DIMM用トレー

いわきのDIMM用トレーはUnbufferedからFully Bufferedまで対応します

複数のDRAMチップを基板上に搭載したメモリモジュールとしてコンピューターの主記憶に用いられるDIMM(Dual Line Memory Module)。端子は両面の同じ位置に実装されており、かつてよく利用されていたSIMM(Signal Inline Memory Module)は、両面の端子が同じ信号を入出力していましたが、DIMMではそれぞれが異なる信号の入出力が可能となります。一般的にPC用は64bitのDIMMが使用されますが、高信頼性が求められるサーバーではECC 8bitを付加した72bitデータのDIMMが使用されています。いわきは、コンピューターのメインメモリーなどに利用されるDIMMの専用トレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


少ない100ピンはじめ260ピンの高密度製品も利用可能な専用トレー

DIMMの形態は、Unbuffered DIMM、Buffered DIMM、Fully Buffered DIMMに分類されます。これらはインターフェイスが異なり、規格上の互換性はありません。Unbuffered DIMMは、チップセットからのアドレス、制御、データ信号が直接DIMM基板上のSDRAMチップに分配接続されたものです。アドレスと制御信号が接続されている全モジュール上の全てのSDRAMチップに分配されるため、駆動側の電流負荷が大きくなります。1つのチャンネルに多数接続は出来ませんが、他の2つの規格に比べると伝送路の途中に介在物が無い事から実効転送速度に優れ、コストパフォーマンスも高いといえます。Buffered DIMM はアドレス信号と制御信号をDIMM基板上のレジスタード・バッファ(Registered buffer)と呼ばれるICでいったん受けて整形増幅してから、それぞれのSDRAMチップに分配するDIMM規格で、データ信号はバッファされません。バッファの存在により、アドレス信号線と制御信号線の電気的負荷は1モジュール当たり1ICだけの負荷となり、1つのチャンネル当たり多くのモジュールが接続可能となります。この規格は、数GBから数10GBといった主記憶容量を必要とするサーバに適しており、広く利用されています。Fully Buffered DIMM は、アドレス、データ、制御信号の全てをいったんDIMM基板上のAMB(high-speed Advanced Memory Buffer)と呼ばれるバッファ内臓の専用コントローラ・チップで受ける形態のDIMMです。CPU/チップセット側とは、PCI Express(PCIe)に似た少ピンの高速シリアル・インターフェイスで接続されます。いわきのDIMM用オリジナルトレーはUnbuffered DIMM、Buffered DIMM、Fully Buffered DIMMのいずれの規格にも対応し、製品の信頼性を保護します。


製品形状に忠実なトレーポケットがDIMM構造を確実に保護します

DIMMは、メモリ規格によって、端子形状やピン数が異なります。ピン数については少ない100ピンから多いものでは260ピンといった高密度製品も散見されます。また、DIMMの物理的なサイズを縮小した規格であるSO-DIMM(S.O.DIMM/Small Outline Dimm)などについては、幅67.7mm(2.66インチ)×高さ31.75mm(1.25インチ)、厚さ3.8mm(0.15)以下の形状で、SDRAMやDDR SDRAM、DDR2 SDRAMなどで用いられた経緯があり、DDR3 SDRAMなどではこれよりわずかに幅が長く、高さの無いサイズが用いられています。いわきのDIMM用トレーは、あらゆるサイズやピン数、形状に対応した専用オリジナルトレーとしてお使い頂けます。いわきは設計の自由度の高い真空成型技術を活用してDIMM用トレーを成形しています。製品形状に忠実かつ高性能のトレーポケットが落下や衝撃などによる破損リスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて金型からの自社工場一貫生産により、低価格・短納期を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで全国どこへでも伺います。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのDIMM用トレーはここがポイント!

パソコンやワークステーションなどで機能するDIMM。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. あらゆる規格や形状に対応し機能を保護します
    いわきのDIMM用オリジナルトレーはUnbuffered DIMM、Buffered DIMM、Fully Buffered DIMMのいずれの規格にも対応し、製品の信頼性を保護します。またピン数の少ない100ピンはもとより、260ピンといった高密度製品にもお使い頂けます。
  2. トレーポケットが衝撃リスクを大幅軽減します
    真空成型によって成形された製品形状に忠実かつ高性能のトレーポケットが落下や衝撃などによる破損リスクを大幅に軽減します。製品とトレーとの間の隙間であるクリアランスも最大限抑えられているため“ガタ”による製品への衝撃リスクも回避します。
  3. 低コストとスピーディーな納品を実現します
    金型コストを削減できる真空成型を駆使するとともに金型からの自社工場一貫生産により、低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、大量生産はもとより多品種・小ロットにも柔軟な対応が可能です。お電話お待ちしています。