射出成形部品用トレー

小ロット・多品種にも対応するいわきの射出成形部品用トレー

射出成形部品用トレー

いわきの射出成形部品用トレーは、梱包用輸送用納品用保管用など幅広い用途で多くのお客様にご利用頂いています。当社製品が高く評価されている最大のポイントは、お客様の射出成型部品の形状や用途に最適なトレーである点です。それを可能にしているのが、金型から自社一貫生産という当社のこだわりです。金型から国内の自社工場で企画・設計・製造しているため、お客様の製品に合わせた自由度の高いデザインが可能となります。これまでの一例を挙げると、積み上げた時、方向を反転させてもぴったり重なるトレーや、お客様の内容物と上トレーが触れないための加工が施されたトレーなど、お客様の具体的なニーズに合わせた製品を多数ご提供してきました。


熟練のスタッフがご要望を詳しくヒアリングいたします

当社ではお打合わせの段階から経験豊富なスタッフがお客様のご要望を詳しくヒアリングいたしますから、何でもお気軽にお申し付けください。もちろん完成後もお客様の使い勝手を最大限考慮して形状を変更する事も出来ます。お客様が便利と感じて頂ける製品をご提供する事こそが、当社の使命です。


コストパフォーマンス抜群のいわきの射出成形部品用トレー

いわきは真空成形技術を活用し、射出成形部品用トレーを製造しています。真空成形のメリットはいくつもあります。たとえば、凸(オス)型または凹(メス)型のいずれかを作れば成形出来る、という手軽さが挙げられます。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、型には複雑な構造や強度は不要です。そのため一度金型を作れば長期間にわたって使用可能です。長期にわたって金型を使用出来るという事は、何千・何万個単位の大量生産でも安定的に継続出来るという事です。同時に納期の短縮にもつながります。そして何より、金型にかかるもろもろのコストを削減出来るのは、真空成形の大きなメリットと言えるでしょう。加えて前述したとおり、当社は金型から国内の自社工場で製造していますから、さらなるコストダウンが可能です。「多品種小ロットなのでコストが心配」というお客様もおられますが、自社一貫生産の当社であれば、抜群のコストパフォーマンスを生み出します。数個レベルの試作も安心してお任せください。当社は50年にわたってこの真空成形の研究を重ねながら製品の改善を図ってまいりました。その歴史は、お客様の製品を確実に保護し、いかに効率的に収納出来るかを考え続けた半世紀でした。50年をかけて培った技術とノウハウをお客様に還元いたしますので、まずはお気軽にお電話ください。お見積りや納品までのスケジュールなども喜んでご案内させて頂きます。


いわきの射出成形部品用トレーは完成後も調整が可能です

お客様のニーズを確実に満たすいわきの射出成形部品用トレー。おすすめポイントは次の3つです。

  1. コストダウン、短納期をサポートします
    長期間にわたって使用出来る金型を国内の自社工場で一貫生産。そのため、金型にかかるもろもろのコスト削減に加え、短納期で製品をご提供します。
  2. それぞれの製品に最適な金型を製造します
    当社の金型はお客様の製品の形状や使い勝手を最大限考慮して製造されます。完成後のトレーの形状の変更も可能です。
  3. 多品種小ロットにも柔軟に対応します
    どうしても割高となる多品種小ロットにも、金型から自社一貫生産の当社であれば柔軟に対応します。数個レベルの試作でも割安と感じて頂けるはずです。