フラッシュメモリ用トレー

いわきのフラッシュメモリ用トレーはNAND型とNOR型双方にご利用頂けます

パソコンやスマートフォン、タブレット、ビデオカメラ、USBメモリ、自動車、冷蔵庫、電子レンジ、腕時計、ゲーム機など私たちの身の周りのあらゆる機器・製品に使用されるフラッシュメモリ。FET(電界効果トランジスタ:Field effect transistor)でホットエレクトロンを浮遊ゲートに注入してデータ記録を行う不揮発性メモリとして、フラッシュメモリは現代のビジネスシーンや生活に欠かせないデバイスとなっています。特にノートPCには機器の小型化および軽量化、省電力化、衝撃に対する強さが要求されます。フラッシュメモリはハードディスクと比較してこれらの要素で優れており、さらに物理的な動作がないので静音化をサポート、また高速にアクセスできるという利点も持っています。いわきはフラッシュメモリ用トレイを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


パソコンやスマホ、デジカメ、クルマなど向け製品を保護する専用トレー

よく知られるとおり、フラッシュメモリはNAND型とNOR型に分類されます。NAND型フラッシュメモリはNOR型と比べて回路規模が小さく、安価に大容量化が可能です。また、書き込みや消去も高速ですが、バイト単位の書き替え動作には優れません。従来のフロッピーディスクに代わるPC用のUSBメモリやソリッドステートドライブ(SSD)、デジタルカメラ用のメモリーカード、携帯音楽プレーヤー、携帯電話などの記憶装置として使用されています。一方、NOR型フラッシュメモリはNAND型フラッシュメモリとは異なり、データの読み出しにおいて、RAMと同様にアドレス指定によるアクセスができ、コードをRAMにコピーすることなく直接実行(execute in place)することが可能です。用途として、マイコンをはじめ、高い信頼性が求められるルーター、プリンター、デジタルカメラ、GPS、車載機器、携帯電話やPDAなど、どれもハードディスクが使用できない環境でファームウェアの格納などに使われます。読み出し速度、ランダムアクセスが高速な一方、NAND型に比べ、集積度が劣る、書き込みが遅いなどの欠点が挙げられます。いわきのフラッシュメモリ用トレーは、NAND型とNOR型のいずれにもお使い頂ける専用オリジナルトレーで、製品の記憶機能など諸機能を保護します。


USB、SDカード、メモリースティックなどの専用トレーもご提案します

一般的にNOR型はSRAMインターフェース (搭載bit数が増えるとアドレスバス幅が増えていく)、NAND型はDRAMインターフェース (アドレスを複数回に時間分解するマルチプレクスを行う)です。いわきのフラッシュメモリ用トレイは、SRAMとDRAMの異なるインターフェイスにも対応した専用オリジナルトレイです。また、NAND型で補助記憶装置としてパッケージ化されている商品・製品は多岐に渡ります。いわきはUSBメモリ、メモリーカード、SDメモリーカード、メモリースティック、スマートメディア、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、ソリッドステートドライブなどの専用トレーもご提案いたします。また、同じ半導体チップで構成するDRAM(Dynamic Random Access Memory / Dynamic RAM)やSRAM(Static Random Access Memory)向け専用オリジナルトレーもご提供しますので、ぜひお問合せください。


材料シートにカーボンや導電フィルムを用い、データ損失リスクを軽減します

いわきは工業用トレーの専門メーカーとして半世紀の実績があり、この間、USBメモリやSDメモリーカードなど、様々な記憶・記録メディアやデバイスの専用トレーを製造してきました。フラッシュメモリなどの記録メディアの大敵ともいるのが静電気であり、データ損失のリスクを軽減するためには、専用トレーにも特別な仕様、機能、ノウハウが必要です。その点、いわきは、静電気対策として、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。成形には、設計の自由度の高い真空成型技術を活用するとともに、金型からの自社工場一貫生産により、低コスト・短納期を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで全国どこへでも伺います。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのフラッシュメモリ用トレーはここがポイント!

電源を切ってもデータが消えないことや、ブロック単位で消去・書き込みができるという特徴を持つことから、ネットワーク機器のファームウェアを保存するためのROMや、携帯電話やデジタルカメラ用のメディアとして利用されるフラッシュメモリ。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 異なる製品仕様、インターフェイスに対応した専用トレーです
    いわきのフラッシュメモリ用トレーは、NAND型とNOR型のいずれにもお使い頂ける専用オリジナルトレーです。また、NOR型のSRAMインターフェース、NAND型のDRAMインターフェースといった異なるインターフェイスに対応し、記憶・記録機能など製品の諸機能を保護します。
  2. 高いノウハウで静電気によるデータ損失リスクを軽減します
    静電気などによるデータ損失のリスクを軽減するためには、専用トレーにも特別な仕様、機能、ノウハウが必要です。いわきは、静電気対策として、材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。安心してご利用ください。
  3. 金型からの自社一貫生産により低価格・短納期でご提供します
    いわきは半世紀をかけて磨き上げた真空成型技術を活用するとともに、金型からの自社工場一貫生産により、低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などのご要望にも柔軟にお応えします。ぜひお問合せください。