ハーネス用トレー

いわきのハーネス用トレーはワイヤーやアルミ、パイプなど各種製品に対応

電力や信号を接続先に伝送するという重要な役割を果たすハーネス。いわきはその専用トレーを製造しており、梱包用輸送用納品用保管用工場工程用検査用出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご利用頂いています。当社のハーネス用トレーは、バッテリーからモーターなどに高い電圧を安全・確実に供給する高電圧ワイヤーハーネスや高強度アルミハーネス、パイプハーネスなどをはじめ、FA機器や家電、OA機器、医療、通信、アミューズメント機器など様々な製品に使用されるハーネスに適宜対応します。工業用トレーの専門メーカーである当社は、規格品や汎用トレーも豊富に取り揃えていますが、たとえばワイヤーハーネスは、主に電線、ケーブル、端子、コネクター、外装品(チューブなど)などで構成され、特に製品の信頼性に直結するコネクター部分は、確実な保護が不可欠となりますので、当社の専用オリジナルトレーのご利用をおすすめします。


需要拡大中のハーネスには、専用トレーをぜひご利用ください

ハーネス用トレー

ハーネスに限らず、自動車に搭載される部品をめぐっては、さらなる軽量化が求められています。ハーネスにおいても電線素材の銅からアルミへの代替、電装品や回路の統合化、ワイヤレス化など様々な研究開発が行われていますが、そうした中にあってもハーネスの自動車搭載量は増加しているのが現状です。また、ハーネスの圧着工程は、ハンドツールによる専用手工具が引き続き多く使われている一方、効率化を図るため機械化も進んでいます。特に圧着作業を機械化した半自動圧着機や全自動圧着機が拡大しており、端子の種類によって専用のアプリケータと呼ばれる圧着部の機械を交換することにより多種類の端子を圧着することが可能です。このように多機能なハーネスは今後もさらなる需要が期待されており、その専用トレーの重要性も一段と高まっています。お客様の製品の信頼性を確保するためにも、当社の専用トレーをぜひご利用ください。


高度な技術とノウハウで高精度・高品質な専用トレーをご提供します

いわきのハーネス用トレーは主にPP(ポリプロピレン)材を使って成形されますが、その際、特に当社が注意しているのが収縮による曲がりです。PP材はその性質上、成型時に多少の収縮が発生しますが、当社は創業以来、半世紀をかけてこの収縮を最小限にとどめるノウハウに加え、高度な抜きの技術を確立したことにより、高精度・高品質な工業用トレーを寸分の誤差なく量産可能としました。お客様からは「どのような製品でもぴったり収まる」「製品をしっかり保護してくれるので安心して使える」などご好評を頂いています。また、当社の工業用トレーはお客様がお使いの自動機に対応しますので、作業効率をこれまで以上に高めます。当社は高い技術とノウハウでお客様のビジネス拡大に貢献します。


金型から国内自社工場で一貫生産、だから低コストでスピーディー

いわきは真空成形と呼ばれる技術を活用してハーネス用トレーを成型します。ハーネスは形状が一様ではありませんので、そのトレーにもそれぞれの製品に応じたトレーポケットが求められます。その点、真空成形は設計の自由度が高く、お客様の製品形状を材料シートに忠実に再現可能といった技術的特性があります。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。お客様に心から納得して頂ける専用トレーをご提供します。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄までフットワーク軽くお伺いします。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


高信頼のいわきのハーネス用トレーはここがポイント!

電力や信号を伝送するハーネスは幅広い機器や装置で重要な役割を担っています。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. ワイヤーやアルミ、パイプなどあらゆるハーネスに対応した専用トレーです
    いわきのハーネス用トレーは、高電圧ワイヤーハーネスや高強度アルミハーネス、パイプハーネスなど様々なハーネスに適応します。また、FA機器や家電、OA機器、医療、通信、アミューズメント機器など幅広い用途に対応した専用トレーです。
  2. 半世紀をかけて培ったノウハウにより収縮による誤差を最小限に軽減します
    材料となるPP(ポリプロピレン)材の収縮を長年のノウハウで最小限に抑えるとともに、高度な抜きの技術で高精度・高品質な専用トレーを寸分の誤差なく量産可能としました。「製品がぴったり収まる」と多くのお客様にご好評頂いています。
  3. 金型から成形品まで国内自社工場で一貫生産、低価格・短納期を実現します
    真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します。自社生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。お客様に納得して頂けるオリジナルトレーをご提供します。