電磁波ノイズ抑制シート用トレー

いわきの電磁波ノイズ抑制シート用トレーはスマホ、PCなどに幅広く対応

スマートフォンやタブレットをはじめとする電子機器の小型化・薄型化・多機能化にともない、回路基板には多くの電子部品が高密度で実装されるようになりました。こうした中、省電力目的の耐電圧の低いICやケーブルなどから上がったノイズにより、高周波領域での不要輻射が発生し、部品・回路間で複雑な電波干渉をもたらすといった問題が顕在化しています。必然的に、こうした放射ノイズの抑制対策の重要性が近年、一段と高まっていますが、放射ノイズは、設計段階では予測困難であり、製造段階になってから対策が求められることも多くなっています。そこで需要が高まっているのが、電磁波ノイズ抑制シートです。このシートは、高い透磁率を有する軟磁性材料の扁平粉を樹脂材料の中に一様に配向配列させるとともに、粉末間を電気的に隔離した構造を持ちます。このシートを電磁干渉が起きている空間に配置することにより、誘導性の結合が抑制され、高周波ノイズが減衰し、二次輻射や信号劣化のような副次的な作用を伴うことなく不要輻射を効果的に抑制できます。いわきはノイズ抑制シートの専用トレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご利用頂いています。


CPUやフラットケーブルの放射ノイズ抑制など諸機能を保護する専用トレー

スマートフォンやデジタルカメラ、ノートPC、カーナビゲーション、液晶TVなど様々な電子機器に使用される電磁波ノイズ抑制シート。スマホではCPUの放射ノイズ抑制、フラットケーブルの放射ノイズ抑制、バッテリーのNFC(Near field communication)やRFID(Radio Frequency IDentification)の交信阻害対策、デジタルカメラの筐体内共振対策やフラットケーブルの放射ノイズ抑制、ノートPCのCPU放射ノイズ抑制やフラットケーブルの放射ノイズ抑制、NFC/FRID交信阻害対策、カーナビゲーションシステムでは、筐体内共振対策、フラットケーブルの放射ノイズ抑制、VCCI協会やFCC(米連邦通信委員会)規格のレベル対策などに使用されます。いわきの電磁波ノイズ抑制シート用トレーは、スマホやデジタルカメラ、ノートPC、カーナビゲーション、液晶テレビなど、様々な電子機器に使用される製品に幅広く対応します。


ハーフカットや切抜き、特殊台紙加工など各種シート形状に適応します

ウェアラブル端末の小型化、薄型化、高機能化にともない、電磁波ノイズ抑制シートの需要が高まる中、開発競争も過熱しています。高透磁率の軟磁性金属材料を採用し、すぐれた放射ノイズ抑制効果を発揮する製品や、薄型でわずかな隙間にも装着可能な製品、形状加工性に優れ、多様な寸法・形状に対応可能な製品などが登場しています。いわきは、こうした製品開発トレンドをふまえつつ、ハーフカットや切り抜き、特殊台紙加工、抜き加工製品など、様々なシート形状に最適な専用オリジナルトレーを低価格・短納期でご提供します。いわきは工業用トレーの専門メーカーとして半世紀の実績があり、この間、様々なシート製品用トレーを数多く手がけてきました。いわきのオリジナルトレーは、材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面のキズ対策はもとより、異物の付着・混入など、内容物にとってのリスクを最大限軽減した工業用トレーとして多くのお客様に信頼頂いています。当社は真空成形を活用して電磁波ノイズ抑制シート用トレーを制作しています。真空成型は凸(オス)型または凹(メス)型のいずれかを作れば成形可能といった技術的メリットがあります。また、一度作った金型は長期に渡って使用可能です。結果として、これまでお客様を悩ませていたメンテナンスを含む一連の金型コストを大幅に軽減するとともに大量生産を安定化します。また、当社は金型から成形品に至るまで国内自社工場で一貫生産していますので、低価格・短納期でオリジナルトレーをご提供します。多品種・小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応させて頂きますのでお気軽にお申し付けください。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。国内自社工場で一貫生産の当社であれば、他社を上回るコスト競争力とスピーディーな納品でお客様のビジネスをサポートします。お問い合わせ頂ければ担当スタッフが北海道から沖縄まで素早く駆け付けます。お電話お待ちしています。


いわきの電磁波ノイズ抑制シート用トレーはここがポイント!

スマートフォンやデジタルカメラ、ノートPC、カーナビゲーション、液晶TVなど様々な電子機器に使用される電磁波ノイズ抑制シート。いわきは低価格かつ短納期で高信頼の注射器用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 様々な電子機器やアプリケーションに対応した専用オリジナルトレーです
    ノイズ抑制シートは、スマホではCPUやフラットケーブルの放射ノイズ抑制、バッテリーのNFC(Near field communication)やRFID(Radio Frequency IDentification)の交信阻害対策、デジタルカメラの筐体内共振対策、ノートPCのCPU放射ノイズ抑制、NFC/FRID交信阻害対策、カーナビゲーションシステムでは、筐体内共振対策、フラットケーブルの放射ノイズ抑制、VCCI協会やFCC(米連邦通信委員会)規格のレベル対策などに使用されます。いわきのノイズ抑制シート用トレーは、これらのあらゆる電子機器やアプリケーション、装置にお使い頂けます。
  2. ハーフカットや切り抜きなど、シート形状に合わせたトレーをご提案します
    電磁波ノイズ抑制シートをめぐっては、ウェアラブル端末の小型化、薄型化、高機能化に伴い、様々な機能が向上しています。高透磁率の軟磁性金属材料を採用し、すぐれた放射ノイズ抑制効果を発揮する製品や、薄型でわずかな隙間にも装着可能な製品、形状加工性に優れ、多様な寸法・形状に対応可能な製品などが登場しています。いわきは、こうした製品開発トレンドをふまえつつ、ハーフカットや切り抜き、特殊台紙加工、抜き加工製品など、様々なシート形状に最適な専用オリジナルトレーを低価格・短納期でご提供します。どのようなシート製品でもお気軽にご相談ください。
  3. 低コスト・短納期、そして柔軟対応でお客様の満足度を最大限に高めます
    いわきは金型から成形品に至るまで国内自社工場で一貫生産体制を構築しています。一貫生産の当社であれば、低価格・短納期、大量生産はもとより、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などのご要望にも最大限お応えします。材料段階からの徹底した品質管理と合わせて、製品表面のキズ対策はもとより、異物の付着など内容物にとってのリスクを最大限軽減した、使って安心の専用オリジナルトレーです。また、トレーのみならず金型のプロフェッショナルとして、当社ならではの視点で金型のアドバイスを差し上げ、コストダウンをサポートします。お電話お待ちしています。