プラスチックレンズ用トレー

いわきのプラスチックレンズ用トレーは両凸から両凹まで幅広くお使い頂けます

メガネやデジタルカメラ、テレビ、スマートフォン、パソコン、顕微鏡、ドローン、セキュリティ機器、実験・試験装置、住宅などあらゆる製品や用途、機器、装置に使用されるプラスチックレンズ。CMで話題のメガネ型拡大鏡などにも使用されるなど、私たちの身近なところで機能しています。いわきはそのプラスチックレンズの専用トレーを製造しており、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など様々な用途で多くのお客様にご利用頂いています。キズや破損といったレンズ製品のリスクを大幅に軽減するとともに、低価格・短納期を実現したいわきのプラスチックレンズ用トレー。ぜひご利用ください。


光学製品用トレーの豊富な実績をベースにキズや破損リスクを大幅軽減

プラスチックレンズの生命線ともいえる表面品質や洗浄品質の確保は専用トレーの最大の課題です。その点、当社は超精密クラスの光学レンズ専用トレーにおいて豊富な実績があり、研磨や洗浄された表面を保護するノウハウがありますので、プラスチックレンズについてもお客様にご満足頂けるオリジナルトレーをご提案します。両凸、平凸、凸メニスカス、凹メニスカス、平凹、両凹といった各種形状に対応した専用トレーです。また、プラスチックレンズに限らず、光学製品の専用トレイをめぐっては、製品とトレーとの間に生じる隙間、いわゆるクリアランスをいかに抑えられるかが、品質確保の大きなカギとなります。とはいえ、製品にトレーが触れてしまえば、レンズの表面にキズなどがついてしまう恐れがあります。この“付かず離れず”の絶妙な距離の実現こそが、光学レンズ用トレーを設計、制作する上でもっとも技術を要するところといえます。当社は豊富な実績と確かな技術をベースに、お客様の製品にとって最適な距離をトライ&エラーと試作を繰り返す事で実現し、製品の信頼性確保に万全を期しています。安心してご使用ください。なお、当社はガラスレンズやプリズム、ミラーなど各種光学製品用トレイもご提案しますので、お気軽にお問い合わせください。


デートマークやRoHS、 REACHもクリアし製品管理の効率化とグローバルに対応

プラスチックレンズに限った事ではありませんが、光学製品・部品用トレーは、内容物のどの箇所をどのように支持するかがポイントとなります。たとえば、製品表面の側部や中央を支持するのが一般的ですが、これがわずかでもズレてしまうと、光学製品の生命線ともいえる表面品質にリスクが及びます。こうした技術は一朝一夕で得られるものではなく、長い経験によって培われるものです。その点、いわきの光学製品用トレーは、これまで多くのお客様に製品の信頼性、機能性、精度などの面で高い評価を頂いています。豊富な実績をベースに、設計の自由度の高い真空成形技術を駆使する事でお客様の製品形状に最適な専用トレーをご提供しますので、安心してご用命ください。また、いわきのドームレンズ用トレーは、デートマークに対応いたします。そのため、お客様からは「製造年月の管理がしやすくなり、在庫のコストやリスクが抑えられた」といったお声を頂くなど、好評を博しています。また、当社製品は RoHS (Restriction of Hazardous Substances)や REACH (Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)といった欧州の厳格な環境指令もクリアしていますので、グローバルでのビジネスにもご利用頂けます。国内の自社工場で金型から最終製品まで一貫生産という完全「メイド イン ジャパン」の高いクオリティは必ずや世界各国のお客様にご満足頂けるものと、当社は確信しています。


成形品まで国内自社工場で一貫生産、だから低コストでスピーディー

いわきは創業以来、半世紀にわたって磨き上げた成形技術である真空成形を活用してプラスチックレンズ用トレイを成型します。プラスチックレンズは用途に応じて、形状、形態が一様では無いため、そのトレーもそれぞれの製品に応じたトレーポケットが求められます。その点、真空成形は設計の自由度が高く、お客様の製品形状を材料シートに忠実に再現可能といった技術的特性があります。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。その結果、これまでお客様に多大な負担を強いていた金型のメンテナンス費用など一連のコストを大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。他社を上回るコスト競争力とスピーディーな納品をぜひご実感ください。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのプラスチックレンズ用トレーはここがポイント!

メガネやデジタルカメラ、テレビ、スマートフォン、パソコン、顕微鏡、ドローン、セキュリティ機器、実験・試験装置、住宅などあらゆる製品や用途、機器、装置に使用されるプラスチックレンズ。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. あらゆる形状、材質に対応した専用トレーです
    いわきのプラスチックレンズ用トレーは両凸、平凸、凸メニスカス、凹メニスカス、平凹、両凹といった各種形状に対応。設計の自由度の高い真空成型技術を活用することで、製品形状を材料シートに忠実に再現します。また、ガラスレンズやプリズム、ミラーなど各種光学製品用トレイでも豊富な実績がありますので、あわせてご相談ください。
  2. 形状に忠実なポケットが表面品質を保護します
    プラスチックレンズは研磨や洗浄といった工程を経て製造される付加価値の高い製品です。いわきの専用トレーは、個々の製品形状に最適なトレーポケットにより、製品の表面をキズや破損から保護します。また、製品とトレーとの隙間、いわゆるクリアランスがもたらす衝撃など、あらゆるリスクを最小限に軽減します。
  3. 自社一貫生産体制により低価格・短納期を実現します
    いわきは真空成形技術を活用しつつ、金型から成形品に至るまで国内自社工場で自社一貫生産。他社を上回る低コストとスピーディーな納品を実現します。また、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。お見積りも素早くご回答します。お電話お待ちしています。