icトレイ規格

現在、私たちの周りには様々な場所や物でIc部品が使われております。例を申し上げると、今お客様がご覧になっているスマートフォンやパソコンです。内部には多くの電子部品が使われており、スマートフォンでは800点以上のIc部品が使われております。また近年自動車業界ではPHEVやEV、HEVの普及により自動車の電装化が進展しており、自動車1台あたりに使用されるコンデンサは約1,000~3,000個使われております。いわきではお客様の製品である様々な種類や大きさのIc部品を保管・保護するために各規格に合わせたIcトレイ規格を射出成型品でご提案しております。

いわきのIcトレイ規格トレーとは

いわきのICトレイ規格の特徴は国際規格に基づいたトレーです。例の一つとしてJedec規格がございますが、「Joint Electron Device Engineering Council」の事でアメリカの電子部品に関する標準化団体が示している規格です。jedec規格には様々なものがございますが、JESDの企画各種に対応しております。また、お客様の規格に合わせ様々な形状のトレイを設計・製作を致します。

いわきのIcトレ規格の材料と材質

いわきのIcトレイ規格は、プラスチック製のトレーのことです。プラスチックでも様々な種類がございますが、いわきでは主に材料は主に熱可塑性プラスチックや熱硬化性プラスチック材を使っており、汎用プラスチック・エンジニアリングプラスチック(汎用エンジニアプラスチックやスーパーエンジニアプラスチック)・熱可塑性エラストマーなどを使用しております。多々ある材料の一部の例を申しますと、PP(ポリプロピレン)をはじめ、PE(ポリエリレン)、PS(ポリエチレン)を使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます。またABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)やPPE(ポリ・フェニレン・エーテル)などの材料もご案内しております。さらにコンポジット(複合材)も取り扱っております。
いわきのチップトレーには3種類のグレードがあり、安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、A材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。プラスチック材料の種類は多岐に渡り、射出成形では熱可塑性プラスチックの加工を行うことになります。このように射出成型プラスチック材料の材料特性は様々です。したがって、プラスチック材料は、その特性を理解し、用途ごとに使い分けることが重要となります。さらに、各種類ごとに射出成形方法および条件が異なる点もポイントです。いわきでは長年のノウハウを最大限に活かしお客様にご提案をしております。