低価格・高機能のいわきのメカトロニクスパーツ用トレー

いわきのメカトロニクスパーツ用トレーはコントローラ、ドライブ、センサーなどにも対応

機械工学や電気工学、電子工学、情報工学の知識・技術を融合させたメカトロニクスパーツ。現在、メカトロニクスパーツはコントローラー領域やドライブ領域、メカニカル領域、センサー領域、受配電機領域など様々な分野で機能しており、特にファクトリーオートメーション(FA)においては極めて重要な役割を果たしています。FAにおいては与えられた目的に対し、センサー、コントローラー、アクチュエーター、メカニズムをシステムとしていかに構築するかがポイントとなります。アクチュエータとしては各種モーターのみならず、空気圧機器もひんぱんに使われます。メカニズムにはカム、スライダクランク機構などのリンク、ゼネバ、歯車、ベルトなどの機械要素もよく使われ、コントローラーとしてはプログラマブルロジックコントローラー(PLC)がよく使用されます。いわきのメカトロニクスパーツ用トレーは、コントローラー領域やドライブ領域、メカニカル領域、センサー領域、受配電機器領域など幅広い分野のパーツにマッチし、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂けます。


ファームウェア変更仕様などメカトロニクスパーツの特性を踏まえた専用トレー

メカトロニクスパーツは制御の部分を電子回路化し、センサやアクチュエータと組み合わせることによって複雑な動作をスムーズにしたり、機械要素の組み合わせだけでは実現できないような機能を持たせることが可能となります。今日では制御にマイクロプロセッサ(マイコン)を用いることによって自動化や適応制御など、より豊富で便利な機能を実現しています。また、同一の機構であっても電子回路やマイコンプログラム、いわゆるファームウェアの変更で仕様の変更や追加を容易に対応できる利点を持ちます。従来、機械産業とされてきた時計やカメラ、自動車、工作機械など、ほとんどの分野でメカトロニクス化が進んでいるのに加え、ロボット、ハードディスク、CDプレーヤー、自動改札機、ATMなど、メカトロニクスによってはじめて成り立つ分野もあります。こうしたアドバンテージを活かし、メカトロニクスパーツ市場は、2020年以降徐々に回復に向かうとみられ、2022年の市場は2兆995億円に達するとの試算もあります。特にセンサー領域の固定式コードリーダーや受配電機器領域の産業用配線用遮断器や産業用漏電遮断器などが拡大すると見込まれます。いわきは今後も引き続き市場成長が期待されるメカトロニクスパーツの専用オリジナルトレイを低コスト・短納期でご提供します。


基幹技術の真空成型を駆使しつつ金型からの国内一貫生産により低価格とスピーディーな納品

いわきは創業以来の基幹技術であり、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してメカトロニクスパーツ用トレーを製作します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、メカトロニクスパーツは精密機器や知能化製品、マイクロ・ナノ部品、オプト製品、医療・バイオ製品、ネットワーク部品などになどに使用される大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのメカトロニクスパーツ用トレーはここがポイント!

センサ・コンピュータ、いわゆるコントローラや動力源(パワー源)、アクチュエータ、メカニズムを要素とするシステムとして構成されるメカトロニクスパーツ。その市場規模は2020年以降徐々に回復に向かうとみられ、2022年の市場は2兆995億円に達するとの試算もあります。特にセンサー領域の固定式コードリーダーや受配電機器領域の産業用配線用遮断器や産業用漏電遮断器などが拡大すると見込まれます。いわきは成長が期待されるメカトロニクスパーツの専用オリジナルトレーを低コスト・短納期でご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な用途・アプリケーションに対応する専用オリジナルトレーです
    いわきのメカトロニクスパーツ用トレーは、コントローラー領域やドライブ領域、メカニカル領域、センサー領域、受配電機器領域など幅広い分野のパーツにマッチし、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂けます。従来、機械産業とされてきた時計やカメラ、自動車、工作機械など、ほとんどの分野でメカトロニクス化が進んでいるのに加え、ロボット、ハードディスク、CDプレーヤー、自動改札機、ATMなど、メカトロニクスによってはじめて成り立つ分野もあります。当社は成長著しいメカトロニクスパーツの専用オリジナルトレーを低価格・短納期でご提供します。
  2. 設計からの徹底したリスク管理と静電気対策に万全を期しています
    メカトロニクスパーツは精密機器や知能化製品、マイクロ・ナノ部品、オプト製品、医療・バイオ製品、ネットワーク部品などになどに使用される大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、<設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。静電気対策は万全ですので安心してご使用下さい。
  3. 真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現します
    いわきは創業以来、半世紀をかけて磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。自社生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。トレーのみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お電話お待ちしています。

いわきが提供できる、様々なオリジナルの工業用真空成型トレーの種類