ESDサプレッサー用トレー

いわきのESDサプレッサー用トレーはUSB、HDMIなど各種製品に対応

人体と電子機器など帯電した物体同士が接触すると静電気の放電が発生します。この現象をESD(Electro-Static Discharge)と呼びます。人体から発生するESDは数千Vの高電圧であり、この高電圧パルスが電子機器内に侵入し、IC回路の誤作動や場合によっては破壊を招きます。このように電子機器内部に侵入したESDから製品やシステムを保護するためには、ESDの抑制や除去を行う対策部品が必要です。そのひとつであるESDサプレッサーは、印加電圧が素子のトリガー電圧を超えると素子内部でギャップ放電しESDを抑制するメカニズムで製品やシステムを保護します。いわきはESDサプレッサの専用オリジナルトレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様のニーズにお応えします。


ツェナーダイオード、積層チップバリスタ、コンデンサ用トレーもご提案

ESD対策はヒトや様々なモノが触れるすべての箇所で設置が必要となります。たとえばUSB2.0、USB3.0、出力端子、LANなど、ユーザーがコネクタを抜き差しする箇所や電気製品の操作ボタン、製造工程で機器が基板に接触する場合や基板と基板をコネクタで接続する場合などです。いわきのESDサプレッサー用トレーはUSB2.0、USB3.0、IEEE1394、HDMI、DVIなどの出力端子、LANなど、ユーザーがコネクタを抜き差しするあらゆる箇所に対応した専用トオリジナルトレーです。また、保護部品はESDサプレッサ以外に、大きく分けてツェナーダイオード(TVSダイオード)、積層チップバリスタ、積層チップコンデンサにわかれます。挿入される静電容量に制限がない場合、積層チップコンデンサがよく使用されます。ただ、積層チップコンデンサは静電容量が大きいほど静電気吸収能力が高いため、より大きな静電容量の部品が選ばれます。しかし、エンドユーザーの設計変更で、より通信速度が速いICへの切り替えなどが行われると大きな静電容量の影響により信号がなまってしまう場合があります。これを改善するために、静電容量が小さい積層チップコンデンサに切り替えた場合、静電気対策が十分でなくなってしまう可能性があります。こうした製品の特性や効果を見極め、保護する対象製品に最適な保護部品を選択する必要があります。いわきはESDサプレッサをはじめ、ツェナーダイオード(TVSダイオード)、積層チップバリスタ、積層チップコンデンサといった各種保護部品用トレイでも豊富な実績があり、個々の保護製品に最適な専用トレーでお客様の装置やシステムをESDから保護します。


真空成型を駆使しつつ金型からの自社一貫生産により低コスト・短納期を実現します

いわきのESDサプレッサー用トレーは、内容物の性質上、トレイの素材にも徹底した静電気対策を講じています。一例として材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。当社は創業以来の基幹技術であり、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してESDサプレッサ用トレーを製作しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、ESDサプレッサーは製品の信頼性が問われる大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのESDサプレッサー用トレーはここがポイント!

ICや電子部品を保護するために回路上に設置され、スイッチやヘッドフォンジャックなどから侵入する静電気からICや周辺電子部品を保護するESDサプレッサー。いわきは低価格かつ短納期で専用トレーご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. あらゆる製品形状、サイズ、仕様に適応した専用オリジナルトレーです
    いわきのESDサプレッサー用トレーはUSB2.0、USB3.0、IEEE1394、HDMI、DVIなどの出力端子、LANなど、ユーザーがコネクタを抜き差しするあらゆる箇所に対応した専用トオリジナルトレーです。また、保護部品はESDサプレッサ以外に、大きく分けてツェナーダイオード(TVSダイオード)、積層チップバリスタ、積層チップコンデンサにわかれます。いわきはESDサプレッサをはじめ、ツェナーダイオード(TVSダイオード)、積層チップバリスタ、積層チップコンデンサといった各種保護部品用トレイでも豊富な実績があり、個々の保護製品に最適な専用トレーでお客様の装置やシステムをESDから保護します。
  2. 最適なトレーポケットが破損や衝撃リスクを軽減し諸機能を保護します
    ESDサプレッサーは製品の信頼性が問われる大変デリケートな部品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。トレイの素材にも徹底した静電気対策を講じています。一例として材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。安心してご使用ください。
  3. 国内自社工場での一貫生産体制により低価格・短納期を実現します
    いわきは真空成形技術を活用しつつ、金型から成形品に至るまで国内自社工場で自社一貫生産しています。他社を上回る低コストとスピーディーな納品でお客様の満足度を追求します。また、自社一貫生産の当社であれば、大量生産では抜群のコストパフォーマンスを生み出す一方、試作レベルの数個程度の小ロットのご注文でも割安でお応えします。試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。成形品のみならず、当社は金型においても半世紀のノウハウと実績がありますので、何でもご相談ください。お客様のコストダウンをサポートします。お問合せ頂ければ、お見積りや納品までのスケジュールなど素早くご案内申し上げます。お電話お待ちしています。