ムーブメント用トレー

いわきのムーブメント用トレーは自動巻きや手巻き、クォーツにも対応します

メカニカル製品の代表格ともいえるムーブメント。いわきはその専用トレーを製造しています。ムーブメントは、自動巻きや手巻き、クォーツ、スプリングドライブなどに大別されますが、当社の専用トレーはこれら全ての種類に適応した製品としてご利用頂いています。言うまでもなくムーブメント、特に機械式は、複数のパーツが精密に連動する極めて繊細な製品です。一般的な機械式ムーブメントは主なパーツだけでも「香箱車」「二番車」「三番車」「四番車」「ガンキ車、アンクル」そして心臓部ともいえる「テンプ、ヒゲゼンマイ」などで構成されており、いずれも扱いには細心の注意が求められます。これらのパーツが誤差なく正確に動いてこそ、機械式時計は価値を生みます。したがって、ムーブメントの搬送や保管のためのトレーには徹底した品質管理が求められます。その点、当社は創業から半世紀にわたって工業用トレーの専門メーカーとして数々の製品を手掛け、超精密クラスのレンズ製品や極小の電子部品などの専用トレーで豊富な実績を築いてきました。ムーブメント用トレーについては、トレー表面のキズや割れなどが無いよう徹底した製品管理を行っています。また、真空成形による製造過程では、ムーブメントの形状がお客様のご要望以上に材料シートに忠実に再現出来ているか――などを、品質管理担当者が厳しくチェックします。あわせてトレーがわずかでも薄くなっている箇所はないか、厚みが均一であるか、あるいはトレーが少しでも反っていないか――なども徹底的に検査します。もちろん材料段階からゴミや粘着物質の付着がないかといった製品管理を行っています。こうしてお客様の信頼に応えるムーブメント用トレーをご提供していますので、安心してご用命ください。


高度な真空成形技術で高精密ムーブメントを確実に保護します

精密部品の専用トレーをめぐっては、製品とトレーとの間の隙間、いわゆるクリアランスをいかに抑えられるかが問われます。クリアランスが大きく生じてしまうと、搬送や積み下ろしの際に、内容物がクリアランス内で動いてしまい、場合によっては製品の信頼性に支障を及ぼす可能性があるためです。いくつものパーツが複雑に絡み合うムーブメントであれば、なおさらこのリスクを回避しなければなりません。そのためいわきでは、ムーブメント用トレイを真空成形技術を活用して製造しています。真空成形は設計の自由度が高い上、製品形状を材料シートに忠実に反映できるといった技術的特性があります。当社はこの真空成形技術を創業以来半世紀にわたって磨き上げ、あらゆる製品形状を忠実に再現するノウハウを高めてきました。また、製品への衝撃リスクをあらかじめ想定し、衝撃リスクを最小限に抑える設計も行っています。そのため当社の工業用トレーは、トレーポケットが製品をしっかりと支持するとともに確実に保護する製品として大変高い評価を頂いています。用途も梱包用輸送用納品用保管用工場工程用検査用出荷用と幅広く、多方面のお客様にご利用頂いているところです。


試作後のデザイン変更にも柔軟対応しお客様のご満足を追求します

真空成形は、凸(オス)型または凹(メス)型のいずれかを作れば成形可能という手軽さがあります。また、真空成形は型にかかる圧力が小さいがゆえ、長期にわたって使用出来るため、型には強度や複雑が不要です。長期にわたって金型を使用可能であれば、何千・何万個単位の大量生産が安定化し、納期の短縮にもつながります。また、当社は金型から成形品まで国内自社工場で一貫生産していますから、さらなるコストダウンを実現します。「多品種小ロットなのでコストが心配」といったお悩みにも、自社工場で一貫生産の当社であれば、抜群のコストパフォーマンスを生み出します。ムーブメントという製品特性上、試作をしてみないとトレーとの相性が分からない場合もあるかもしれません。当社は試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応させて頂きますので、どうぞご安心ください。お客様にはぜひ当社のコスト競争力とスピード感、そして確かな技術力をご実感頂ければと思います。お見積りや納品までのスケジュールなどもご案内させて頂きますで、お気軽にお申し付けください。お電話お待ちしています。


徹底管理されたいわきのムーブメント用トレーはここがポイント!

メカニカル製品の代表格ともいえるムーブメント。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 自動巻きや手巻き、クォーツなど様々なムーブメントに対応したトレーです
    自動巻きや手巻き、クォーツ、スプリングドライブの全てに対応。豊富な実績に基づく徹底した品質管理のもと、安心してお使い頂けるオリジナルトレーをご提供します。
  2. トレーポケットが製品をしっかりと保護し衝撃リスクを最小限に軽減します
    真空成形技術を駆使することで、製品形状を材料シートに忠実に再現。あわせて製品に加わる衝撃をあらかじめ想定し、リスクを最小限に軽減する設計で製品を保護します。
  3. 真空成形技術と自社一貫生産により低価格・短納期・柔軟対応を実現します
    国内自社工場で一貫生産の当社であれば、低価格・短納期、そしてお客様のニーズにきめ細かな柔軟対応が可能です。試作後のデザイン変更も可能ですので、ご安心ください。