ばね用トレー

いわきのばね用トレーはコイル、板、トーションバーなど各種製品に対応します

力が加わると変形し、力を取り除くと元に戻るといった物体の弾性を利用したばねは、日用品から車両、電気電子機器、構造物に至るまで様々な用途で幅広い製品に使用されています。その種類は多岐に渡り、特にコイルばねがよく知られ、その中でも圧縮コイルばねが広く用いられています。いわきは各種ばね製品、スプリングの専用オリジナルトレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


金属、非金属のいずれにも適応し、荷重形式を問わないバネ専用オリジナルトレー

前述のとおり、ばねやスプリングをめぐっては様々な種類や形状、材料が存在します。もっともよく知られるのは金属ばねで、そのなかでも、細長い洗浄の材料をらせん状に巻いたコイルばねが一般的です。コイルばねのうち圧縮の荷重を受けて用いられる圧縮コイルばね、コイルの先端にフックが存在し、引っ張りの荷重を受ける引張コイルばね、コイル中心軸まわりにねじりモーメントを受けるねじりコイルばねなどがあります。板ばねは板材を用いたばねの総称で板の曲げ変形を利用して作用します。複数の板材を重ねた重ね板ばね、板バネのうち薄い板材を用いた薄板ばねなどがあります。棒状のばねで棒の一端を固定してもう一端をにねじりを加え、棒をねじって変形させることで作用するトーションバー、板を渦巻き状に巻いた渦巻バネ、そのうち隣接する板同士が接触する接触形渦巻ばねは、いわゆるぜんまいとも呼ばれます。一方、隣接する板同士が離れたものは非接触形渦巻ばねとなります。ほかにも長方形断面の板状の素材を円錐状に巻いた竹の子ばね、底のない皿のような形状をした皿ばね、内輪と外輪という2種類の輪を交互に重ね合わせた輪ばね、線状の材料を使ってバネ作用を得る線細工バネ、バネ作用を利用した締結部品の総称であるファスナーばね、細い線材を布生地のように編んだばねはメッシュばねやメッシュスプリングとも呼ばれます。いわきのバネ用トレーは圧縮コイルばねや引張コイルばね、ねじりコイルばねを含むコイルばねをはじめ、重ね板バネ、薄板ばねを含む板ばね、トーションバー、接触形と非接触形を含む渦巻ばね、竹の子ばね、皿ばね、輪ばね、線細工ばね、ファスナーばね、メッシュバネなど各種製品に対応します。


洗濯ばさみや時計などの日用品、自動車、コンセント、HDDなどあらゆるバネにご利用可

バネの復元力を生み出す材料には様々なものがあり、材料で分類すると金属ばねと非金属ばねに大別されます。金属ばねはコストが安いながらも大きな力を受けることができたり、大きなたわみ量を確保できるのが利点であり、強度と汎用性の高さから特に鉄鋼材料が広範囲で用いられています。一方、非鉄金属ばねは銅合金材料が一般的で、銅合金の電気伝導性の良さを利用してコネクタなどで抵抗や発熱を減らすために使われます。耐食性や非磁性も長所ですが、鋼材料と比べるとコスト高となります。金属ばねの主なものとしては鉄鋼バネがあり、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼などで製造されます。非鉄金属ばねは銅合金、ニッケル合金、チタン合金などで制作されます。一方、非金属ばねとしては天然ゴムやプラスチック、繊維強化材などでできた高分子材ばね、セラミックスで作られた無機材ばね、空気や不活性ガスなどを使った流体バネがあります。いわきのバネ用オリジナルトレーは鉄鋼や非鉄金属を含む金属ばねをはじめ、高分子材や無機材、流体を含む非金属バネにも対応します。ばねは特性や機能を生かして幅広い分野で使用されています。たとえば文房具を見ても、紙や書類を挟むためのクリップもバネの一種であり、線を折り曲げて成形されたゼムクリップは線細工バネの一つです。ノック機能を持つボールペンではペン先の出し入れにコイルばねを利用しており、ペン先のボールを1mm程度の小さなバネで支える機構を持つ製品もあります。衣服を干すための洗濯ばさみにはねじりコイルばねや輪の形のばねを利用したものもあります。機械式時計では2種類の渦巻ばねが用いられています。1つは接触形渦巻ばねのぜんまいで時計の針を進める動力を生み出し、もう一つは非接触形渦巻ばねのひげぜんまいと呼ばれる部品で時計の調速脱進機で使われます。車両においてはクルマ1台あたり2,000~3,000ものバネが使用されているともいわれ、カムシャフトのカム形状通りに吸排気バルブを動かすバネは弁ばねやバルブスプリングなどとも呼ばれます。電気機器類や電子機器類においても様々なバネが活用されていて、バネ自体が電気回路の一部となる場合もあり、そのような用途では導電性の良い銅合金ばねが使用されます。ノートパソコンやスマートフォンといった電子機器類は軽量化や小型化が求められるため、それらの中にあるリレースイッチコネクタなどで使われる薄板ばねにも同様に軽量化や小型化が求められ、結果として懸架装置用バネ並みの強度を持つばねが使用されることもあります。ほかにも照明やリモコンなどのスイッチ、コンピュータのキーボード、ハードディスクドライブ(HDD)ではサスペンションの目的で薄板ばねが使用されており、磁気ヘッドがディスク上数10nmの位置で維持されるのに機能しています。いわきのバネ用トレーは、洗濯ばさみや時計などの日用品をはじめ、自動車、コンセント、HDDなどに使われるあらゆるバネにベストマッチする専用オリジナルトレーです。


