ASICチップ用トレー

いわきのASICチップ用トレーはフル・セミカスタムICなどに幅広く対応

IC(Integrated Circuit:半導体集積回路)の分類の一つで、ある特定の機器や用途のために必要な機能を組み合わせて設計・製造されたASIC(Application Specific Integrated Circuit:特定用途向け集積回路)チップ。必要な機能を論理回路の形で一つのチップにまとめて作り込むため、単体の半導体である標準ロジックICや標準メモリーIC、回路設計を書き換えるプログラマブルロジックデバイス、FPGAなどと比べて高速に動作するのに加え、実装面積の削減、消費電力の低減といった技術的特長があります。また、大量生産時の製造単価においても高いコストパフォーマンスを発揮します。一方、回路設計のために多数の人員、高いコスト、長い時間が必要であるのに加え、半導体製造工程上の製造個数に依らない固定的なコストが高額なため、不具合や仕様の見直しによる設計変更が難しく、小ロット製造の場合には高単価となります。そのため、同じ仕様の製品を大量に生産・販売し、性能上の要請や単価の制約が高いデジタルテレビ、ビデオレコーダー、ゲーム機などの家電製品、携帯電話やネットワーク機器などの通信機器に搭載するICとして用いられるケースが増えています。こうした中、いわきはASICチップの専用オリジナルトレーを制作しており、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


ゲートアレイやセルベース、エンベデッドアレイなどにもご利用可能なトレーです

ASICチップは大きく分けて、ゼロから論理回路を作り込んでいく「フルカスタムIC」と基本的な回路や機能ブロックなどを組み合わせて設計する「セミカスタムIC」があります。いわきのASICチップ用トレイはフルカスタムICおよびセミカスタムICのいずれにも対応します。また、セミカスタムICをさらに分類すると、基本となる論理回路、ゲート回路を一面に敷き詰めた下地をあらかじめ製造しておき、個別品種向けの配線層のみ注文に応じて作り込んで製品とするゲートアレイがあります。下地は大量に製造するためコスト的に有利な反面、標準ゲートの組み合わせで回路を構成するための集積度や性能は劣ります。セルベースは設計済みの機能ブロックを配置し、それ以外の個別ロジック回路とこれらの間の配線層を作り込んで製品化したものです。集積度・性能ともにゲートアレイより有利ですが、下地から作るため製造期間は長く、コスト高となります。エンベデッドアレイはゲートアレイの下地の一部の代わりに設計済みの機能ブロックを埋め込み、残りのロジックはゲートアレイ部分を配線したものです。ゲートアレイとセルベースの折衷型といえます。スタンダードセルは、ゲートアレイ、セルベース、エンベデッドアレイの3種を総称する場合、セルベースICを指す場合など集積回路ベンダによって使い方が異なります。ストラクチャードASICは開発期間を短縮するためにゲートアレイの下地に加えSRAMやクロック用PLL、入出力インターフェイスなどの汎用機能ブロックをあらかじめ組み込み、最小限の個別設計で対応できるようにしたものです。クロック分配回路などは製造者側で専用配線層を用いて配線するなど、ユーザーの設計負担を減らす工夫が見られており、各ベンダーで提供する機能は異なります。いわきのASICチップ用トレーは、ゲートアレイ、セルベース、エンベデッドアレイ、スタンダードセル、ストラクチャードASICのいずれにもご利用可能で、製品形状に最適なトレイポケットが内容物を確実に支持し、製品の諸機能を保護します。


通信分野や画像処理、CPUやマイクロプロセッサなど様々な用途にお使い頂けます

ASICは近年、用途を拡大しており、家庭用・産業用・事務用といった多様な電気製品に使用されています。通信分野では、通信帯域と通信量の増加から高速処理を要求されるネットワーク通信機器などに特に利用されています。ルーター、L3~L7スイッチ、ファイアウォール、負荷分散(SLB/NLB)装置、パケット処理装置などで、ASICがよく利用されています。画像処理においては、コンピュータ用の3DグラフィックスレンダリングエンジンとなるLSIなどにも利用されています。また、デジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラなどでの画像補正、画像圧縮の処理に専用ASICを開発しているメーカーもあります。高速なコピー機などの複合機でも、高速な画像処理が必要な装置では画像処理専用ASICを搭載しているものもあります。DVDレコーダーに代表される動画圧縮や再生処理も専用のMPEGエンコーダ/デコーダ用ASICが開発されています。デジタル放送対応の大型FPDテレビには、このMPEGデコーダーASICが搭載されることもありますが、将来的な圧縮方式の規格変更に対応可能なようにFPGAで構成されているものもあります。コンピュータシステム全般においてはCPUやマイクロコントローラなどのプロセッサも専用マスクを作成して生産するという点では広義のASICの定義に該当しますが、これらは別分類として扱われる場合がほとんどです。各種CPU用のチップセットやPCIバスブリッジといった汎用標準バス制御のLSIはASICといえます。いわきのASICチップ用トレーは、通信分野、画像処理、コンピューターシステム全般と多岐にわたるASICの用途を限定することなく、幅広い製品に搭載されるASICにお使い頂けます。


電気絶縁性や誘電特性などCCLの諸機能を保護する専用オリジナルトレー

ASICチップ用トレー

いわきは設計の自由度の高い真空成型を活用してASICチップ用トレーを製造しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、ASICは電気絶縁性や誘電特性が求められます。その対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。また、自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのASICチップ用トレーはここがポイント!

プログラマブルロジックデバイスやFPGAなどと比べて高速に動作するのに加え、実装面積の削減、消費電力の低減といった技術的特長を持つASICチップは、大量生産時の製造単価においても高いコストパフォーマンスを発揮することから用途やアプリケーションを拡大しています。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のASICチップ専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 製品の仕様や機能を限定する事無くあらゆるASICチップにお使い頂けます
    いわきのASICチップ用トレーは、ゼロから論理回路を作り込んでいく「フルカスタムIC」と基本的な回路や機能ブロックなどを組み合わせて設計する「セミカスタムIC」のいずれにも対応可能です。さらに、セミカスタムICの中でも、ゲートアレイ、セルベース、エンベデッドアレイ、スタンダードセル、ストラクチャードASICのいずれにもご利用可能で、製品形状に最適なトレイポケットが内容物を確実に支持し、製品の諸機能を保護します。
  2. 民生品はもとより高度な産業機器に使用されるASICチップを保護します
    ASICは近年、用途・アプリケーションを拡大しており、家庭用・産業用・事務用といったさまざまな電気製品に使用されています。通信分野では、通信帯域と通信量の増加からルーター、L3~L7スイッチ、ファイアウォールなどを含む高速処理を要求されるネットワーク通信機器などに特に利用されています。いわきのASIC専用オリジナルトレーは、通信分野に加え、画像処理やコンピューターシステムなどで使用される、様々なASICにお使い頂けます。
  3. 自社一貫生産により低価格と短納期、そして柔軟対応で満足度を追求します
    真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低価格・短納期を実現。国内自社工場で一貫生産の当社であれば、大量生産だけでなく、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟な対応が可能です。また、材料段階からの徹底した品質管理により、ASICチップ表面のキズはもとより、異物の付着・混入、破損など、あらゆるリスクを大幅に軽減します。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。トレイのみならず金型のご相談もいつでもお受けします。