導電性トレイ

現在、私たちの身の回りを見渡すと電子機器や光学レンズに囲まれております。例えば今お客様がご覧になっているパーソナルコンピュータや携帯電話、タブレット型コンピューターなどの機器。構造的に電子基板や液晶部品が必要不可欠です。さらに電子備品のマザーボードには部品数を数えると約1500点ほどの部品が乗っております。

また、町の中を見渡すとありとあらゆる箇所に電子機器が使用されております。普段目にする自動車ではカーエレクトロニクス化(自動車の電子制御化)が進んでおり、自動車にも液晶部品やバックカメラやフロントカメラ、サイドミラーカメラにも光学レンズが使われております。また近年、自動車の予防安全と衝突安全の間に位置する衝撃被害軽減ブレーキシステムを搭載している自動車にも光学レンズが使われております。いわきでは1969年の創業から真空成形トレーを取り扱うメーカーとして、導電性トレーをご提案しております。


いわきの導電性トレーと特徴

いわきの導電性トレーは静電気対策として各種類の材料シートに表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗Ωから10の8乗Ω以下の幅でご案内させていただいております。いわきの導電性トレーの材料は主にPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PET(ポリエチレンテレフタレート)シート、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます。またPPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などの材料もご案内しております。シートの厚さで薄いものは0.3mm厚いもので1.5mmがございます。導電性トレーの色は透明(クリア)や半透明黒色や半透明緑色、透明になっていない黒色などがございます。
またお客様のご要望で特注もご用意しておりますので、是非ご相談ください。


いわきの導電性トレーのオススメのポイント

  1. いわきの規格トレーを導電性でご提供が可能です
    弊社で所有している規格トレーの金型を導電性樹脂シートで成形すると金型を作らず低コストで導電性トレーをご提供が可能でございます。弊社規格トレーは完全受注生産で1週間から10日間程で短納期対応ができ、100種類以上のラインナップがございます。
  2. お客様の製品に合わせた専用の導電性トレーを製造致します
    お客様の製品に合わせ、いわきでは自社内で企画・設計、金型生産しトレーを製造する一貫生産体制なのでお客様のご要望に合わせた導電性トレーをご提案が可能です。

50年以上の実績とノウハウを活かしご提案いたします

いわきでは、導電性トレー作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のあるトレーをお届けいたします。さらに、お客様の求める特性をしっかりと理解した上で、よりよい導電性トレーにしていくため経験豊富な営業スタッフが打ち合わせをいたします。いわきの営業スタッフは日本全国、北から南までお伺いいたしますので何なりとご連絡ください。