試作金型

試作金型でさえ高品質と高精度を実現

いわきでは、真空成形用試作金型のを自社にて作製をしております。外部で製造するのではなく、いわき自社で作ることにより、お客様の幅広いご要望にも対応できる体制を整えております。真空成形金型を利用した製品の事例としては、光学用電子部品用精密機器用医療用車載部品用などの製品をはじめ、梱包用輸送用納品用保管用などがございます。


いわきが作る試作金型

樹脂で金型を製作することで、アルミ金型に比べ強度は多少落ちてしまいますが、圧倒的にコストダウンを図ることができ、短納期で金型を制作することが可能です。試作金型ですが、品質に妥協することは無く、いわきが今までに培ってきた真空成形金型の技術を駆使して作成するため、お客様のニーズに合わせた試作金型(品質・寸法・精度)を提供いたします。本金型と同等レベルの品質を提供いたします。


スポット品に対して有効な試作金型

試作金型は大量生産ではなく、一時的な商品(スポット商品)の金型にオススメの金型です。大量生産用の金型はコストも上がってしまい、時間もかかりがちです。試作金型であれば、納期とコスト共に、その問題を解決することができますので、スポット品の制作にはベストな選択肢です。


マシニングセンタを保有して「短納期」「高品質」を実現

さらにいわきでは、マシニングセンタを保有して、より短納期に、より高品質にて製品を製作しております。自社で真空成形金型を活用した製品開発を行うことにより、短納期と高品質の両方を実現し、お客様にご満足いただいております。


3つのオススメポイント

試作金型を活用しているいわきのオススメポイントは次の3つです。

  1. 自社で開発しているいわきにおまかせを
    お客様に安心していただくために。いわきでは試作金型を活用して、自社開発にて対応しております。より柔軟にご要望を聞くことができ、製品開発の幅と質の向上に寄与しております。
  2. 幅広いシーンで活用される真空成形金型
    真空成形金型の技術は、さまざまなシーンで活用されています。すでに、光学用、電子部品用、精密機器用、車載部品用等の梱包、工程、保管、輸送などの包装容器・トレーなどの幅広い分野にて活躍しています
  3. マシニングセンタを保有して迅速・高品質対応
    お客様の注文によりスピーディーにお応えするために。いわきでは、マシニングセンタを保有しています。これにより、今までよりもさらなる「短納期」「高品質」を実現いたしました。材質はアルミ材を使用し、射出成形金型に比べて金型代が安価となっています。

試作金型を活用した製品開発はいわきまで

すでにご紹介したとおり、試作金型を活用した製品開発には、さまざまなメリットがあります。これらのメリットを享受し、よりビジネスを加速させるためにも、まずはご相談ください。