工業用刃物用トレー

いわきの工業用刃物用トレーは高精度のトレーポケットを実現します

いわきの工業用刃物用トレーは、保管輸送検査管理など幅広い用途で多くのお客様にご利用頂いています。一般的な平刃をはじめ、工業用の特殊刃物にも対応した専用トレーです。一口に工業用刃物といっても種類は実に様々です。食品、紙、フィルム、ゴム、繊維などの切断用刃物もあれば、ハーフカット用の機械刃物もあります。代表的な構造として、ハサミを基本とし、一組の刃がかみ合い切断する剪断型、突き刺して切断する突き刺し切断型、断面角度を持った刃を押し当て、圧力をかけて切断する圧力切断型、刃物単独にて切断する単独切断型などがあります。形状も多岐に渡り、用途に応じてピロー刃、縦ピロー刃、縦ピロー刃(着脱式)、横ピロー刃、丸ミシン刃、R刃などにわかれます。薄刃に至っては約0.25mmと、保管や輸送の際には細心の注意が不可欠ですので、製品の形状や用途に適した当社のオリジナルトレーをぜひご利用ください。


工業用刃物ならではのお悩みを解決するいわきのオリジナルトレー

工業用刃物用トレー

「製品をトレーに収納する際、表面にキズが付いてしまった」「製品がトレーを破いてしまう」「製品とトレーのこすれが気になる」。いわきの工業用刃物用トレーは、こうしたお客様のお悩みを解決します。当社の工業用刃物用トレーは、設計の自由度が高く、収納する製品形状を忠実に材料シートに再現する真空成形技術によって制作されます。したがってお客様の製品が直接収まるトレーポケットの精度は極めて高く、製品を確実に支持・保護します。また、当社は豊富な材料群の中から、製品にもっとも適した素材をご提案します。強度が高く、吸湿性がない上、酸やアルカリなど耐薬品性に優れたポリプロピレン(PP)シートや加工性の高いポリエチレン(PS)シートなど各種素材を取り揃えています。ちなみに厚いシートで1.5mm、薄いシートで0.3mm程度です。


真空成形技術のメリットを最大限発揮しランニングコストも軽減

いわきは規格トレーのラインナップも充実していますが、工業用刃物用トレーは、ポケットの精度やトレーそのものの強度が一般的な収納物以上に求められますので、当社のオリジナルトレーを強くおすすめします。オンリーワンの専用オリジナルトレーですので規格品と比べコストは上がりますが、当社は金型から企画・設計・製造し、国内自社工場で一貫生産ですので、低価格・短納期を実現可能です。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期に渡って使用可能といったメリットがあります。いわきは、真空成形の技術的長所を最大限に活かし、お客様のイニシャルコストはもとより、その後のランニングコストも軽減します。


デートマークや刻印にも対応し作業効率を大幅アップ

いわきの工業用刃物用トレーは、ご要望に応じてデートマークや刻印にも対応いたします。お客様からは「製造年月の管理がしやすくなり、在庫のコストやリスクが抑えられた」といったお声を頂くなど、ご好評を博しておりますのでお気軽にお申し付けください。また、成形品のみならず金型のご相談もお受けいたします。専門メーカーとして半世紀をかけて積み上げてきたノウハウで、必ずお客様をサポートします。お見積りや納品までのスケジュールなどもスピーディーにご案内申し上げます。工業用刃物は切削加工、形状加工、熱処理、研削加工、仕上加工(グラインダー加工)などの工程を経て、場合によっては手仕上げ加工も必要な大変付加価値の高い製品であり、その多くが受注生産です。製品の信頼性を高めるためにも、当社の専用トレーをぜひご利用ください。お電話お待ちしています。


幅広いニーズに応えるいわきの工業用刃物用トレーはここがポイント!

日本の産業界を支える工業用刃物。いわきは低価格かつ短納期で高機能の専用トレーをご提案します。製品のおすすめポイントは次の3つです。


  1. 高精度のトレーポケットが製品を確実に支持・保護します
    設計の自由度が高く、刃物形状を材料シートに忠実に再現する真空成形により、高精度のトレーポケットを実現。製品の生命線となる刃部を確実に支持・保護し、キズやこすれのリスクを回避します。
  2. 金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現します
    コストが懸念されるオリジナルトレーですが、金型から国内自社工場で一貫生産の当社であれば、低価格・短納期を実現します。試作後のデザイン変更のご要望などにも柔軟に対応いたします。
  3. デートマークや刻印にも対応しお客様の作業効率を高めます
    製品管理のためのデートマークや刻印にも、ご要望に応じて対応させて頂きます。多数のお客様から大変ご好評頂いていますので、お気軽にお申し付けください。