プレス加工品用トレー

いわきのプレス加工品用トレーは小型軽量・大型重量にも対応します

いわきのプレス加工品用トレーは、梱包輸送納品保管などさまざまな用途に応じて、お客様のご要望にきめ細かく対応いたします。それを可能にしているのが、当社が40年以上にわたって磨きをかけている真空成型技術です。真空成型は、材料となるシートの大きさの範囲であれば、あらゆるサイズに成型出来ます。そのため、お客様の製品が小型軽量である場合はもとより、たとえば自動車のフロント・バンパーようにある程度の大きさと重量がある製品でも問題無く成形いたします。また、当社のプレス加工品用トレーは金属製トレーに比べ低コストなだけでなく、軽量であるがゆえ運送コストの削減にもつながります。後加工も可能で、お客様の使い勝手に応じてきめ細かく調整いたします。さらに当社は金型から国内の自社工場で製造していますから、短納期での納品が可能です。金型を製造し、試作した後でも調整いたしますので、ご安心ください。また、真空成型は金型への負担が少ないというメリットがあるため、一度作った金型は長期にわたって使用できます。したがって何千・何万個単位の製品を安定的に生産できるのが強みです。一方、数個のみの試作も金型から自社一貫製造の当社であれば柔軟に低コストでご提供いたします。


40余年の実績とノウハウが凝縮されたプレス加工品用トレー

プレス加工品用トレー

当社はこれまでお客様のコンデンサなどの梱包でも豊富な実績があります。効率良くプレス加工品を運搬するには、一度にどれくらいの製品を運べるかがカギとなります。そのためには一つでも多くのお客様の製品をトレイに収納し、製品の安全性を保ちつつ、より低コストでスピーディーに運搬するノウハウが必要です。当社はこのノウハウを40年来蓄積し続け、今日の評価を頂くに至りました。プレス加工品の梱包、輸送、納品、保管の際は、ぜひともいわきのトレーをご採用ください。


いわきのプレス加工品用トレーは後加工も可能

いわきが真空成形技術を駆使し、自信を持っておすすめするプレス加工品用トレー。そのポイントは次の3つです。

  1. 小型軽量・大型重量にも対応
    材料となるシートの範囲であれば、あらゆるサイズに成型出来ます。多品種・小ロットも喜んでお受けいたします。お気軽にご相談ください。
  2. 金型・製品の後加工が可能
    当社は金型から自社で製造していますので、試作後の調整も迅速かつ柔軟に対応いたします。製品の後加工もお客様のご要望に応じて積極的に行います。
  3. 短納期・低コスト・スピーディー
    自社一貫体制の当社だからこそ短納期・低コストを実現。そして40年来培ってきたノウハウでお客様の製品の安全性を確保し、スピーディーに運搬します。

  4. まずはお悩み・ご要望をお聞かせください

    お客様のご要望に柔軟に対応する―。それがいわきの強みです。一口にプレス加工品といっても、その形状や大きさは千差万別であり、お客様が抱えていらっしゃる課題もさまざまです。そうした悩みやご要望を当社にお聞かせください。高い技術ときめ細かいフォローで、お客様のご期待に応えます。お見積り、納品までのスケジュールなども詳しくご案内させて頂きます。40年以上の実績とノウハウを活かし、いわきはお客様に満足をご提供いたします。まずはお気軽にお電話ください。