメインでやりたいと思っていたのですが、上司は営業アシスタントの方に適性があると判断したようで、結局はその言葉を信じ、以後は営業アシスタントがメイン業務になりました。

今は営業アシスタントの傍ら、採用業務もされているそうですね。

はい、担当しているクライアントのメール・電話対応、営業用の事務書類作成、新規で金型を作成したい方への提案や、納期の調整などが中心です。また、発送量が多い時には、出荷業務を手伝うこともあります。採用関連の業務は、求人情報サイトに掲載している説明会情報の更新、応募者への対応、面接日時の調整、面接会場のセッティングなど、全般的に携わっています。

この仕事の大変さは何ですか? また、やりがいは何ですか?

大変でもあり、やりがいでもあるのですが……いわきの製品は、納期が長いものから短いもの、量が多いもの少ないものまでさまざまです。これが、同時期に複数重なると、頭の中での整理が追い付かず本当に大変なんです。さらに、問い合わせをくださるお客様の中には、急ぎでトレーが必要なこともあります。通常なら納品まで1ヵ月はかかるものを1週間で何とかしたい、とお願いされることもあります。でも、それを関係各所に相談して調整し、何とか納期に間に合って「今後もお願いしたい」とお客様から感謝の言葉をかけられたときは嬉しいです。この仕事をやっていてよかったと感じます。

営業事務の職場の様子を教えてください。

私の所属する部署にはアシスタントの女性が多く在籍しています。お互いの業務が大変そうな時は自然と助け合う姿勢があり、とても働きやすい環境だと思います。夕方の比較的忙しい時間に想定外の業務が飛び込んでくることもあるのですが、そんな時に周りのメンバーが、手伝ってくれたり、「無理しすぎないでね」「もう今日はきりあげていいよ」といった温かい言葉をかけてくれたりします。

今後、挑戦してみたい仕事や働いてみたい部署はありますか?

実は、短期間だけ経理の業務を臨時で手伝っていたことがあったのですが、意外と自分に向いているなと思いましたので、チャンスがあればまた挑戦してみたい気持ちはあります。それから、お客様から問い合わせがあった際に、設計担当者に相談することがあります。その中で、CADで作製中の図面データを見ると、『自分もこれができたらいいな』という憧れがあります。ゆくゆくは設計ができるようになれればと考えています。

どんな人がいわきの仕事に向いていると思いますか?

お客さまごとにご要望は様々なので、臨機応変に対応できる人好奇心が旺盛な人にはとても向いていると思います。逆に、マニュアル通りにきっちりやりたい、という人は慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。ただ、仕事を通じて自ずと対応できるようになった人を何人も見てきましたので、安心してください。それから、いわきでは、色々な仕事にも挑戦させてもらえるので、メイン業務以外でも成長するチャンスが多くあります。ぜひ、面接でもその点をアピールしてみてください!

※所属・業務内容は2018年8月時点での情報となります。

 

今すぐエントリーサイトへ