幅広い製品に対応するいわきのパワーデバイス用トレー

いわきのパワーデバイス用トレーは整流ダイオードやMOSFET、IGBTにも対応

半導体素子の一つであり、インバータやコンバータなどの電力変換器に用いられるパワーデバイス。パワー半導体やパワー素子、電力用半導体素子とも呼ばれ、電気エネルギーの制御や供給に用いられています。パワーデバイスの動作原理はマイコンやICと同様ですが、ICと比較して高耐圧、高電流を制御することが可能です。主な特長としては電流容量が大きいこと、耐電圧が大きいこと、発熱が少なく放熱が良い――などの点が挙げられます。いわきのパワーデバイス用トレーは、整流ダイオード、パワーMOSFETや絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)、サイリスタ、ゲートターンオフサイリスタ(GTO)、トライアックのいずれにもご利用可能です。搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂ける専用トレーです。


バイポーラ、ユニポーラ、複合のすべての形式にベストマッチした専用トレー

半導体技術の進歩によって大電力を扱う素子であっても応答速度は年々向上し続けており、パワーデバイスは電力制御装置全体の小型化に貢献しています。こうした中、パワーデバイスはいくつかの形式が開発され、様々な装置やシステムで機能しています。PNダイオードやトランジスタ、サイリスタ、GTO、GCTを含むバイポーラ形式、ショットキーバリアダイオードとMOSFETを含むユニポーラ形式、IGBTとTIGBTを含む複合形式があります。バイポーラデバイスの特性は小規模のベース電流に対して数10~数100倍のコレクタ電流が流れる性質を用いた増幅作用が挙げられます。また、ユニポーラデバイスは電界効果トランジスタとも呼ばれ、電圧入力によって生じる電界によって電流を制御するトランジスタです。ゲートに電界を発生させ、ソースとドレイン間を流れる電子の流れを任意にせき止めることで電流を制御します。いわきのパワーデバイス用トレーはバイポーラ形式、ユニポーラ形式、複合形式のすべてに対応し、幅広い製品にお使い頂けます。


製品形状に忠実なトレーポケットがパワーデバイスを適切に支持し制御機能を保護します

パワーデバイスは、直流-交流のインバータ、交流-直流のコンバータ、直流-直流の直流チョッパ、交流-交流の周波数変換のそれぞれを制御する仕組みを持っています。また、スイッチオフ時の漏れ電流がゼロとなるよう研究開発が過熱しています。いわきはパワーデバイスの動作信頼性を確保するとともに、様々な製品形状に対応すべく設計の自由度の高い真空成型技術を活用して、専用オリジナルトレイをご提供します。真空成型は一度作った金型は長期に渡って使用可能という技術的特長があります。結果として、これまでお客様を悩ませていたメンテナンスを含む一連の金型コストを大幅に軽減するとともに大量生産を安定化します。射出成形と同等の精度を確保できるのも大きな強みです。一方、電子部品をめぐっては、静電気対策が不可欠となります。その対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。成形には、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで全国どこへでも伺います。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのパワーデバイス用トレーはここがポイント!

家庭用電化製品やコンピューターなどに使われている半導体素子に比べて高電圧かつ大電流を扱える上、高周波動作が可能なパワーデバイス。スマートフォンやテレビ、エアコンなどほとんどの機器で機能しています。いわきは今後さらなる需要が期待されるパワーデバイスの専用オリジナルトレーを低コスト・短納期でご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な製品タイプや形状、仕様、形式に対応する専用オリジナルトレーです
    いわきのパワーデバイス用トレーは、整流ダイオード、パワーMOSFETや絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)、サイリスタ、ゲートターンオフサイリスタ(GTO)、トライアックのいずれにもご利用可能です。また、PNダイオードやトランジスタ、サイリスタ、GTO、GCTを含むバイポーラ形式、ショットキーバリアダイオードとMOSFETを含むユニポーラ形式、IGBTとTIGBTを含む複合形式があります。いわきのパワーデバイス用トレーはバイポーラ形式、ユニポーラ形式、複合形式のすべてに対応し、幅広い製品にお使い頂けます。
  2. 静電気対策と設計からの徹底したリスク管理で製品の諸機能を保護します
    いわきは静電気対策として、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。また、当社は設計の自由度の高い真空成形技術を活用する事で、パワーデバイスの製品形状を忠実に再現したトレーポケットを成形します。ポケットがパワーデバイスを適切に支持し、製品への衝撃などを和らげ各種機能を保護します。
  3. 基幹技術の真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現します
    いわきは創業以来、半世紀をかけて磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。自社生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。お電話お待ちしています。