高信頼・低価格のいわきのデジタルミラー用トレー

いわきのデジタルミラー用トレーは自動車分野やリハビリ分野などの各製品・システムに対応

デジタルカメラの分類のひとつでカメラと液晶ディスプレイ(モニター)で鏡のように像をデジタルデータとして映像化するシステムであるデジタルミラー。電子ミラーとも呼ばれ、自動車分野ではカメラモニタリングシステム(CMS)のほか、スマート・ルームミラー、デジタルアウターミラーとしても機能し、モニターで映像や情報を映し出します。ミラーレス車の名でも知られます。リハビリ分野ではデジタルミラーで運動や動作の撮影、測定する機器があります。いわきのデジタルミラー用トレーは、自動車分野のカメラモニタリングシステムやスマート・ルームミラー、デジタルアウターミラー、リハビリ分野の各種機器などに適応し、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。

特殊ミラー素子を使用した透明ディスプレイ採用の新製品にもご利用可能な専用トレー

カメラやセンサーの技術が進歩する中、自動車用ミラー大手はルームミラーがモニターになる製品を開発しています。これは鏡はもとより、ディスプレイにもなるルームミラーで、電源が入るとリアバンパー近くのカメラ映像を映し出します。後部座席の搭乗者や荷室の荷物などによって視界がさえぎられることなく、車両の後方の広い範囲を認識できるうえ、暗い場所でも明るい映像を得ることができます。製品によっては特殊ミラー素子を使用した透明ディスプレイを採用しています。従来製品は反射率を抑えたミラーに強い光を当てて映像を映し出す仕組みで、外光の当たり方によっては映像が見えにくくなることがありました。一方、新製品は視認性を向上させているのに加え、強い光を使う従来製品に比べると省電力であるため、将来的にEV化が進むといっそうの強みを発揮することが期待されます。エンジン停止時には自動モニターから鏡に切り替わるほか、走行中もボタンひとつで手動切り替えが可能です。いわきのデジタルミラー用トレーは、特殊ミラー素子を使用した透明ディスプレイ採用の新製品などにも適応します。また、製品の形状やサイズ、仕様などを限定する事無く幅広い製品にお使い頂けますので、お気軽にお申し付けください。

光学製品用トレーで築いた技術と豊富な実績をベースにデジタルミラーに最適なオリジナルトレイをご提案

デジタルミラーをめぐってはその表面品質の確保が課題の一つであり、専用トレーにも特段の仕様が求められます。その点、当社は超精密クラスの光学レンズ専用トレーで豊富な実績がありますので、デジタルミラーについてもお客様にご満足頂けるオリジナルトレーをご提案させて頂きます。これまでもフタ付きの専用トレーなどをご提案したところ、お客様より「製品リスクが大幅に下がった」などのお声を頂きました。また、デジタルミラーに限らず、光学製品の専用トレーをめぐっては、製品とトレーの間に生じる隙間、いわゆるクリアランスをいかに抑えられるかが、品質確保の大きなカギとなります。とはいえ、製品にトレーが触れてしまえば、ミラーの表面にキズなどがついてしまう恐れがあります。この“付かず離れず”の絶妙な距離の実現こそが、ミラー用トレーを設計、制作する上でもっとも技術を要するところといえます。当社は豊富な実績と確かな技術をベースに、お客様の製品にとって最適な距離をトライ&エラーと試作を繰り返す事で実現し、製品の信頼性に万全を期しています。当社は、製品の機能を保護すべく、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してデジタルミラー用トレーを製作します。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、デジタルミラーは大変デリケートな製品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのデジタルミラー用トレーはここがポイント!

ルームミラーにカメラモニター機能を備えたデジタルミラー。量産車への採用が拡大されており、EV化が加速するに従い、自動車の主要パーチとなることが予想されます。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のデジタルミラー専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 自動車やリハビリ分野などに幅広く対応するとともに、新製品や新技術を採用した新製品にもマッチします
    いわきのデジタルミラー用トレーは、自動車分野のカメラモニタリングシステムやスマート・ルームミラー、デジタルアウターミラー、リハビリ分野の各種機器などに適応します。また、近年のデジタルミラーは、製品によっては特殊ミラー素子を使用した透明ディスプレイを採用しています。従来製品は反射率を抑えたミラーに強い光を当てて映像を映し出す仕組みで外光の当たり方によっては映像が見にくくなることがありました。一方、新製品は視認性を向上させているのに加え、強い光を使う従来製品に比べると省電力であるため、将来的にEV化が進むといっそうの強みを発揮することが期待されます。当社はデジタルミラーの開発動向をふまえつつ、新製品にも適宜対応した専用トレーをご提案します。
  2. 超精密クラスの光学レンズ用トレーなどで築いた豊富な実績と確かな技術でデジタルミラーの表面品質を確保
    デジタルミラーをめぐっては、表面品質の確保が大きな課題です。その点、当社は超精密クラスの光学レンズ専用トレーなどで豊富な実績があり、デジタルミラーについてもお客様にご満足頂けるオリジナルトレーをご提案します。また、デジタルミラーに限らず、光学製品の専用トレーにおいては、製品とトレーの間に生じる隙間、いわゆるクリアランスをいかに抑えられるかが、品質確保の大きなカギとなります。とはいえ、製品にトレーが触れてしまえば、ミラーの表面にキズなどがついてしまう恐れがあります。この“付かず離れず”の絶妙な距離こそが、ミラー用トレーを設計、制作する上でもっとも技術を要するところといえます。当社は高い技術で適切なクリアランスを保ち製品の信頼性を高めます。
  3. 半世紀をかけて磨き上げた基幹技術の真空成型が低コストとスピーディーな納品、フレキシビルな対応を実現
    設計の自由度の高い真空成形技術を活用しつつ、金型からの国内自社工場での一貫生産体制により、低コストとスピーディーな納品を実現します。国内自社工場で一貫生産の当社であれば、何千・何万個単位の大量生産でのコストパフォーマンスはもとより、数個レベルの試作程度の小ロット生産でもコストを大幅に抑えられます。試作後のデザイン変更といったご要望にもフレキシブルにお応えします。また、トレイのみならず、金型に関するご質問もいつでもお聞かせください。工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術と実績をベースにお役に立ちます。お問合せ頂ければ、お見積りや納品までのスケジュールなどもスピーディーにご案内申し上げます。お電話お待ちしています。