新製品にもマッチするいわきのジャイロセンサー用トレー

いわきのジャイロセンサー用トレーはカメラやカーナビ、スマホなど様々な機器製品に最適

回転角速度の測定を実現する慣性センサーの一種であるジャイロセンサー。動きを検知する慣性センサーの代表格として、加速度センサーがよく知られていますが、ジャイロセンサーは加速度センサーでは反応しない回転の動きを測定します。近年ではジャイロセンサーも電子機器に一般的に搭載されるようになりました。一例を挙げると、スマートフォンやゲーム機器においては手持ち機器のUIとして利用されているほか、デジタルカメラでは手ブレ補正用のブレ検知、カーナビゲーションシステムでは、車が曲がったことを検出する機能などで利用されています。また、車載グレードに対応したジャイロセンサーであれば、安全走行支援として横すべり検知やエアバッグの作動用として横転検知にも使われます。いわきのジャイロセンサー用トレーは、カメラの手ブレ補正やカーナビゲーション、スマートフォン、タブレットPC、ロボット、ドローンなど様々な機器やデバイス、アプリケーションに搭載されるジャイロセンサーに最適です。搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途でお使い頂けます。


振動式や地磁気式、光学式、機械式などあらゆる製品仕様にご利用な専用トレー

ジャイロセンサーは、回転を検知する方式により、いくつかの種類に分類することができます。近年、最も一般的に民生機器に搭載されているのは、ICタイプのMEMS(Micro Electro Mechanical System)技術を使った振動式ジャイロセンサーです。MEMS技術を利用した慣性センサーはその名のとおり、機械的な動きをする素子と、その信号を処理する電子回路を組み合わせた技術でセンサーを構成し、動きを検知します。振動式ジャイロセンサーの中には、シリコンを使う静電容量方式と、水晶や他の圧電材料を使うピエゾ方式の種類があります。ジャイロセンサーの用途のひとつであるスマートフォンやゲーム機といったアプリケーションでは、3軸における回転を1つのICで検知できる製品が利用されています。振動式ジャイロセンサー以外の種別としては、地磁気式、光学式、機械式などがあります。いわきのジャイロセンサー用トレーは振動式をはじめ、地磁気式、光学式、機械式のいずれにも対応し、幅広い製品にお使い頂けます。半導体技術の進化により、ジャイロセンサーは小型化やコストダウンが進み、様々なアプリケーションで一般的に用いられるデバイスとなりました。多くの場合、加速度センサーとセットで用いられることから、現在は加速度センサーとジャイロセンサーを同じパッケージで提供するいわゆる 6軸品の製品も既に複数のメーカーから提供されています。また、機器の小型化に伴い、デバイスのさらなる小型化や、さらなる統合化、たとえば加速度センサー、ジャイロセンサーに加え、地磁気センサーまで一体化した9軸品の製品などを実現した製品も開発が進んでいます。今後はウェアラブル系の電子機器やロボット系の姿勢制御などの分野でも採用が拡大していくよう、小型化、低消費電力化、特性のさらなる向上といったキーワードを軸に新しい世代のジャイロセンサーの開発が進んでいくことが予想されます。いわきはジャイロセンサーの開発トレンドをふまえつつ、6軸品や9軸品といった新製品にも最適なオリジナルトレーをご提案します。


自動車、フロー、湿度、ピエゾ、位置、圧力、温度、トルク、超音波など各種センサー用トレーで豊富な実績

いわきは工業用トレーの専門メーカーとして半世紀の実績があり、この間、様々な各種センサー用トレーを手掛けてきました。自動車、フロー、湿度、ピエゾ、位置、圧力、温度、トルク、超音波など各種用途に応じた製品に最適な工業用オリジナルトレーで豊富な実績があります。当社は創業以来の基幹技術であり、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してジャイロセンサー用トレーを製作します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、ジャイロセンサーはスマートフォンやデジタルカメラなどに使用される大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのジャイロセンサー用トレーはここがポイント!

物体の角度や姿勢、角速度あるいは角加速度を検出する計測器・装置であるジャイロセンサー。小型化や低消費電力化が進んだ結果、従来のデジタルカメラやスマホなどに加え、ドローンなどにも搭載され、機器や装置、デバイス、アプリケーションが増大しています。いわきは需要が拡大するジャイロセンサーの専用オリジナルトレーを低コスト・短納期でご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な用途やアプリケーション、新製品に対応する専用オリジナルトレーです
    いわきのジャイロセンサー用トレーは、カメラの手ブレ補正やカーナビゲーション、スマートフォン、タブレットPC、ロボット、ドローンなど様々な機器やデバイス、アプリケーションに搭載されるジャイロセンサーに最適です。また、振動式をはじめ、地磁気式、光学式、機械式のいずれにも対応し、幅広い製品にお使い頂けます。あわせて当社は小型化、低消費電力化、特性のさらなる向上といったジャイロセンサーの開発キーワードをふまえつつ、すでに複数のメーカーが開発している6軸品や、今後の9軸品といった新製品にも最適なオリジナルトレーをご提案します。
  2. 設計段階からの徹底したリスク管理と静電気対策に万全を期しています
    ジャイロセンサーはやデジタルカメラやスマートフォン、PCなどに使用される大変デリケートな部品であり、製品の動作信頼性が問われます。また、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、<設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。さらには材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意し、静電気対策に万全を期しています。
  3. 真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現します
    いわきは創業以来、半世紀をかけて磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。自社生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。お電話お待ちしています。

いわきが提供できる、様々なオリジナルの工業用真空成型トレーの種類