低コスト・短納期のいわきの耐熱性密着シート用トレー

いわきの耐熱性接着シート用トレーは低誘電率や低誘電正接など部材の諸機能を適切に保護

スマートフォンや次世代テレビなどの電子機器をめぐっては、より大容量のデータをこれまで以上のスピードで送受信するニーズが高まっています。こうした中、電気信号の高周波数化が検討され、2020年には5G(第五世代移動通信システム)が導入されます。5Gでは通信速度が前世代の数十倍となるため、高速化を実現するため電気信号は10GHz以上の高周波領域が検討されています。このように情報通信には高周波帯の電気信号が必要不可欠ですが、その一方で高周波数化により伝送損失が増大するといったデメリットがあります。伝送損失の増大を抑制するには絶縁体の誘電特性の改善が必要です。そこで用途を拡大しているのが、耐熱性接着シートや低誘電ボンディングシートなどと呼ばれる部材です。同製品は5G対応のアンテナやミリ波レーダーといった高周波回路で要求される伝送損失の低減に優れます。また、誘電率や誘電正接の値が低く、伝送損失を大幅に低減します。耐熱性にも優れ、鉛フリーはんだリフローの高温にも耐性があります。製品によっては優れた接着力を持ち、多層フレキシブル配線板の層間接着用途にも最適で、ハロゲンフリー、カドミウムフリー、鉛フリーに対応します。いわきの耐熱性接着シート用トレーは、低誘電率や低誘電正接といった諸機能を保護する専用オリジナルトレイとして梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


最新の技術・開発トレンドをふまえ、エポキシ樹脂配合の新製品などにも適応します

5Gの導入が本格化するにしたがい、スマホ以外にも多様なセンサーデータを瞬時に処理する先進運転支援システムなど自動車業界においても通信や伝送の高速化が加速します。その伝送路となるフレキシブルプリント基板(FPC)には高周波の信号を損失なく伝送する機能がこれまで以上に求められます。この高速伝送向けFPC内部の信号線とカバー層や基盤材を接着する材料は一般的に液晶ポリマーが用いられています。こうした中、メーカーによっては誘電率(Dk)を2.3、誘電正接(Df)を0.0025に抑え、吸水後でも誘電特性の変化が少ない、高伝送向けFPCに使用可能な低誘電ボンディングシートや180℃で接着可能かつ既存のFPC製造設備で使用可能なシートなども開発しています。接着強度を高めるために極性基を持つ成分を配合する必要がありますが、同時に誘電率が高まり、伝送損失が大きくなるという問題があります。そのため、メーカーによってはエポキシ樹脂に最適に配合することで銅箔に対する高い接着強度を確保し、低誘電率と接着強度を両立した信頼性の高いFPCを製造可能としています。いわきは5Gを支える耐熱性接着シートや低誘電ボンディングシートの最新の技術トレンドをふまえ、新製品や新技術に対応した専用トレーを低コスト・短納期でご提供します。


製品形状に最適なトレーポケットが伝送特性や高接着性、加工性、長期絶縁信頼性を確保

いわきは、耐熱性密着シートの新製品や新技術に対応するため、設計の自由度の高い真空成型技術を活用しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、真空成型によって成形された製品形状に最適なトレーポケットが耐熱性密着シートを適切に支持し、伝送特性や高接着性、加工性、長期絶縁信頼性といった諸機能を保護します。また、近年はRoHS(Restriction of Hazardous Substances)指令などへの対応が求められています。当社は環境への取り組みとして、RoHSに加えREACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)といった欧州の厳格な環境指令をクリアしています。トレイの素材にも徹底した静電気対策を講じています。一例として材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。安心してご使用ください。いわきはお客様のご利用環境をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。また、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。

いわきの耐熱性密着シート用トレーはここがポイント!

5G(第五世代移動通信システム)の本格導入にしたがい、さらなる需要が期待される耐熱性接着シートや低誘電ボンディングシート。スマートフォン本体や基地局のアンテナ部材をはじめ、自動運転やブレーキアシストシステムを担う車載用ミリ波レーダー、さらには4K/8Kといった次世代テレビの回路基板などでこれまで以上の機能が求められます。いわきは低価格かつ短納期で耐熱性密着シート用トレーご提供します。オリジナルトレイのおすすめポイントは次の3つです。

  1. 高周波回路で要求される伝送損失の低減機能などを適切に保護する専用オリジナルトレーです
    耐熱性接着品は5G対応のアンテナやミリ波レーダーといった高周波回路で要求される伝送損失の低減に優れます。また、誘電率や誘電正接の値が低く、伝送損失を大幅に低減します。耐熱性にも優れ、鉛フリーはんだリフローの高温にも耐性があります。製品によっては優れた接着力を持ち、多層フレキシブル配線板の層間接着用途にも最適で、ハロゲンフリー、カドミウムフリー、鉛フリーに対応します。いわきの耐熱性密着シート用トレーは、低誘電率や低誘電正接といった諸機能を保護する専用オリジナルトレイです。安心してご使用ください。
  2. 最新の技術動向をふまえ、樹脂配合製品など新製品や新技術にもフレキシブルに対応します
    低誘電ボンディングシートをめぐっては、メーカーによっては誘電率(Dk)を2.3、誘電正接(Df)を0.0025に抑え、吸水後でも誘電特性の変化が少ない、高伝送向けFPCに使用可能な製品や180℃で接着可能かつ既存のFPC製造設備で使用可能なシートなども開発されています。また、エポキシ樹脂に最適に配合することで銅箔に対する高い接着強度を確保し、低誘電率と接着強度を両立した信頼性の高いFPCも登場しています。いわきは5Gを支える耐熱性シートの最新の技術トレンドをふまえ、新製品や新技術に対応した専用トレーをご提供します。
  3. 国内自社工場での一貫生産体制により低コストとスピーディーな納品を実現します
    いわきは創業以来、半世紀をかけて磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型から成形品に至るまで国内自社工場で自社一貫生産しています。他社を上回る価格競争力とスピーディーな納品でお客様の満足度を追求します。また、国内自社工場で自社一貫生産の当社であれば、何千・何万個レベルの大量生産では抜群のコストパフォーマンスを生み出す一方、試作レベルの数個程度の小ロットのご注文でも割安でお応えします。試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。お問合せ頂ければ、お見積りや納品までのスケジュールなど素早くご案内申し上げます。

いわきが提供できる、様々なオリジナルの工業用真空成型トレーの種類