コンタクトピン用トレー

いわきのコンタクトピン用トレーはオープンバレル式などあらゆる製品に対応

電線端末に取り付ける接続端子のひとつで、電線と端子に物理的圧力をかけることにより固着させる圧着端子。その一つにコンタクトピンがあります。コンタクトプローブとも呼ばれるコンタクトピンの代表的な種類として、オープンバレル式があげられます。オープンバレル式のコンタクトピンはコネクターハウジングに複数まとめられて抜き差しする際に用いられます。いわきのコンタクトピン用トレーはオープンバレル式をはじめ各種タイプに対応し、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


フラット、円すい、4つ割りクラウン、星形など様々な先端形状にフィット

コンタクトピン、いわゆるコンタクトプローブの先端形状と用途は多岐に渡ります。フラックスや酸化膜のないきれいな表面やコンタクトピンへのコンタクトを行うフラット、はんだパッドや穴にコンタクトし、10°、15°、30°、60°、90°、120°など様々な角度の先端形状を持つ円すい形、パッドの表面やはんだ付けされたピンへのコンタクトに用いられ、鋭いエッジがフラックス残留物や酸化膜を貫通する4つ割りクラウン、鍍金加工された穴やパッドにコンタクトし鋭いエッジがフラックス残留物や酸化膜を貫通する星形、ピンやワイヤーラッピングポストにコンタクトし、この形状のセルフクリーニングバージョンを使用することでゴミ付着などのリスクを低減できるカップ形、接続用端子にコンタクトし回転を防止可能なシャベル型、長さや真直度といったピンの正しい位置を判定できる絶縁キャップ、穴やハンダパッドにコンタクトし、鋭いエッジがフラックス残留物や酸化膜を貫通するやり型、フラックスや酸化膜のないきれいな表面へのコンタクトを行い、鋭い先端と比較してキズを与えない半球、マルチポイントコネクターにコンタクトするマルチポイントコネクター用、ワイヤーラッピングポストにコンタクトし、ねじ曲がった形状に対しても当てることができるクラウン、鍍金加工された表面やスルーホールにコンタクトするチューリップ形、コネクターの位置や有無を確認するステッププローブ、フラットピンの正しい位置や長さ、真直度などを判定する絶縁キャップ(スロット形)、テスト対象物を横向きに動かしてプローブ先端に当てたい場合、先端のボールが転がりながらコンタクトするボール型など、コンタクトピンの先端形状と用途は様々です。こうした製品動向をふまえ、いわきのコンタクトピン用トレーは、フラット、円すい、4つ割りクラウン、星形、カップ形、シャベル型、絶縁キャップ、槍型、半球、マルチポイントコネクター用、クラウン、チューリップ型、ステッププローブ、絶縁キャップ、ボール型など、様々な先端形状に対応します。


コンタクトピンを含むあらゆる圧着端子用トレイを低価格でご提案します

いわきは、コンタクトピンを含む様々な圧着端子の専用オリジナルトレイを低価格・短納期でご提供します。主に電線を端子盤に接続するために用いられ、丸形と先開形を含む裸圧着端子、絶縁被覆(スリーブ)付きのものは短絡(ショート)防止のため電線の圧着部(胴体部分)が合成樹脂によって覆われ、主に多芯の電線に用いられる絶縁被覆付圧着端子、電線同士を接続する際に利用され、オスメスが着脱しやすいためカーオーディオをはじめとした各種自動車電装品の接続に利用されるギボシ端子、オス(タブ)-メス(レセプタクル)が着脱しやすく、電線同士を接続する際に用いられ、スピーカーのユニットなどタブ側を端子盤に固定する平形接続端子、筒型をしており電線同士を圧着して接続する圧着接続子、樹脂製の接合部品でフラップ中にある金属部が挟み込むことで電線の絶縁皮膜を押し破り、電線の被覆をむかずに簡単に接続できるエレクトロタップなど、圧着端子には様々な種類、形状があります。いわきはコンタクトピンをはじめ、裸圧着端子、絶縁被覆付圧着端子、ギボシ端子、平形接続端子、圧着接続子、エレクトロタップなど、各種圧着端子向けの専用トレーもご提案しますので、ぜひお問合せください。当社は圧縮端子向けの専用トレーでも豊富な実績がありますので、安心してお使い頂けます。また、コンタクトプローブについては、ショートストロークタイプやロングストロークタイプ、ねじ固定式、擦動性や耐久性を重視したタイプ、大電流対応タイプ、耐熱用プローブ、非磁性対応プローブ、2軸・同軸に対応した4端子測定可能プローブなど、幅広い製品にベストマッチしたオリジナルトレイをご提供します。


材料段階からの徹底した品質管理によりお客様の製品の信頼性を確保します

コンタクトピンのように様々な形状やサイズ、仕様を持つ製品を収納するため、いわきは設計の自由度の高い真空成型を活用してトレーを制作しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、コンタクトピンのみならず、すべての製品は、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきは設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。また、材料段階からの徹底した品質管理により、トレーの品質はもとより、内容物の信頼性を高めます。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのコンタクトピン用トレーはここがポイント!

電線端末に取り付ける接続端子のひとつで電線と端子に物理的圧力をかけることにより固着させる圧着端子。その一つであるコンタクトピンの専用トレーをいわきは低価格かつ短納期でご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 多岐に渡る先端形状に幅広く対応します
    いわきのコンタクトピン用トレーは、フラット、円すい、4つ割りクラウン、星形、カップ形、シャベル型、絶縁キャップ、槍型、半球、マルチポイントコネクター用、クラウン、チューリップ型、ステッププローブ、絶縁キャップ、ボール型など、あらゆる先端形状に対応します。また、ショートストロークタイプやロングストロークタイプ、ねじ固定式、擦動性や耐久性を重視したタイプ、大電流対応タイプ、耐熱用プローブ、非磁性対応プローブ、2軸・同軸に対応した4端子測定可能プローブなど、様々な仕様、形状、サイズの製品にお使い頂ける専用トレーです。
  2. 様々な圧着端子用トレーをご提供します
    コンタクトピン以外にもいわきは、様々な圧着端子用トレーをご提供します。主に電線を端子盤に接続するために用いられ、丸形と先開形を含む裸圧着端子、絶縁被覆付きのものは短絡防止のため電線の圧着部が合成樹脂によって覆われ、主に多芯の電線に用いられる絶縁被覆付圧着端子、電線同士を接続する際に利用され、オス-メスが着脱しやすいためカーオーディオをはじめとした各種自動車電装品の接続に利用されるギボシ端子、オス(タブ)-メス(レセプタクル)が着脱しやすく、電線同士を接続する際に用いられる平形接続端子などのトレイもご提案します。
  3. 真空成型が低価格・短納期と製品保護を実現
    工業用トレーの専門メーカーとして半世紀の実績を持ついわき。磨き上げた真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応可能です。また、製品とトレーとの隙間であるクリアランスを最小限に抑えた設計により、形状に最適なトレーポケットが積み下ろしや搬送の際に生じるガタによる破損リスクを大幅に軽減します。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。お電話お待ちしています。