シリコンチップ用トレー

繊細なお客様の製品であるシリコンチップを保護致します

現在、様々な場所でシリコンチップが使われております。例えばお客様が今お使いになっているパーソナルコンピューターやスマートフォンなどの機器です。内部には様々な大きさのシリコンチップや様々な種類のシリコンチップが使われております。またエアコンやテレビ、洗濯機、冷蔵庫、LED電球などの様々なデジタル電化製品にもシリコンチップが使われております。いわきでは世の中に欠かせないシリコンチップを真空成形トレーで梱包用輸送用納品用保管用など幅広い用途でご案内しております。


いわきのシリコンチップ用トレーの特徴

いわきのシリコンチップ用トレーは、プラスチック製の部品トレーのことです。プラスチックでも様々な種類がございますが、いわきでは主に材料は主にPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PET(ポリエチレンテレフタレート)シート、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます。またPPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などの材料もご案内しております。いわきのシリコンチップ用トレーには3種類のグレードがあり、安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。


いわきのシリコンチップ用トレーのオススメのポイント

シリコンチップ用トレーはお客様の製品であるシリコンチップの形状や構造をお客様のからリスニングをし、最も適した形状でのトレーを提案致します。シリコンチップはノイズや静電気に弱い部品です。そのため帯電防止や導電性の素材を選定致します。シリコンチップの形状でトレーに接触してはならない箇所があると存じます。いわきではそのケースも配慮した形状を社内間で共有致します。シリコンチップ用トレーはRoHS(Restriction of Hazardous Substances)やREACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)などの規格にもご対応しているため、近年環境問題が指摘される中、対応したシリコンチップ用トレーをご提案が可能です。またいわきのシリコンチップ用トレーはお客様の工場の設備にある汎用ロボットを組み込んだ自動ハンドリングシステムまたは自動機によるオートピッキングに対応したシリコンチップ用トレーにも対応が可能です。お客様工場にて対象ワーク(お客様の加工品)やラインレイアウトが変わった際にも弊社でご対応しております。今までの経験やノウハウをお客様のために最大限に駆使しご要望に合わせたトレーをご提案させていただいております。


創業50年の実績とノウハウを活かしご提案いたします

いわきでは、シリコンチップ用トレーを作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のあるシリコンチップ用トレーをお届けいたします。さらに、お客様の求める特性をしっかりと理解した上で、よりよいトレーにしていくため経験豊富な営業スタッフが打ち合わせをいたします。企画に応える確かな技術力で、高品質・高付加価値のあるシリコンチップ用トレーをご提供いたします。いわきの営業スタッフは日本全国、北から南までお伺いいたしますので何なりとご連絡ください。