製品の小型化をふまえ逃げ形状を設計したオリジナルトレーが作業効率を確保します

バネをめぐっては、アプリケーションであるパソコンやスマートフォンの薄型化や小型化にともなって、バネ自体もこれまで以上に小型化が進んでいます。製品の小型化にともないトレーにも使いやすさが求められており、小さな製品でも取り出しやすい、収納しやすい設計が必要です。その点、工業用トレーの専門メーカーとして半世紀の歴史と実績を持ついわきは、超小型製品や薄型製品の専用トレーでも豊富な実績があり、小さな部品でも作業者が取り出しやすいよう“逃げ形状”をトレーに反映して設計します。また、これまで述べたとおり、バネ、スプリングは形状やサイズ、仕様などが一様では無いため、そのトレーもそれぞれの製品に応じたトレーポケットが求められます。その点、真空成形は設計の自由度が高く、お客様の製品形状を材料シートに忠実に再現可能といった技術的特性があります。また、真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。その結果、これまでお客様に多大な負担を強いていた金型のメンテナンス費用など一連のコストを大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですのでさらなるコストダウンと短納期を実現します。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。他社を上回るコスト競争力とスピーディーな納品をぜひご実感ください。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのバネ用トレーはここがポイント!

洗濯ばさみや文房具といった日用品から自動車、パソコンやスマートフォンなどの電子機器、構造物に至るまであらゆる製品や部品、装置で機能する各種バネ。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のスプリング専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 製品の形状やサイズ、仕様を限定することなく様々な製品にお使い頂けます
    ばねやスプリングをめぐっては様々な種類や形状、材料が存在します。いわきのバネ用トレーは圧縮コイルばねや引張コイルばね、ねじりコイルばねを含むコイルばねをはじめ、重ね板バネ、薄板ばねを含む板ばね、トーションバー、接触形と非接触形を含む渦巻ばね、竹の子ばね、皿ばね、輪ばね、線細工ばね、ファスナーばね、メッシュばねなど各種製品に対応します。また、バネの復元力を生み出す材料には様々なものがあり、材料で分類すると金属ばねと非金属ばねに大別されます。当社の専用トレーは金属ばねと非金属ばねのいずれにもご利用可能です。洗濯ばさみや時計などの日用品をはじめ、自動車、コンセント、HDDなど、あらゆる製品や部品、装置に使用される様々なバネにお使い頂ける専用オリジナルトレーです。
  2. 製品の小型化トレンドをふまえ微細製品でも逃げ形状が作業効率を確保します
    バネをめぐっては、アプリケーションであるパソコンやスマートフォンの薄型化や小型化にともなって、バネ自体もこれまで以上に小型化が進んでいます。製品の小型化にともないトレーにも使いやすさが求められており、小さな製品でも取り出しやすい、収納しやすい設計が必要です。その点、工業用トレーの専門メーカーであるいわきは、超小型製品や薄型製品の専用トレーでも豊富な実績があり、小さな部品でも作業される方が取り出しやすいよう“逃げ形状”をトレーに反映しています。これにより、作業される方が効率を落とすことなく部品を収納したり、取り出しやすくなります。お客様からは「小さなバネでも取り出しやすくて収納しやすい」とご好評頂いています。ぜひ一度、その使い勝手の良さをご実感ください。
  3. 設計の自由度の高い真空成型技術が低コスト・短納期と柔軟対応を実現します
    真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します。当社の真空成型製品は、射出成型並みの精度を確保しつつ、お客様のニーズにきめ細かく対応可能です。国内自社工場で一貫生産の当社であれば、大量生産であればいっそうのコストパフォーマンスを発揮します。一方、試作程度の小ロットでのご注文や多品種、試作後のデザイン変更などにも柔軟な対応可能です。また、成形品のみならず、金型のみのご相談もいつでもお受けします。工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術と築いた実績をベースに必ずお客様のお役に立ちます。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。お電話お待ちしています。