部品収納用トレー

高い技術でお客様の製品に最適化するいわきの部品収納用トレー

いわきの部品収納用トレーは、自動車部品や精密部品、電子部品などの梱包用輸送用納品用保管用トレーとして多くのお客様にご利用頂いています。近年、お客様のご要望は一段と多様化かつ高度化しています。一例を挙げると「積み上げた時、上下を反転させてもぴったり重なるトレーが欲しい」「下トレーの内容物と上トレーが触れないようにして欲しい」など、お客様のご要望は実にさまざまです。こうした高度なニーズに当社が応えられるのは、一言でいえば「長年蓄積してきた技術があるから」と自負しています。その技術とは、当社が創業以来、磨いてきた真空成形です。当社はこの真空成形技術を駆使するとともに、金型から自社一貫生産というスタイルを貫くことで、自由度の高いデザインを実現しています。また、当社の部品収納用トレーは、緑や黒などの色付けも可能です。したがって製品ごとに色で分けられるため、お客様からは「一目で判別できるようになった」「管理がしやすくなった」などのお声を頂いています。


いわきの部品収納用トレーはいっそうのコストダウンを実現

真空成形は、技術的な特性により、凸(オス)型または凹(メス)型のいずれかを作れば成形出来るため、金型の製作期間を短縮出来るメリットがあります。成形品の試作がしやすい上、金型にかかる圧力も抑えられるため、一度作った金型は長期間にわたってメンテナンスが不要です。結果として何千・何万個単位の大量生産も安定化します。もっとも真空成形は、ロット数を問わないメリットがありますので、小ロットにも柔軟に対応いたします。また、実際に試作をしてからご希望に合わせてのカスタマイズも可能で、たとえば切り欠き位置や多少のポケット寸法の変更などもお気軽にお申し付けください。コストについても真空成形は射出成形と比べ低価格であり、製品サイズが大きくなるほど割安になります。高額な金型費用でお悩みの皆様、当社の真空成形のコストパフォーマンスを是非ご実感ください。


半世紀のノウハウで小ロットにも柔軟対応するいわきの部品収納用トレー

お客様からのご要望にいかにスピーディーに、かつ低コストで応えられるかが問われるこの時代。当社は半世紀をかけて培ってきた技術とノウハウで、お客様のビジネスを後押しします。多品種小ロットにも柔軟に対応させて頂きますので、まずはお気軽にお客様のご要望をお聞かせください。実績豊富なスタッフが必ずやお客様にご満足いただけるトレーをご提案いたします。お見積りや納品までのスケジュールなどもあわせてご案内申し上げます。お客様の大切な製品は、当社のトレーにお任せください。


いわきは内容物に上トレーが触れない製品などもご提供します

お客様のあらゆる製品に対応するいわきの部品収納用トレー。おすすめポイントは次の3つです。

部品収納用トレー

  1. 社内一貫生産のため短納期を実現します
    当社では金型の企画・設計・製造から成形までのすべてを国内の自社工場で行っているため、他社に先駆けて製品をご提供いたします。
  2. お客様の製品の形状や使い勝手に最適化します
    「製品に上トレーが触れないようにして欲しい」「上下を逆にしてもぴったり重なるトレーが欲しい」。高い真空成形技術を持つ当社であれば、お客様のさまざまなご要望にお応えします。
  3. 試作後のカスタマイズも対応させて頂きます
    いかに考え抜いた設計でも、試作後に変更したい点はどうしても出てきます。自社一貫生産の当社であれば試作後のカスタマイズにも柔軟に対応させて頂きます。