耐衝撃性トレー

輸送時や工程間に生じる衝撃からお守り致します

これまでお客様が求めているものを的確にとらえ、高品質高付加価値なトレーを数多くお届けしてまいりました。今までの経験とノウハウを活かし、企画・設計から金型製作・成形までいわきでは真空成形トレーを利用して光学用電子部品用精密機器用注射器用車載部品用など、あらゆるジャンル耐衝撃性トレーを製造しています。


いわきの耐衝撃性トレーの特徴

いわきの耐衝撃性トレーは、企画・設計・金型製作・トレー製造まで社内一貫生産体制を行っております。いわきでは真空成形を主に駆使し耐衝撃性トレーを製造しており、真空成形は射出成型と比べると金型が低コストで製品サイズが大きくなるほど割安になり、部分的なデザイン変更が容易で、切り欠き位置のや多少のポケット寸法(内寸)の変更が可能です。またいわきは高品質な製品致します。耐衝撃性トレーの成型不良の防止や異物などの混入など未然に防ぎお客様にご提供しており国際標準化機構(ISO)の「ISO12001:2004」と「ISO9001:2008」を認証取得しております。


いわきが使用する耐衝撃性トレーの材料

いわきではお客様の製品に適している材料を使用したプラスチックトレーをご提案しております。例えば耐油性を持った材料や、衝撃吸収に優れた材料、静電気対策の材料などです。いわきの真空成形材料は様々な種類がございますが、いわきでは主にA-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます使用させていただいております。また、PMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂、アクリル)シート、Hi-PE(耐衝撃ポリエチレン)シート、AES(アクリロニトリル・エチレン-プロピレン-ジエン・スチレン)シート、PQ-ACE(低発泡ポリエチレンシートと高発泡ポリエチレンシートの複合体)シート、PPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などの材料もご案内しております。

材料の特性では3種類のグレードをご用意させていただいております。安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として材料の表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。


いわきの耐衝撃性トレーのオススメのポイント

  1. 多くの製品を梱包いたします
    効率よく製品をを運搬するためには、1度に多く製品を運べなければなりません。そのため耐衝撃性トレーには、少しでも多くの製品をを収納できるような工夫がされています。これにより、製品の安全性を保ちつつ、より低コストでスピーディーに運搬することが可能となります。
  2. お客様の製品を保護する工夫がございます
    いくらたくさんの製品を運べたとしても、そのほとんどが損傷あるいは破損していては意味がありません。製品の保護を再優先に考えつつ、そのうえで運搬効率も考えてさせております。
  3. 落下時などのトラブルにも対応しております
    運送時には、さまざまなトラブルが想定されます。例えば、積み下ろし時に製品が入った状態でトレーごと落下したと想定します。そうした事態についてもあらかじめ想定しておき、製品に与える衝撃をなるべく少なくするよう設計されています。