シートレンズ用トレー

企画・設計・金型製作から成形までトータルコーディネート

いわきではこれまでお客様が求めているものを的確にとらえ、高品質高付加価値なトレーを数多くお届けしてまいりました。今までの経験とノウハウを活かし、企画・設計から金型製作・成形まで全て日本国内の社内一貫生産で、真空成形トレーを利用して梱包用輸送用納品用保管用など、多様な場面でお客様のご希望にお応えしシートレンズ用トレーを提案致します。


いわきのシートレンズ用トレーとは

シートレンズ用トレー

いわきのトレーパックは様々な種類のお客様の製品を保護する真空成型トレーです。例えば光学用ですと球面平凸・凹レンズや球面両凸凹レンズの各種サイズや、ガラスレンズ・プラスチックレンズ・ポリカーボネートレンズの各種素材、光学レンズの表面処理に合わせお客様のご希望でトレーパックを提案しております。また、輸送や運搬する際や工場内での工程で発生する衝撃を製品である部品に与えにくい耐衝撃性のある材質のトレーなどを今までの経験やノウハウをお客様のために最大限に駆使しご要望に合わせたシートレンズ用トレーをご提案させていただいております。シートレンズ用トレーの設計段階からお客様の製品の形状に合わせ最も適切な形状にし、製品に対してトレイと触れてはならない箇所を避ける工夫を致します。様々な規格にもシートレンズ用トレーは対応しており、RoHS(Restriction of Hazardous Substances)やREACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)などに対してお客様のご希望にお応えいたします。シートレンズ用トレーはお客様の工場の工程内における作業も配慮致します。例えばハンドリングによる製品の出し入れなのか、または自動機によるオートピッキングなのかをお客様との打ち合わせでお聞きし、最も適したシートレンズ用トレーをご提供いたします。


いわきのシートレンズ用トレーの特徴

シートレンズ用トレーとは、プラスチック製の部品トレーのことです。プラスチックでも様々な種類がございますが、いわきでは非結晶ポリエチレンテレフタレート(通常A-PET材)を使用させていただいております。A-PET材には3種類のグレードがあり、安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、A-PETの材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策としてA-PETの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。


いわきのシートレンズ用トレーのオススメのポイント

いわきのシートレンズ用トレーは真空成形にて製造しております。オススメのポイントは3つございます。

  1. 衝撃から製品をお守り致します
    お客様の製品に合わせたトレーなので外部からの衝撃から製品をお守り致します。一例として、お客様の製品とトレーとのクリアランスを極力低減することによってガタによる製品破損から保護致します。
  2. 小ロットから大量生産まで柔軟な対応が可能
    型にかかる圧力が小さい真空成形では、一度金型を作ったら長期間にわたって使用し続けることが可能です。数個の試作レベルはもちろん、何千・何万個単位の大量生産まで、お客さまのご要望に応じて柔軟に対応することが可能です。
  3. 大きなものから小さなものまで幅広く製造
    プラスチックのシートを吸い付ける真空成形では、シートの大きさの範囲であればどんなサイズも製造可能です。小さなものはもちろん、比較的大きなものまで成形できます。

50年以上の実績とノウハウを活かしご提案いたします

いわきでは、シートレンズ用トレーを作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のあるシートレンズ用トレーをお届けいたします。さらに、お客様の求める自動車部品の特性をしっかりと理解した上で、よりよいシートレンズ用トレーにしていくため経験豊富な営業スタッフが打ち合わせをいたします。企画に応える確かな技術力で、高品質・高付加価値のあるシートレンズ用トレーをご提供いたします。いわきの営業スタッフは日本全国、北から南までお伺いいたしますので何なりとご連絡ください。