高信頼・低価格のいわきのタイミングデバイス用トレー

いわきのタイミングデバイス用トレーは、スマホやウェアラブル機器、車載用などに対応

圧電効果を利用したクロック信号を作り出す受動部品であるタイミングデバイス。電子機器において正しい時間とスピードで情報を送るためのタイミング信号や連続した同期信号を提供するデバイスとして様々な電子機器で機能しています。いわきは、携帯電話やテレビ、パソコン、ウェアラブルデバイス、AV/PC用途、医療機器、車載用など多くのアプリケーションで機能するタイミングデバイスの専用オリジナルトレーをご提案します。搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でご利用頂けます。


オシレータやレゾネータ、クロックジェネレータ、同期ソリューションの全てにご利用可能

テレビやパソコン、スマートフォンなどの電子機器に欠かせないのがクロック信号です。クロック信号が止まればその電子機器自体の動作も止まってしまいます。これまでクロック信号といえば水晶デバイスを使用するのが一般的でした。しかし近年、シリコン基板上に微小な機械を作り込み、それを振動させてクロック信号を得るMEMSタイミングデバイスが実用化され、ユーザー層を拡大しています。車載市場やインフラ市場、ウェアラブル市場を柱に急速に需要が伸びています。通信機能を備える電子機器である「コネクテッド・デバイス」は、一般的に1台あたり2~50個のタイミングデバイスを搭載しています。携帯電話用基地局であれば8~15個、コンピューターサーバーは4~10個、スマートフォンは3~5個、自動車は20~50個、IoTセンサーノードは1~4個、テレビは2~4個、デジタル一眼レフカメラは3~4個ほどのコネクテッドデバイスがそれぞれ搭載されています。こうしたコネクテッドデバイス自体の出荷台数は2016年に170億台でしたが、2025年にはその4倍の680億台に増える見込みです。その増加分だけタイミングデバイスの市場規模が増加すると予想されます。この成長著しいタイミングデバイスは大きく4つに分類されます。発振器、いわゆるオシレータと振動子や共振子と呼ばれるレゾネータ、クロックジェネレータ、同期ソリューションの4つです。発振器に含まれる代表的な製品は、水晶発振器(XO)や温度補償回路付き水晶発振器(TCXO)、恒温槽付き水晶発振器(OCXO)、電圧制御型水晶発振器(VCXO)などがあります。振動子には水晶振動子や温度検出用水晶振動子などが含まれます。いわきのタイミングデバイス用トレーは、発振器、いわゆるオシレータと振動子や共振子と呼ばれるレゾネータ、クロックジェネレータ、同期ソリューションの4つのタイプに対応し、製品の諸機能を保護します。


基幹技術である真空成型を駆使しつつ金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現

真空管も写真フィルムもシリコン技術の進化とともにシリコンデバイスへと置き換えられました。タイミングデバイス市場についても同様になると予想され、すでにシリコン技術をベースとするMEMS発振器は水晶発振器と比べ動的性能は30倍高く、消費電力は70%少なく、外形寸法は80%下回ります。このようなアドバンテージを活かし、MEMSタイミングデバイスが水晶タイミングデバイスに取って代わるのはそれほど先のことではないのかもしれません。いわきはこうした開発トレンドをふまえつつ、タイミングデバイスの新製品・新技術に対応した専用トレイをご提供します。タイミングデバイスは車載市場やインフラ市場では精度と信頼性、高温度対応などが必要とされ、モバイル・ウェアラブル市場では外形寸法と消費電力などが求められます。IoT市場では外形寸法と消費電力、集積化などが求められますが、共通して問われるのは製品の信頼性です。いわきは製品の信頼性を確保すべく、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してタイミングデバイス用トレーを製作しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、タイミングデバイスは大変デリケートな製品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのタイミングデバイス用トレーはここがポイント!

テレビやパソコン、スマートフォンなどの電子機器で発信されるクロック信号。クロック信号が止まればその電子機器自体の動作も止まってしまいます。これまでクロック信号といえば水晶デバイスを使用するのが一般的でした。しかし近年、シリコン基板上に微小な機械を作り込み、それを振動させてクロック信号を得るMEMSタイミングデバイスが実用化され、ユーザー層を拡大しています。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のタイミングデバイス専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々なデバイスやアプリケーションに幅広く対応する専用オリジナルトレーです
    いわきは、携帯電話やテレビ、パソコン、ウェアラブルデバイス、AV/PC用途、医療機器、車載用など多くのアプリケーションで機能するタイミングデバイスの専用オリジナルトレーをご提案します。また、タイミングデバイスは大きく4つに分類されます。発振器、いわゆるオシレータと振動子や共振子と呼ばれるレゾネータ、クロックジェネレータ、同期ソリューションの4つです。発振器に含まれる代表的な製品は、水晶発振器(XO)や温度補償回路付き水晶発振器(TCXO)、恒温槽付き水晶発振器(OCXO)、電圧制御型水晶発振器(VCXO)などがあります。振動子には水晶振動子や温度検出用水晶振動子などが含まれます。いわきのタイミングデバイス用トレーは、発振器、いわゆるオシレータと振動子や共振子と呼ばれるレゾネータ、クロックジェネレータ、同期ソリューションの4つのタイプに対応します。
  2. 材料段階からの徹底したリスク管理と静電気対策でデバイスの信頼性を保護します
    タイミングデバイスは車載市場やインフラ市場では精度と信頼性、高温度対応などが必要とされ、モバイル・ウェアラブル市場では外形寸法と消費電力などが求められます。IoT市場では外形寸法と消費電力、集積化などが求められますが、共通して問われるのは製品の信頼性です。また、タイミングデバイスは大変デリケートな製品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的ですので安心してご使用ください。
  3. 基幹技術の真空成型技術が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現します
    設計の自由度の高い真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、何千・何万個単位の大量生産では抜群のコストパフォーマンスを生み出します。一方、試作程度の小ロット生産でもコストを大幅に抑えられます。真空成型は凸(オス)型または凹(メス)型のいずれかを作れば成形可能といった技術的メリットがあるのに加え、一度作った金型は長期に渡って使用可能です。試作後のデザイン変更といったご要望にも柔軟にお応えします。また、トレイのみならず、金型に関するご質問もいつでもお聞かせください。工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術と実績をベースにお役に立ちます。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。お電話お待ちしています。

いわきが提供できる、様々なオリジナルの工業用真空成型トレーの種類