低コスト・高信頼のいわきのAMOLED用トレー

いわきのAMOLED用トレーはスマホやデジカメなど向け製品に幅広く対応します

表示素子に有機発光ダイオード(OLED)を利用する有機ELディスプレイの一種で、駆動方式にアクティブマトリクス方式を用いたAMOLED(Active Matrix Organic Light Emitting Diode)。AM-OLEDとも呼ばれ、スマートフォンではGalaxyシリーズに継続されているほか、デジタルカメラ、メディアプレーヤー、ポータブルオーディオなど小型家電向けのディスプレイでの採用が進んでいます。いわきはスマホやデジタルカメラ、テレビ、メディアプレーヤー、ポータブルオーディオなどに使用されるAMOLEDに最適な専用オリジナルトレーを制作しており、搬送用、梱包用、輸送用、納品用、保管用、工場工程用、検査用、出荷用など幅広い用途で多くのお客様にご好評頂いています。


軽量化や薄型化が進むAMOLEDの発色機能や優れた反応速度機能を保護する専用トレー

有機ELパネルは視野角が広く応答性に優れ、高いピーク輝度と黒の沈み込みによる高いコントラストが特長です。バックライトを必要としない自発光型のため液晶パネルに比べ軽くて薄く、消費電力の面でもアドバンテージがあります。かつ、発色が鮮明、反応速度に優れ残像が少ない、素子が長寿命なのも大きな強みです。AMOLEDは有機パネルとしての基本特性を持つため、これらの長所をすべて備えています。さらにAMOLEDではパネル上の各画素にアクティブ素子、いわゆるスイッチング素子を割り当て、それぞれに制御信号を伝送できます。画素ひとつひとつに対してオン・オフの切り替えや輝度調整が可能になるため、繊細かつ鮮やかな画像表現が可能となります。Galaxyシリーズを除くと、AMOLEDを搭載するスマートフォンは限定的でしたが、範囲をスマートデバイス全体に広げるとApple Watchなどの製品にも採用されています。映り込みや焼き付きを改善するための技術開発が進んでいるため、今後も採用されるアプリケーションやデバイスは拡大することが予想されます。AMOLEDディスプレイを液晶ディスプレイと比較した場合、そのメリットは自ら発光し、高コントラストで表示できるデバイスであることや、原理上、薄く省電力なデバイスを作ることが可能である点などが挙げられます。AMOLEDに使われている有機ELは、有機化合物半導体に電荷を加えると発光する原理を利用したデバイスです。一方、液晶ディスプレイは光をシャッターのようにさえぎることで画像を作るデバイスで原理上は大きく異なります。光をさえぎって画像を形成する液晶ディスプレイでは、液晶部分だけでなく、透過型液晶の場合は光を発効するバックライトやサイドライト、反射型液晶であれば光を跳ね返す反射板を用意する必要があります。一方、有機ELディスプレイではそうした装置が必要ないため、小型化するには有利といえます。また、液晶は見る角度によって光がさえぎられてしまうケースがあります。これは視点がディスプレイと水平になるにつれて像が見えづらくなる視野角の狭さとなって現れます。一方、有機ELディスプレイは自発光デバイスであるため、こうした問題が少なく液晶よりも視野の広いディスプレイを作りやすいデバイスといえます。いわきのAMOLED用トレーは、製品形状に最適なトレーポケットが製品を適切に支持し、AMOLEDの諸機能を保護します。


真空成型を駆使しつつ金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します

いわきは、製品の信頼性を保護すべく、設計の自由度の高い真空成型技術を活用してAMOLED用トレーを製作しています。真空成形は金型にかかる圧力が小さいため、一度作った金型は長期にわたって使用可能となります。結果、これまでお客様の負担となっていた金型のメンテナンス費用を大幅に削減します。加えて当社は金型から成形品まで、国内自社工場で一貫生産体制ですので、さらなるコストダウンと短納期を実現します。また、AMOLEDは、ダイオードやフィルムなどで多層構造された大変デリケートな製品であり、衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきはこうした現状をふまえ、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として、いわきは材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下に抑え、静電気対策に万全を期しています。自社一貫生産の当社であれば、多品種小ロットや試作後のデザイン変更などにも柔軟に対応いたします。安心してご用命ください。成形品のみならず金型のご相談もいつでもお受けします。お問合せ頂ければ、担当スタッフが北海道から沖縄まで駆けつけます。あわせてお見積りや納品までのスケジュールなどもご案内申し上げます。お電話お待ちしています。


いわきのAMOLED用トレーはここがポイント!

アクティブ・マトリックス有機発光ダイオードとも呼ばれ、スマートフォンやテレビ、タブレットなどで採用が拡大中のAMOLED(Active Matrix Organic Light Emitting Diode)。LCD液晶ディスプレイでは実現できなかった曲げられるデザインにより、スマートフォンではGalaxyシリーズなどで機能しています。いわきは低価格かつ短納期で高信頼のAMOLED専用トレーをご提供します。製品のおすすめポイントは次の3つです。

  1. 製品形状に最適なトレーポケットが製品を適切に支持し、AMOLEDの諸機能を保護します
    有機ELパネルは視野角が広く応答性に優れ、高いピーク輝度と黒の沈み込みによる高いコントラストが特長です。バックライトが必要ない自発光型のため、液晶パネルに比べ軽くて薄く、消費電力の面でもアドバンテージがあります。かつ、発色が鮮明、反応速度に優れ残像が少ない、素子が長寿命なのも大きな強みです。さらにAMOLEDではパネル上の各画素にアクティブ素子、いわゆるスイッチング素子を割り当て、それぞれに制御信号を伝送できます。いわきのAMOLED用トレーは、製品形状に最適なトレーポケットが製品を適切に支持し、AMOLEDの諸機能を保護します。
  2. 材料段階からの徹底したリスク管理と静電気対策に万全を期し、製品の信頼性を確保します
    AMOLEDはダイオードやフィルムなどで多層構造された大変デリケートな製品であり、運搬や搬送、積み下ろしの際などには衝撃や落下などによる破損リスクを常に抱えています。いわきは、製品保護のため、設計段階からリスクを最大限軽減し、製品を確実に保護します。あわせて材料段階からの徹底した品質管理により、製品表面への異物の付着はもとより、キズなどから製品を保護します。静電気対策として材料シートの表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプをご用意しています。効果は半永久的ですので、安心してご使用ください。
  3. 基幹技術の真空成型が低コストとスピーディーな納品、柔軟対応を実現し、ご満足を追求します
    設計の自由度の高い真空成形技術を活用しつつ、金型からの自社一貫生産により低コストとスピーディーな納品を実現します。自社一貫生産の当社であれば、何千・何万個単位の大量生産でのコストパフォーマンスはもとより、試作程度の小ロット生産でもコストを大幅に抑えられます。試作後のデザイン変更といったご要望にも柔軟にお応えします。また、トレイのみならず、金型に関するご質問もいつでもお聞かせください。工業用トレーの専門メーカーとして半世紀をかけて培った技術と実績をベースにお役に立ちます。まずはお見積りで当社の価格競争力をご実感ください。