耐打痕対策用トレー

いわきの耐打痕対策用トレーは、確かな技術で製品へのリスクを軽減します

いわきに寄せられるお客様からのご要望の中で近年、よく聞かれるのが「打痕が付かないトレーが欲しい」というお声です。詳しくお聞きすると、製品の出荷時や積み下ろしの際に、製品に打痕が付いてしまい悩んでいるという内容です。以来当社は工業用トレー専門メーカーとしてお客様のお役に立てないか打痕対策を練ってきました。そして現在、精密機器や電子部品メーカー様など、多くのお客様にご利用頂いているのが耐打痕対策用トレーです。梱包用輸送用納品用保管用工場工程用検査用出荷用など幅広い用途でご利用頂いています。当社は金型から成形品まで国内自社工場で一貫生産体制ですので、低コスト・短納期そして試作を行った後でのデザイン変更などにも柔軟に対応させて頂きますのでご安心ください。


耐打痕対策用トレー

豊富な材料群の中からベストを厳選かつ着色により作業効率アップ

いわきでは、豊富な材料群の中から、お客様の用途やご予算に合わせて、最適な材料を厳選し、使用させて頂いています。用いる材料は主にA-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PS(ポリエチレン)シート、PMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂、アクリル)シート、Hi-PE(耐衝撃ポリエチレン)シート、AES(アクリロニトリル・エチレン-プロピレン-ジエン・スチレン)シート、PQ-ACE(低発泡ポリエチレンシートと高発泡ポリエチレンシートの複合体)シート、PPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などです。製品管理の効率性を高めるため、着色のご要望にも柔軟に対応させて頂きます。透明、半透明、緑、乳白色、黒など着色のカラーバリエーションは豊富ですので、お気軽にお申し付けください。


製品に触れることなくクリアランスを限りなく抑える高度な成形技術

耐打痕対策用トレーの設計をめぐっては、経験豊富な営業スタッフがお客様に綿密にヒアリングさせて頂きます。製品の形状はもとより、トレーの用途などについて細かくご要望をうかがい、製品とトレーが触れても良い箇所と触れてはいけない箇所を明確化します。触れてはいけないながらも、打痕のリスクにつながる製品とトレーとの間の隙間、いわゆるクリアランスはなるべく抑えなければなりません。ここが設計陣の腕の見せ所であり、打痕対策のポイントの一つともいえる点です。また、トレーそのものにキズやホコリが付着しているような事があれば言語道断です。当社は各工程で、徹底した品質管理を行い、信頼の置けるトレーを出荷しています。なお、当社は国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム「ISO9001:2008」を認証取得しており、品質管理に万全を期しています。お客様の製品を打痕から守るためにも、安心と信頼のいわきの専用トレーをご活用ください。お見積りや納品までのスケジュールなどもお気軽にお申し付けください。金型のご相談もいつでもお受けいたします。お電話お待ち申し上げております。


豊富な実績と信頼のいわきの耐打痕対策用トレーはここがポイント!

お客様の製品の信頼性を高める耐打痕対策用トレー。いわきは低価格かつ短納期で専用トレーをご提供いたします。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 豊富な材料群から用途、コストに合わせてベストをご提案します
    A-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートなど衝撃吸収や発泡性に優れた材料を豊富にご用意し、ニーズに幅広く対応。着色も可能ですのでお客様の製品管理を効率化します。
  2. トレーと製品が非接触なおかつクリアランスによるリスクを軽減します
    工業用トレー専門メーカーとしての確かな技術を駆使し、トレーと製品が触れないながらもクリアランスを限りなく抑え、打痕のリスクを軽減します。トレー製造時は各工程で徹底した品質管理を行い、お客様の信頼に応えます。
  3. 金型から自社一貫体制でコストダウン、短納期、柔軟対応を実現します
    金型から成形品まで国内自社工場で一貫生産いたします。だから他社より早くて安い、そしてお客様のご要望に柔軟に対応させて頂きます。経験豊富なスタッフが何でもご相談に乗ります。お気軽にお申し付けください。