パルスオキシメーター用トレー

いわきのパルスオキシメーター用トレーは小型製品や腕時計型などにも適応

皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するパルスオキシメーター。酸素と結合した酸化ヘモグロビン(HbO2)は波長940nmの赤外光をよく吸収し、酸素を失った還元ヘモグロビン(Hb)は波長660nmの赤色光をよく吸収するという特性の違いを利用して2つのヘモグロビンの比率を求めて酸素飽和度を測定します。1974年にパルスオキシメーターが開発される以前は、動脈血を採血して酸素分圧を測定する必要がありましたが、パルスオキシメーターの登場により患者への負担が大幅に軽減されたほか医療者も簡単に測定できるようになったため、一気に普及が進みました。麻酔管理や手術中、ICUでの患者のモニタのために用いられるほか、在宅酸素療法の患者指導などにも用いられます。体に針を刺したり切ったりすることなくSpO2の測定を行うことが可能で、これにより心肺機能が常時正常であるかを知ることができるため、予備的な健康診断手法として利用することも可能です。いわきは医療現場で欠かす事のできないパルスオキシメーターの専用オリジナルトレーを制作しており、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


発光部と受光部を保護し、センサー・計測機能を確保する専用トレー

パルスオキシメーターをめぐっては近年では、登山者が高順度化の目安として携帯型パルスオキシメーターを利用するケースもあります。また、製品の小型化が進んでいるのに加え、腕時計型なども開発され、製品の形状やサイズは多様化しています。いわきはこうした開発動向をふまえ、標準的なパルスオキシメーターはもとより、小型製品や腕時計型などに最適な専用トレーを低価格・短納期でご提供します。パルスオキシメーターのプローブは発光部とセンサーに当たる受光部で構成されます。発光部は赤色光(波長約660nm)と赤外光(波長約940nm)を発し、これらの光が指先などを透過、あるいは反射したものをセンサーに当たる受光部で測定します。パルスオキシメーターは生命線となるセンサーをはじめ、発光部などで構成された大変デリケートな電子製品・部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした使用環境をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。


真空成型を駆使しつつ金型からの自社一貫生産により低コスト・短納期を実現します

前述のとおり、パルスオキシメーターをめぐっては、標準型をはじめ小型製品や腕時計型など様々な形状やサイズ、仕様があります。こうした製品動向に対応するため、いわきは設計の自由度の高い真空成型を活用してトレーを制作しています。当社の真空成型技術は、射出成型と同等の精度を確保します。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、パルスオキシメーターのみならず、すべての製品は、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきは設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。また、材料段階からの徹底した品質管理により、トレーの品質はもとより、内容物の信頼性を高めます。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのパルスオキシメーター用トレーはここがポイント!

皮膚の表面から動脈血液の酸素飽和度(SpO2)を測定するためのモニター機器として、医療現場をはじめ在宅酸素療法の患者指導などにも用いられるパルスオキシメーター。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のパルスオキシメーター専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な製品タイプ、形状、仕様、サイズに対応したオリジナルトレーです
    パルスオキシメーターをめぐっては近年、製品の小型化も進んでいるのに加え、腕時計型なども開発され、製品の形状やサイズは多様化しています。また、登山者が高順度化の目安として携帯型パルスオキシメーターを利用するケースもあります。いわきはこうした開発動向や利用状況をふまえ、標準的なパルスオキシメーターはもとより、小型製品や腕時計型などに最適な専用オリジナルトレーを低コスト・短納期でご提供します。成形に際しては、設計の自由度の高い真空成型を活用することで、あらゆる製品形状に対応可能です。製品形状を忠実に再現したトレーポケットが製品を適切に支持するとともに、破損やひび割れといった様々なリスクを軽減します。
  2. 材料段階からの徹底したリスク管理と静電気対策に万全を期しています
    パルスオキシメーターは生命線となるセンサーをはじめ、発光部などで構成された大変デリケートな電子製品・部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑えられています。安心してご使用ください。
  3. 真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現します
    設計の自由度の高い真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、何千・何万個単位の大量生産でのコストパフォーマンスはもとより、試作程度の小ロット生産でもコストを大幅に抑えられます。試作後のデザイン変更といったご要望にも柔軟にお応えします。また、トレイのみならず、金型に関するご質問もいつでもお聞かせください。工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術と実績をベースにお役に立ちます。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。お問合せ頂ければ、素早くお見積り申し上げます。お電話お待ちしています。