真空成形材料

真空成形材料

いわきの真空成形は、プレート状やカバー状のプラスチック製品を加工・成形する代表的な方法の一つです。熱し、やわらかくしたプラスチック・シートを型にセットし、シートと型とのあいだの空気を吸い出し、真空状態にすることで型に吸い付けて形状を作りだします。成形後に余分な部分をカットするなど仕上げ加工を施し、製品ができあがります。いわきでは真空成形を利用して、光学用電子部品用精密機器用注射器用車載部品用など、あらゆるジャンルの包装容器やトレーを製造しています。梱包用輸送用納品用保管用など、多様な場面でお客様のご希望にお応えします。

いわきの真空成形トレーの登場

いわきでは1969年の創業時、研磨で作られているガラス製球面レンズが主流で、デジタルカメラが普及する以前の頃。光学レンズの製造会社のお客様は光学レンズを紙で巻いて出荷しているのが主流でございました。光学レンズには紙粉が付き、紙「ヤケ」を起こし光学レンズの不良も増える一方、キズが付き易く、紙に巻く作業が非常に工数の掛かる現状でございました。そのような現状でキズが付かない、個数が数えやすく、運搬しやすいレンズパックトレーをいわきがご提案させていただいたところ、光学レンズ製造のお客様に大変ご好評を頂きました。その後お客様のニーズにお応えし様々な真空成形トレーをご提案致しました。

いわきが使用する真空成形の材料

いわきではお客様の製品に適している材料を使用した真空成形トレーをご提案しております。例えば耐油性を持った材料や、衝撃吸収に優れた材料、静電気対策の材料などです。いわきの真空成形材料は様々な種類がございますが、いわきでは主にA-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート材)やPP(ポリプロピレン)シートをはじめ、、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます使用させていただいております。また、PMMA(ポリメタクリル酸メチル樹脂、アクリル)シート、Hi-PE(耐衝撃ポリエチレン)シート、AES(アクリロニトリル・エチレン-プロピレン-ジエン・スチレン)シート、PQ-ACE(低発泡ポリエチレンシートと高発泡ポリエチレンシートの複合体)シート、PPF(フィラー入りポリプロピン)やPVC(ポリ塩化ビニル)、PSHI(高衝撃性ポリスチレン)などの材料もご案内しております。材料の特性では3種類のグレードをご用意させていただいております。安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として材料の表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。

40年以上の実績とノウハウを活かしご提案いたします

いわきでは、真空成形トレー作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のあるトレーをお届けいたします。さらに、お客様の求める特性をしっかりと理解した上で、よりよい真空成形トレーにしていくため経験豊富な営業スタッフが打ち合わせをいたします。いわきの営業スタッフは日本全国、北から南までお伺いいたしますので何なりとご連絡ください。

お問い合わせ