入社時より金型製造グループで型を作成し続けています

  • 2017年入社
  • 池田 卓也

トレーの原型となる金型を通じて、「ものづくり」に携わる喜び

職種
金型製造
入社年
2017年(新卒・2年目)
出身学部
工学部

池田さんのある1日のスケジュール

  • 8:00本社に出社
  • 8:30-9:00朝礼・掃除(そのまま営業や設計と打合せに入ることも)
  • 9:00-10:00金型工場に移動し、作業着に着替え、工場の掃除、加工用機械のチェック
  • 10:00-12:00仕上がった加工品の磨き仕上げ・試作品の製造
  • 12:00-13:00昼食
  • 13:00-17:00金型の加工データの作成・(機械でできない箇所は、工場で手作業することも)
  • 17:00-18:00加工データを送信し機械を稼働
  • 18:00退社


池田さんは入社から金型製造に関わっていますが、工学部ご出身なので、最初からこういった職種で仕事を探すしていたのでしょうか?

はい、就職活動を進める中で「ものづくり」の仕事に興味が湧き、それを軸に会社を探していました。さらに言うと、パッケージやトレーを製造する会社に絞っていました。というのも、日常生活で目にする機会の多いトレーやパッケージを自分の手で作りたいと思っていたからです。

いわきのことはどのように知りましたか? 第一印象はどうでしたか?

ものづくりをキーワードにリクルートサイトで検索した際に、いわきを知りました。そのページに書いてあった「ニッチトップを目指す」という言葉に非常に心を打たれました。ニッチな業界の中で頂点を目指す、その一員として自分が携われるかもしれないということにワクワクして応募しました。

他の会社の選考も受けていましたか? その中で最終的にいわきに入社した決め手はなんでしょう?

はい、何社か受けて内定もいただきましたが、いわきの選考を通じて「ニッチトップを目指す」ということが、この会社でなら本当に実現できそうだと確信できたので入社を決意しました。面接で会社に訪れた時に、社員のパワーや明るさが伝わってきたのも好印象でしたね。

現在の、金型製造の仕事について詳しく教えてください。まず、金型製造というのは、トレー製造の過程においてどの部分に位置するのでしょうか。

営業とトレー製造の中間にあるのが、この金型製造の仕事です。まず、営業がお客様からのご要望を聞いて、設計部門が図面を作成し、OKが出れば正式に真空成形トレーが発注されます。その後、真空成形するには規格品でない限りは、まず金属を加工してトレーの「型」を作る必要があります。その型こそが金型です。設計の図面が添えられた、金型注文シートが営業から送られてきたら、金型の図面作成が始まります。

設計担当者の図面から金型を製造するわけではないんですか?

設計から届く図面はあくまでトレーの完成形の図面です。金型はトレーの元となるプラスチックのシートを形作るためのものです。このシートの厚みや形作る際の接着面のことなどを加味すると、完成形のトレーの図面で金型を作ってしまうとズレ(誤差)が生じてしまうんです。

それから、プラスチックのシートは冷めると縮むという特性があるので、それも踏まえなくてはいけません。ですので、設計部門から届いた図面データを上書きする形で、シートの厚みなどを差し引いた金型用のデータを専用ソフトで作成する必要があるんです。実は、これが一番時間のかかる仕事であり、金型製造部門の最も重要な仕事でもあるんです。1日の半分以上はデスクの前で図面と向き合っています

図面が完成したあとはいよいよ金型の製造ですね。

図面を作成しながら、機械にどの順にどんな形状で金属を削るかといった指示もプログラムします。そうして完成した金型データを加工用の機械に送信して、指示通りに金型の製造が開始されるというわけです。平均で8~10時間、長くかかるものだと3日間かかるものもあります。

金型ができあがったら、手作業で細かい傷や汚れを磨いて取り除きます。そして、試作品を製造して問題ないことが確認できたあとは、外注先にテフロン加工をお願いし、晴れて完成となります。完成した金型を北関東工場や外注先などの製造部門に送り、トレーの製造・量産がスタートします。金型の依頼をいただいてから、図面を作るのに1日、加工&仕上げで1日、テフロン加工で1~2日というように、1つの金型が出来上がるまでに平均3~4日かかります。

製造はどのように覚えていきましたか? 初めてお一人で製造したものはなんでしたか?

ソフトの使い方もふくめ、先輩に教えてもらいながら一つずつ覚えていきました。初めて一人で金型を製作したのは、入社して1か月半ころで、レンズのトレーでした。図面作成からトレーの試作品まで作ったので、実際に形になったものを手に取った時には、とても感動したのを覚えています。

現場では、毎日ものづくりに携われるわけですから、入社して作業を覚えている段階からワクワクしていました。今でも、初めて作る形状のものを加工するときにはワクワクしますし、それがうまくいって形になった時には本当に嬉しいですね。

池田さんの今の目標は何ですか?

効率よく仕事をすることが当面の目標であり課題だと感じています。特に、1日の大半を占める図面データ作成で、質を落とさずにもっと速く効率的に作業するにはどうしたらいいか、毎日いろいろと試しながら模索している最中です。効率化することで、案件の数ももっとこなせるようになり、より会社に貢献できると思っています。

それから、後輩が入ってきて教えることも増えてきました。自分の仕事もしながら、どう時間を捻出して教えるべきだろうか、先輩たちが自分に教えてくださった時にどうしていただろうかなど、どうすれば効率よくできるかと日々考えています。

また、営業職をやってみないかと声をかけていただいたこともありますので、機会があれば挑戦してみたいと思いますね。

いわきはどんな会社ですか? また、入社前と入社後でギャップはありましたか。

入社する前と入社した後では、かなり大きなギャップがありました……プラスの意味で、ですが。というのは、この会社は「何でも意見を言いやすい環境」なんです。こんなにも社員の意見をくみ取って、すぐに動いてくれるのかと驚きました。

というのも、いわきに限らず、企業では一人ひとりの意見に対して、すぐに対応はしてもらえないだろうな、というイメージがなんとなくあったからです。でも、新入社員だった私が提案した、業務効率化についての意見が通ったことがあり、一人ひとりの声に耳を傾けてくれる会社なんだと実感しました。

これから金型製造を目指す方に、メッセージをお願いします。

金型やトレーの知識が無くても、図面を作製したことがなくても、専門ソフトを触ったことが無い方も、興味を持ったならぜひ応募してみてください。一から教えてもらえて、実務を通じてスキルがしっかり身につく環境です。まさに私自身がそうでした。入社時は完全に未経験でしたが、今は一通りの金型製造を経験し、後輩社員を指導する立場になりました。ぜひ、未経験であることは気にせず胸を張って入社してきてください。

それから「明るさ」も大切だと思います。上司、先輩、同期、外注先の担当者など金型部門でも多くの人と関わる機会があります。そういった時に暗いよりは明るい方が円滑に進むことの方が多いです。明るい方は、いわきの仕事に向いていると思います。

※所属・業務内容は2018年8月時点での情報となります。

 

今すぐエントリーサイトへ