パーツトレー

世の中の多くのものは、物事の主役となるもの、目立って存在をアピールしているものばかりではありません。むしろ、普段の生活ではなかなか気づかないようなものも多く、意識しない限り知ってもらえることがないものもあります。ただし、存在感の大小と、果たしている役割は、必ずしも比例するとは限りません。多くの人に強く印象に残っていなくとも、大きな役割を果たしているものはたくさんあります。たとえば、いわきで製造している「パーツトレー」もまた、そんな縁の下の力持ちと言えるでしょう。


パーツトレーとは

そもそもパーツトレーとは、プラスチック製の部品トレーのことです。代表的な使用用途としては、商品の包装材があります。とくに精密機器などを輸送する場合には、振動や揺れで製品が損傷してしまうことも多いもの。そういった事態を避けるために、パーツトレーがあるのです。

インターネットが隅から隅まで普及した現代においても、輸送は人の手によって行われています。また、空路や陸路を経て物が運ばれるまでのあいだには、さまざまな状況が想定されます。だからこそ、より安全に製品を運ぶために、パーツトレーは重要な役割を果たすのです。


パーツトレーの特徴

パーツトレーの特徴は、何らかの製品を乗せたときに、その製品が衝撃を受けないよう、ショックを吸収することです。そうすることによって、細かな精密機器も安心して運ぶことができます。もしパーツトレーがなければ、ゆっくり丁寧に運ぶしか方法がなくなってしまいます。輸送時の安全性もさることながら、よりスピーディーに運ぶことが求められている昨今。より利便性を高めるためには、パーツトレーの存在が欠かせません。製品を収納し、より安心・安全な状況で梱包する。緩衝材や輸送資材としての役割はとても重要です。


パーツトレー3つのオススメポイント

そんなパーツトレーのオススメポイントは次のとおりです。

  1. たくさんの製品を梱包できる
    効率よく製品を運ぶためには、1度にたくさんの製品を運べなければなりません。そのためパーツトレーには、少しでも多くの製品を収納できるような工夫がされています。これにより、製品の安全性を保ちつつ、より低コストでスピーディーに運搬することが可能となります。
  2. 製品を保護する工夫がなされている
    もちろん、製品を保護する仕組みにも力を入れています。いくらたくさんの製品を運べたとしても、そのほとんどが損傷あるいは破損していては意味がありません。製品の保護を再優先に考えつつ、そのうえで運搬効率も考えている。それがパーツトレーの強みです。
  3. 落下時などのトラブルにも対応している
    運送時には、さまざまなトラブルが想定されます。たとえば、積み下ろし時のミスで、製品をパーツトレーごと落下させてしまうこともあるでしょう。そうした事態についてもあらかじめ想定しておき、製品に与える衝撃をなるべく少なくするよう設計されています。

私たちの暮らしを支えるパーツトレー

身の回りを見渡してもらうとわかるとおり、私たちの暮らしはさまざまな製品やパーツによって成り立っています。その多くは、パーツトレーによって運ばれているのです。いわきのパーツトレーが支える社会そして多くの方々の暮らし。大きな使命を抱えて事業を行っていることをつねに意識し、これからもより良い製品づくりに邁進してまいります。パーツトレーに関するご意見・ご要望につきましては、どうぞいわきまでご遠慮無くお寄せくださいませ。