RF-IC用トレー

いわきのRF-IC用トレーは無線通信の安定化をサポートします

自動車でワイヤレス通信をする際、車載機器の操作や動作状態をモニタリングするRF-IC。クルマの施錠や開錠を行うリモートキーレスエントリー(PKE)システムやタイヤの空気圧を検知して警告情報をインパネに表示させるタイヤ空気圧監視システム(TPMS)など様々なシステムに応用されています。近年はマルチバンドに対応した製品をはじめ高受信感度特性、消費電流の低減による省エネルギー化など各種機能が高まっており、無線通信量の増大に合わせて市場が活発化しています。いわきのRF-IC用トレーは梱包搬送工程検査保管輸送出荷納品管理など幅広い用途で多くのお客様にご利用頂いています。


製品形状に最適なトレーポケットが車載部品のハイクオリティを確保

RF-ICをはじめ車載部品をめぐっては近年、メーカーからの品質要求が一段と高まっています。特にRF-ICのように無線通信の根幹を担う部品については、通信の安定化を図るためにも、製品の信頼性がこれまで以上に問われています。当社は規格トレーや汎用トレーも豊富に取り揃えていますが、製品の適切な管理のためにも専用トレーのご使用をおすすめします。当社の工業用トレーは、設計の自由度が高く、製品形状を材料シートに忠実に再現可能なため、トレーポケットが一つ一つの製品を確実に支持・保護します。いわきは工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術とノウハウでお客様の製品をお守りします。安心してお使いください。


材料段階からの徹底した品質管理と高度なノウハウで製品リスクを軽減

電子部品の大敵となるのがチリやホコリなどの付着です。いわきは原料段階からの徹底した品質管理により、製品のリスクを軽減します。また、静電気対策として、界面活性剤が練りこまれた、あるいは表面に塗布された材料シートを使用しています。その抵抗値は10の11乗前後に抑えられていますので、安心してお使い頂けます。導電性タイプとしては、表面にカーボンが練りこまれた、あるいは印刷された材料シートをご用意しています。カーボンを使わないラミネートタイプもあります。抵抗値は10の6乗以下です。また、当社の工業用トレーは、お使いの自動機に対応します。作業効率をこれまで以上に高めるオリジナルトレーです。


自社一貫生産のいわきは低コストと短納期、柔軟対応を実現します

いわきは真空成形技術を活用してRF-IC用トレーを製造しています。真空成形は材料となるフィルムやシート状の樹脂素材を型に密着させる成形方法です。そのためお客様の製品の側面や底面の形状をトレーに忠実に再現出来ます。射出成型と比べても同等の精度を確保し、低コスト・短納期を実現します。また、真空成形は型の改造がしやすいため、試作をした後でもデザイン変更が容易です。数個程度の試作レベルから大量生産まで安定的に供給出来るのも大きなメリットといえます。お問い合わせ頂ければ担当スタッフがお客様のもとに駆け付けます。合わせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのRF-IC用トレーはここがポイント!

無線通信システムの根幹を担うRF-IC。スマートシステムの充実化にともない今後RF-ICが果たす役割はさらに大きくなりそうです。いわきはお求めやすい価格かつスピーディーな納期で高性能の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 電子部品を確実に保護する専用トレーです
    車載部品をめぐっては近年、メーカーからの品質要求が一段と高まっています。特にRF-ICのように無線通信を担う電子部品については製品の信頼性が求められます。いわきの専用トレーは、製品形状を忠実に再現したトレーポケットで製品を確実に保護します。
  2. 自動機に対応し作業効率を向上&リスクを軽減
    いわきの工業用トレーは、お使いの自動機に対応しますので、お客様の作業効率をこれまで以上に高めるオリジナルトレーとしてご好評頂いています。また、材料段階から厳格に品質管理されているため、チリやホコリといった製品リスクを排除します。静電気対策も万全です。
  3. 真空成形を駆使するとともに自社一貫生産で低価格・短納期を実現します
    設計の自由度の高い真空成型技術を活用しつつ、金型から成形品に至るまで国内自社工場で自社一貫生産。そのため低コストとスピーディーな納品を実現します。金型のご相談も喜んでお受けします。専門メーカーのノウハウで必ずやお役に立ちます。お電話お待ちしています。