真空成形金型

真空成形金型

真空成形金型を活用して自社開発をするいわき

数多くのお客様にご満足いただくために、いわきでは、真空成形用金型を自社にて作製をしております。外部で作るのではなく、自社で作ることによって、お客様の幅広いご要望にも対応できる体制を整えております。それが、いわきならではの強みとなっています。真空成形金型を利用した製品の事例としては、光学用電子部品用精密機器用車載部品用等の梱包工程、保管、輸送などの包装容器・トレーなどがあります。いずれも分野の垣根を越えて、お客様のニーズに対応させていただいております。

真空成形金型とはどんな技術なのか

そもそも真空成形金型とは、どのようなものなのでしょうか。ここで簡単にご説明いたします。真空成形金型とは、真空成形材を加熱・軟化させて金型に密着されることにより包装資材や運搬用資材・緩衝用資材などの製品を生産する際に使う、金属製の型のことです。真空成形金型を活用することによって、型費が低下し、納期も短くなるのが特徴です。また、大型サイズの製品や小ロット生産にも対応できるので、お客様のご要望に沿った製品開発にも貢献しております。このように、真空成形金型を活用するメリットはたくさんあります。

7台のマシニングセンタを保有して「短納期」「高品質」を実現

さらにいわきでは、7台のマシニングセンタを保有して、より短納期に、より高品質にて製品を製作しております。先方からの要望に応えるためにも、短い納期で対応できることは重要となります。なるべく早く納品できることによって、よりたくさん受注できる可能性も高まります。また、短い納期で対応できるとは言っても、品質が悪ければ意味がありません。だからこそ、いわきでは品質にもこだわっています。自社で真空成形金型を活用した製品開発を行うことにより、短納期と高品質の両方を実現し、お客様にご満足いただいております。

3つのオススメポイント

真空成形金型を活用しているいわきのオススメポイントは次の3つです。

  1. 自社で開発しているいわきにおまかせください!
    お客様に安心していただくために。いわきでは真空成形金型を活用して、自社開発にて対応しております。その結果、より柔軟にご要望を聞くことができ、製品開発の幅と質の向上に寄与しております。自社で開発するからこそ、安心・安全です。
  2. 幅広いシーンで活用される真空成形金型!
    真空成形金型の技術は、さまざまなシーンで活用されています。すでに、光学用、電子部品用、精密機器用、車載部品用等の梱包、工程、保管、輸送などの包装容器・トレーなどの幅広い分野にて活躍しています。これからも、いわきの真空成形金型におまかせください。
  3. 7台のマシニングセンタを保有して迅速・高品質対応!
    お客様の注文によりスピーディーにお応えするために。いわきでは、7台のマシニングセンタを保有しています。これにより、今までよりもさらなる「短納期」「高品質」を実現いたしました。材質はアルミ材を使用し、射出成形金型に比べて金型代が安価となっています。

真空成形金型を活用した製品開発はいわきまで

すでにご紹介したとおり、真空成形金型を活用した製品開発には、さまざまなメリットがあります。これらのメリットを享受し、よりビジネスを加速させるためにも、まずはご相談ください。真空成形金型を活用した製品開発なら、いわきです。

お問い合わせ