低価格・高信頼のいわきの釣り具・タックル用トレー

いわきの釣り具用トレーは針、糸、浮き(棒・玉・唐辛子)などに対応

いわきは釣り具の専用トレーを低価格・短納期でご提供します。釣り針、釣り糸、浮き、棒浮き、唐辛子浮き、中通し浮きなど、あらゆる釣り具やタックルにお使い頂けるオリジナルトレーです。疑似餌、いわゆるルアーやフライをはじめ、ラインとも呼ばれ、竿から仕掛けまでの道糸、釣り針を直接結ぶ部分の糸にあたるハリス(鉤素)などにもお使い頂けます。また、糸を巻いておく道具であるリールにもご利用可能です。リールではスピニングリールをはじめ、ベイトリールなどにもお使い頂けます。


中通し浮きや水中浮き、電気浮きなどにもご利用可能な専用オリジナルトレー

釣り具の中でも重要な役割を果たす「浮き」(Fishing float)には様々な種類があり、形状も多種多様です。棒浮きはアタリに対して敏感で、流れの速い河川などでは、逆にアタリがわかりにくくなるため適さないといわれ、主に流れのゆるい釣り場で用いられます。ヘラブナ釣りで高価なものが用いられる場合もあります。玉浮きは、流れの速い釣り場でも使いやすくなっているのが特長で、浮力が比較的大きいものが多いといわれます。状況に応じてセル玉と呼ばれることもあります。棒浮きと玉浮きの中間の性能を持つのが唐辛子浮きで、その名のとおり、トウガラシによく似た形状を持ち、木製のタイプがよく見られます。中通し浮きは、一般的に"円錐ウキ"と呼ばれますが、円錐ウキは中通しウキの中の一つの形を指すものです。 円錐型、ドングリ型、逆円錐型など様々な形が存在します。その名の通り道糸がウキ本体の中を通るように使います。現在の磯釣りなどのウキフカセ釣りにおいての主流の浮きとなっています。使い方はウキ本来の水面に浮かせて魚信(アタリ)を待つだけではなく、浮力以上のオモリを付けてウキを撒き餌と同じ速度でジワジワ沈める釣法もあります。中通し浮きの中に水中浮きという物も存在します。名前の通り水中で使う浮きで、マイナス浮力、つまり放置すると沈む状態で、浮かせるウキとセットで使う場合がほとんどです。他にシモリウキがあり、渓流で釣るときなどに使われます。これらの形状による区別ではなく浮き以外に、浮きに発光機能が搭載された電気浮きも存在します。浮き用途に開発された細長いリチウム一次電池を使用し、豆電球やLED等で浮きが発光する仕掛けになっています。夜間の釣りにおいて暗闇でも浮きの動きが確認できるのが特長です。いわきの釣り具用トレーは、棒浮きや玉浮き、唐辛子浮き以外にも、中通し浮きや水中浮き、電気浮きなどにもご利用可能です。当社の専用オリジナルトレーは、仕掛けを沈めるためのオモリのうち、小さい球状のオモリとしてガン玉や割れ目があるオモリとして割りビシにもお使い頂けます。搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂ける専用トレーとなっています。


設計の自由度が高い真空成型技術が生み出す高機能・低価格な釣り具用オリジナルトレー

釣りは一般的に、磯、防波堤、砂浜、河口、海上釣り堀、船上などの海洋をはじめ、淡水では、渓流、川、湖、池、釣り堀、いわゆる管理釣り場など様々なフィールドで行われ、それぞれのフィールドに応じて使用される釣り具も多種多様です。たとえば、浮きを見ても、棒状や玉状、さらには唐辛子といったような様々な形状を持つ釣り具、タックルが存在します。いわきはこうし多種多様な釣り具の形状に柔軟に対応するため、設計の自由度が高い真空成型技術を活用して専用オリジナルトレーをご提供します。真空成型は一度作った金型は長期に渡って使用可能という技術的特長があります。結果として、これまでお客様を悩ませていたメンテナンスを含む一連の金型コストを大幅に軽減するとともに大量生産を安定化します。射出成形と同等の精度を確保できるのも大きな強みです。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。また、当社はオリジナルトレーに加え、規格トレーも充実していますので、ぜひラインナップをご確認ください。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで全国どこへでも伺います。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきの釣り具用トレーはここがポイント!

レジャーやホビーとして根強い人気を博す釣り、フィッシングは今や愛好者2000万人ともいわれます。いわきはいつの時代も多くの人々を楽しませる釣り道具、釣り具やタックルの専用オリジナルトレーを低価格・短納期でご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な製品タイプや形状、仕様、形式に対応する専用オリジナルトレーです
    いわきの釣り具用トレイは、釣り針、釣り糸、浮き、棒浮き、唐辛子浮き、中通し浮きなど、あらゆる釣り具やタックルにお使い頂けるオリジナルトレーです。疑似餌、いわゆるルアーやフライをはじめ、ラインとも呼ばれ、竿から仕掛けまでの道糸、釣り針を直接結ぶ部分の糸にあたるハリス(鉤素)などにもお使い頂けます。また、糸を巻いておく道具であるリールにもご利用可能です。リールではスピニングリールをはじめ、ベイトリールなどにもお使い頂けます。
  2. プラスチックや木製の従来品に加え電気浮きなどの電子製品にもご利用可能
    いわきの釣り具用トレーは、棒浮きや玉浮き、唐辛子浮き以外にも、中通し浮きや水中浮き、電気浮きなどにもご利用可能です。電気浮きは細長いリチウム一次電池を使用し、豆電球やLED等で浮きが発光する仕掛けになっており、夜間の釣りにおいて暗闇でも浮きの動きが確認できます。当社の専用オリジナルトレーは、仕掛けを沈めるためのオモリのうち、小さい球状のオモリとしてガン玉や割れ目があるオモリとして割りビシにもお使い頂けます。
  3. 基幹技術の真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現
    いわきは創業以来、半世紀をかけて磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。お電話お待ちしています。

いわきが提供できる、様々なオリジナルの工業用真空成型トレーの種類