部品トレー規格品。真空成型を活用したトレー

いわきは、各種部品トレーの規格品を低価格・短納期でご提供します。基幹技術である真空成型を活用して電子部品や工業部品をはじめ、各種規格に応じたオリジナルトレーを製造します。金型の企画からトレーまで国内自社工場で一貫生産の当社であれば、大量生産では抜群のコストパフォーマンスを発揮する一方、多品種小ロットのご要望にも柔軟に対応します。

梱包や搬送、輸送など幅広い用途を持ついわきの部品トレー規格品

シーエステック、ロジカルアイなどと業界をリードするいわきの部品トレー規格品

お客様の様々な製品の形状や寸法、ニーズにきめ細かく対応するため、いわきでは設計の自由度が高い真空成型を活用してオリジナルトレーを製作しています。当社のオリジナルトレイ(original tray)は搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用、包装用など幅広い用途でお使い頂けます。工業用トレーの専業メーカーとして半世紀の実績を持つ当社では、オリジナルトレーだけでなく、規格トレーや汎用トレーも幅広く取り揃えています。豊富なラインナップでお客様のニーズにきめ細かく対応しますので、ぜひお問合せください。


いわきの専用部品トレー規格品は帯電防止と耐衝撃・緩衝機能などを発揮

いわきは半世紀の歴史の中で、様々な電子・金属部品や精密部品用トレーや容器を多数納品してきました。長い歴史の中で、素材や材料の研究を重ね、専業メーカーならではの豊富な材料群を有し、お客様のニーズやご予算に応じて、最適な素材を使って部品トレイをご提案します。A-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PS(ポリエチレン)シートを使用し、各規格トレイに対応した樹脂をご用意しています。また、PMMA(アクリル樹脂)、ABS樹脂、AES樹脂などの品種をはじめ、お客様のご要望に応じて豊富な材料群の中から最適な素材シートを使って専用トレーを企画、製造します。各種部品のなかでも、特に電子部品用トレーをめぐっては、帯電防止仕様が求められます。その点、いわきは、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。ほかにも安価なグレードで静電気対策されていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレードもご用意しています。加えて、精密部品用トレーやセラミックス基板用トレーなどにおいては、搬送や輸送など各工程の際に生じる衝撃、いわゆるガタを考慮した緩衝設計が不可欠です。そのため、いわきのオリジナルトレーは、Hi-PE(耐衝撃ポリエチレン)シート、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などのプラスチックシート材料も取り揃えているほか、設計にあたってはトレーと製品との間のクリアランスと呼ばれる隙間が最小限に抑えられていますので、製品の動作信頼性をご提供します。当社はガラス基板用トレーやモジュール基板用トレー、LCP(Liquid Crystal Plastic:液晶ポリマー)基板など各種基板用トレーなどでも豊富な実績があり、これらのオリジナルトレーには緩衝機能や帯電・静電気防止が徹底されています。サンプルやカタログなどもご覧頂けますので、まずはお気軽にお問合せください。


デートマークやクリーン仕様にも対応した専業メーカーの高機能トレー

当社の基幹技術である真空成型は設計の自由度が高いため、様々な形状や規格、サイズ、異形に適応したオリジナルトレイを成形します。スプリングといった特殊形状用トレイもご提案します。積み重ねができるトレイや蓋つきトレーも制作します。また、ご要望に応じてデートマーク仕様や透明はもとより、黒色、乳白色、グリーンなど着色仕様にも対応可能で、お客様からは「製品管理が効率化され、在庫や生産状況が把握しやすくなった」など、ご好評頂いています。また、近年「打痕が付かないトレーが欲しい」といったニーズが高まっています。製品の製造時や出荷時、納品時、積み下ろしの際に、製品に打痕が付いてしまい悩まれているお客様が多いため、当社は精密機器や電子部品メーカー様など、多くのお客様に耐打痕対策用トレーをご利用頂いています。また、精密光学部品や医療・衛生部品などでは、クリーン仕様が求められるため、当社では材料段階からの徹底した品質管理を行い、それぞれの工程において異物の混入やトレー表面へのゴミの付着などを未然に防ぎ、クリーンな状態を確保します。当社の基幹技術である真空成型は、内容物との密着性や気密性が高く、厚物や薄物、長物、大小様々な異形製品形状やサイズを忠実に再現し、柔軟なトリミングも可能です。こうした技術を駆使し、当社は各種センサー用トレーやコイル製品用トレー、ダイカスト製品用、ベアリング製品用トレーなど、異なる性質のオリジナルトレイを数多く制作してきました。また、真空成型は、凸(オス)型もしくは凹(メス)型の片側だけを作れば、薄板状のシートに忠実な成形が可能という技術的な特長があります。したがって、金型の製作費用およびメンテナンス費用が大幅に軽減され、製品のコストダウンをサポートします。加えて真空成型は型にかかる空気の圧力が高くないため、複雑な構造や強度も不要です。短期間で型が製作できて、インジェクション成形、いわゆる射出成形や押出成形などと比べてコストがかかりません。金型からの自社一貫生産の当社であれば、試作をしてからのカスタマイズや調整も可能ですので、安心してご用命ください。また、金型への負担が少ないということは、ひとたび真空成型用の金型を作れば長期間使用することが可能となるため、何千・何万個単位の大量生産が安定化します。一方、試作程度の多品種小ロットや特殊パーツ、部品、製品などのご要望にもフレキシブルに製造可能です。当社熟練のスタッフは企画から設計、製造、製作、勘合、切削、加工、仕上げなど各種工程において高度なスキルを備えています。特に樹脂については高いノウハウを持っており、軟化や可塑、固化、加飾性、発泡性といった樹脂の個々の特性をふまえつつ、冷却や加熱、耐熱性などの実験も行い、信頼性かつ実用性の高いオリジナルトレーを成形します。当社は工業用オリジナルトレーだけでなく、金型についても半世紀の実績がありますので、トレーのみならず、金型についても何でもご相談ください。離型性などについてもご相談に乗ります。もちろん木型についても、豊富なノウハウを持っています。お問い合わせ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや最短納期・納品のスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


規格トレー一覧

いわきの複数ある規格トレーのラインナップ。価格については各営業担当までお問い合わせください。

様々な真空成型トレーについてはこちらオリジナルで作る工業用トレーについてはこちらをご覧ください。