高周波無線製品用トレー

いわきの高周波無線製品用トレーは通信・放送などに幅広く対応します

第5世代移動通信システム(5G)の運用が開始されつつある中、高周波無線製品の開発が過熱しています。RF(Radio Frequency)とも呼ばれる高周波無線技術を応用し、移動体通信の基地局、放送、防災、消防無線などに使われる増幅器や減衰器、フィルター、分配器、合成器なども、高周波無線に対応すべく機能強化が図られています。いわきは、これらの増幅器や減衰器、フィルター、分配器、合成器、無線機を含む高周波無線製品・部品の専用トレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


5G向けミリ波帯フェーズドアレイなどの新製品にもご利用可能です

高周波無線製品用トレー

高周波無線機をめぐっては近年、5G向けミリ波帯フェーズドアレイが開発されています。通信速度が10GBbps以上でLTEの1000倍もの大データ容量を誇る5Gでは従来のマイクロ波帯の周波数にあわせてミリ波帯の周波数の利用が計画されています。ミリ波帯の5G無線機ではアレイ状に配置したアンテナへ入出力する高周波信号の位相を制御することにより、アンテナの指向性パターンを制御します。従来は高精度な指向性の制御のために大規模な装置が必要でしたが、指向性パターンを劣化させる要因になっている位相および振幅のばらつきを補償できるコンパクトな回路により無線機とともに集積化できるようになりました。こうした技術動向をふまえ、いわきの高周波無線製品用トレーは、5G向けミリ波帯フェーズドアレイなど新製品にもご利用可能です。一方、電子機器業界の小型化のニーズは高まる一方です。近年開発された無線機はフェーズドアレイに用いられるCMOSチップの省面積化を実現し、5G無線機の小型化・低コスト化をけん引しています。こうした中、専用トレーにはどれほど小さな製品でも扱いやすく作業効率を向上させる工夫が求められます。その点、いわきの高周波無線製品用トレーは、輸送後や工場工程内において小さな部品でも取り出しやすいよう逃げ形状が設計されています。また、製品の大敵となる静電気対策として、いわきは、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています


RoHSやREACHもクリアしお客様のグローバルビジネスをサポートします

高周波無線製品をめぐっては増幅器や減衰器、フィルター、分配器、合成器、テレビ、ラジオといった各種チューナー、無線LAN、1セグなどのカーオーディオチューナー、Bluetooth、Wi-Fiなどの無線受発信技術を用いたスピーカー、ワイヤレスマイク、ハンズフリーフォンワイヤレスなど多岐に渡り、製品形状はもとより、仕様やサイズ、重量なども様々です。いわきは、こうした様々な製品に対応するため、設計の自由度の高い真空成型技術を活用しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、近年はRoHS(Restriction of Hazardous Substances)指令に対応した高周波無線製品が増加しています。当社は環境への取り組みとして、RoHSに加えREACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of CHemicals)といった欧州の厳格な環境指令をクリアしています。一方、電波や音波製品は大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはお客様のご利用環境をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。また、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。

いわきの高周波無線製品用トレーはここがポイント!

高周波無線技術をバックボーンとした減衰器やフィルター、切替器などの高周波デバイス。5G(第5世代移動通信システム)の本格的な運用を前に、その製品開発が過熱しています。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の高周波無線製品専用トレーをご提供し、製品の信頼性を保護します。オリジナルトレイのおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々なサイズや形状、仕様を持つ製品に幅広く対応します
    増幅器や減衰器、フィルター、分配器、合成器、テレビ、ラジオといった各種チューナー、無線LAN、1セグなどのカーオーディオチューナー、Bluetooth、Wi-Fiなどの無線受発信技術を用いたスピーカー、ワイヤレスマイク、ハンズフリーフォンワイヤレスなど、高周波無線製品をめぐっては、製品形状はもとより、仕様やサイズ、重量なども多種多様です。いわきは、こうした様々な製品に対応するため、設計の自由度の高い真空成型技術を活用し、個々の製品に最適な専用トレーをご提供します。
  2. 小型部品でも逃げ形状により、高い作業性を実現します
    電子機器業界の小型化のニーズは高まる一方で、近年開発された無線機はフェーズドアレイに用いられるCMOSチップの省面積化を実現し、5G無線機の小型化・低コスト化をけん引しています。こうした中、専用トレーには小さな内容物でも扱いやすく作業効率を向上させる工夫が求められます。その点、いわきの高周波無線製品用トレーは、輸送後や工場工程内において小さな部品でも取り出しやすいよう逃げ形状が設計されています。お客様からは「小さな部品でも取り出しやすい」などのお声を頂いています。
  3. 真空成型が低価格・短納期と製品保護を実現します
    真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現。自社一貫生産の当社であれば、何千・何万個単位の大量生産はもとより、試作程度の小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。また、製品とトレーとの隙間であるクリアランスを最小限に抑えた設計により、トレーポケットが輸送や運搬の際に発生するガタなどの衝撃を緩和するとともにクラックなどのリスクから製品を保護します。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。お電話お待ちしています。