SUS放熱板部品用トレー

企画・設計・金型製作から成形までトータルコーディネート

いわきではこれまでお客様が求めているものを的確にとらえ、高品質高付加価値なトレーを数多くお届けしてまいりました。今までの経験とノウハウを活かし、企画・設計から金型製作・成形まで全て日本国内の社内一貫生産で、真空成形トレーを利用して梱包用輸送用納品用保管用など、多様な場面でお客様のご希望にお応えしSUS放熱板部品用トレーを提案致します。


いわきのSUS放熱板部品用トレーとは

いわきのトレーパックは様々な種類のお客様の製品を保護する真空成型トレーです。輸送や運搬する際や工場内での工程で発生する衝撃を製品である部品に与えにくい耐衝撃性のある材質のトレーなどを今までの経験やノウハウをお客様のために最大限に駆使しご要望に合わせたSUS放熱板部品用トレーをご提案させていただいております。SUS放熱板部品用トレーの設計段階からお客様の製品の形状に合わせ最も適切な形状にし、製品に対してトレイと触れてはならない箇所を避ける工夫を致します。様々な規格にもSUS放熱板部品用トレーは対応しており、RoHS(Restriction of Hazardous Substances)やREACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)などに対してお客様のご希望にお応えいたします。SUS放熱板部品用トレーはお客様の工場の工程内における作業も配慮致します。例えばハンドリングによる製品の出し入れなのか、または自動機によるオートピッキングなのかをお客様との打ち合わせでお聞きし、最も適したSUS放熱板部品用トレーをご提供いたします。



いわきが使用する通信機器部品用トレーの材料

いわきではお客様の製品に適している材料を使用した真空成形トレーをご提案しております。いわきではA-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます使用させていただいております。また、PMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂、アクリル)シート、Hi-PE(耐衝撃ポリエチレン)シート、AES(アクリロニトリル・エチレン-プロピレン-ジエン・スチレン)シート、PQ-ACE(低発泡ポリエチレンシートと高発泡ポリエチレンシートの複合体)シート、PPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などの材料もご案内しております。
材料の特性では3種類のグレードをご用意させていただいております。安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として材料の表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。


ご依頼から納品までの流れ

真空成形のご相談・お問い合わせ

まずはお気軽に、お問い合わせください。検査工程、運搬工程、納品時など、お客さまの「あったらいいな」というご要望、お困りごと、お悩みをおうかがいするところから、いわきの仕事が始まります。真空成形のご相談・お問い合わせはお電話(048-295-1111)でも、お問い合わせフォームからでもけっこうです。担当者をご指名いただくことも可能です。

打ち合わせ

ご要望の商品の詳細について、じっくりとお話をお聞かせください。日本国内どこにでも、打ち合わせにうかがいます。この場には、実際に製造工程に携わる現場の製造担当者と営業マンが参加します。

図面・見積書作成

いわきには、半世紀にわたって、梱包・包装・保管・運搬用の各種容器を作り続けてきた経験と実績がございます。そのノウハウを活かして、お客さまのご要望にもっともふさわしい製品の設計図と製造プラン、コスト提示をさせていただきます。

開発センターでの試作金型を製作

図面とプランに基づいて、金型製作機械用のNC(数値制御)加工データを作ります。CAM(コンピュータ支援製造)技術を使って最適のツールパス(工具の軌跡情報)を作成し、そのデータを元に、マシニングセンタやNCフライス盤、NC自動旋盤などを駆使して金型の製作をいたします。お預かりした3D CADデータ、2D図面からNCデータを作成し、型の試作・製作をすることもできます。

試作品などのお客さま確認・承認

試作用の型を使って製造した製品を、まずはお客さまにご覧いただきます。サイズ、形状、フィット感などを実際にお試しいただき、さらなるご要望をおうかがいします。

金型加工・調整・完成

おうかがいしたご要望を反映させて、製造用の型を完成します。いわきでは、型のすべてを自社内で一貫生産しています。

成形工場で成形

完成した型を使って、真空成形、射出成形などの技術を駆使して製品を作ります。成形が終わった製品の余分な部分をカットするための刃型も手配します。

出荷

いわきでは、2002年にISO9001を認証取得しております。その国際規格に基づく検査管理を経て、ご指定の期日に合わせて出荷いたします。

納品

日本国内どこにでも、確実に、迅速にお届けいたします。一度製作した製品の型とデータは、いわきが責任をもって保管しております。リピート注文品も、約7~10日間ほどでお届けできます。