銅張積層板用トレー

いわきの銅張積層板用トレーはハロゲンフリータイプなど新製品に対応します

パソコンやスマートフォン、デジタルカメラ、家電など様々な電子機器や情報通信機器に使用されるプリント配線板。そのベースにある板状の部分が銅張積層板(Copper Clad Laminate:CCL)です。この銅張積層板を利用してプリント配線板や半導体パッケージなどの電子部品が製造されています。銅張積層板は電気を通さない基板の表面に銅箔を貼り、積層した材料であり、身の周りの様々なモノに搭載されています。いわきは銅張積層板の専用オリジナルトレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


紙やガラス布・不織布など基材を限定せず幅広い製品にご利用可能です

銅張積層板の各種基材構造は、紙(クラフト紙)、ガラス布、ガラス不織布に大別されます。いわきのCCL用トレーは紙、ガラス布、ガラス不織布のいずれの基材にも対応し、幅広い製品にご利用可能です。また、CCLには、樹脂含浸性、電気絶縁性、誘電特性、機械特性、耐熱性、寸法安定性、打ち抜き加工性など様々な性能が求められます。いわきの工業用専用トレイは、製品形状に最適なトレーポケットを持ち、内容物の諸機能を保護します。CCLをめぐっては製品の改善が加速し、高い耐熱性による信頼性の向上に加え、低熱膨張率や高弾性により、“そり”や“たわみ”が低減され、電子機器の高機能化や薄型化に大きく貢献する製品が拡大しています。また、銅張積層板には部品をはんだ付けするために耐熱性が要求されますが、この耐熱性は一般的にはハロゲン化合物の添加物などを加えることによって確保されていました。しかし、ハロゲンは環境への負荷がかかることから、メーカーによってはフィラー処理技術と樹脂配合を組み合わせることにより、溶解温度の高い鉛フリーはんだにも対応可能なハロゲンフリータイプなどが登場しています。いわきのCCL用トレーは、ハロゲンフリータイプなど各種新製品に対応します。また、当社は、ガラスクロスや紙などの基材に調整された樹脂ワニスを含浸させ、乾燥処理した半硬化状態のシート、いわゆるプリプレグ(PP)用トレイもご提案します。銅張積層板用トレーとあわせてぜひ、ご用命ください。


電気絶縁性や誘電特性などCCLの諸機能を保護する専用オリジナルトレー

銅張積層板やプリプレグの用途は年々拡大しています。民生機器分野ではPC用各種基板、デジタル家電製品、チップLED、自動車電装用基板、ゲーム機、産業機器分野では交換機用基板、(通信)伝送用基板、制御機器用基板、半導体テスターなど、電子部品分野では半導体用サブストレート、モジュール基板など、様々なフィールドで機能しています。いわきは設計の自由度の高い真空成型を活用して銅張積層板用トレーを製造しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、銅張積層板は電気絶縁性や誘電特性が求められます。その対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。また、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきの銅張積層板用トレーはここがポイント!

PC用各種基板、デジタル家電製品、チップLED、自動車電装用基板、ゲーム機、交換機用基板、(通信)伝送用基板、制御機器用基板、半導体テスター、半導体用サブストレート、モジュール基板など、様々なフィールドで機能する銅張積層板。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 開発トレンドをふまえ、新製品にも対応した専用トレーをご提供します
    銅張積層板をめぐっては、フィラー処理技術と樹脂配合を組み合わせることにより、溶解温度の高い鉛フリーはんだにも対応可能なハロゲンフリータイプなどが登場しています。いわきはこうした開発トレンドをふまえ、ハロゲンフリータイプなど各種新製品に対応した専用トレイをご提供します。また、当社は、ガラスクロスや紙などの基材に調整された樹脂ワニスを含浸させ、乾燥処理した半硬化状態のシート、いわゆるプリプレグ(PP)用トレイもご提案します。銅張積層板用トレーとあわせてぜひ、ご用命ください。
  2. 民生品はもとより高度な産業機器に使用される銅張積層板を保護します
    PC用各種基板やチップLED、交換機用基板、半導体用サブストレート、モジュール基板など、銅張積層板は民生品はもとより、高度な産業機器など幅広い分野で使用されます。必然的に製品には高い電気絶縁性や誘電特性が求められます。その対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。安心してご利用ください。
  3. 自社一貫生産により低価格と短納期、そして柔軟対応で満足度を追求します
    真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現。国内自社工場で一貫生産の当社であれば、大量生産だけでなく、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟な対応が可能です。また、材料段階からの徹底した品質管理により、銅張積層板の表面のキズはもとより、異物の付着・混入、破損など、あらゆるリスクを大幅に軽減します。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。トレイのみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お電話お待ちしています。