icチップトレイ

現在、様々な場所でIcチップが使われております。例えばお客様が今お使いになっているパーソナルコンピューターやスマートフォンなどの機器です。内部には様々な大きさの半導体や様々な種類のIcチップが使われております。またエアコンやテレビ、洗濯機、冷蔵庫、LED電球などの様々なデジタル電化製品にも半導体が使われております。いわきでは世の中に欠かせないIcチップを射出成型トレーで運送時・工程間の際の保護保管向けでご案内しております。

いわきのIcチップトレーの特徴

いわきのIcチップトレーは、プラスチック製のトレーのことです。プラスチックでも様々な種類がございますが、いわきでは主に材料は主に熱可塑性プラスチックや熱硬化性プラスチック材を使っており、汎用プラスチック・エンジニアリングプラスチック(汎用エンジニアプラスチックやスーパーエンジニアプラスチック)・熱可塑性エラストマーなどを使用しております。多々ある材料の一部の例を申しますと、PP(ポリプロピレン)をはじめ、PE(ポリエリレン)、PS(ポリエチレン)を使用し、お客様の製品により弊社が適材な材料をご提案させていただきます。またABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)やPPE(ポリ・フェニレン・エーテル)などの材料もご案内しております。さらにコンポジット(複合材)も取り扱っております。いわきのチップトレーには3種類のグレードがあり、安価なグレードで静電気対策のされていないノーマルグレードをはじめ、A材料に界面活性剤が練り込まれているものと塗布されている表面抵抗値が10の12乗以下の帯電防止グレード、そして3種類のグレードのうち最も良いグレードである導電性グレードがございます。こちらは静電気対策として表面にカーボンや有機系の導電フィルムを印刷または練り込まれているタイプがございます。こちらのグレードは半永久的で表面抵抗値は10の4乗から10の8乗以下の幅でご案内させていただいております。プラスチック材料の種類は多岐に渡り、射出成形では熱可塑性プラスチックの加工を行うことになります。このように射出成型プラスチック材料の材料特性は様々です。したがって、プラスチック材料は、その特性を理解し、用途ごとに使い分けることが重要となります。さらに、各種類ごとに射出成形方法および条件が異なる点もポイントです。いわきでは長年のノウハウを最大限に活かしお客様にご提案をしております。

40年以上の実績とノウハウを活かしご提案いたします

いわきでは、Icチップトレイーを作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のあるトレーをお届けいたします。さらに、お客様の求める特性をしっかりと理解した上で、よりよいトレーにしていくため経験豊富な営業スタッフが打ち合わせをいたします。企画に応える確かな技術力で、高品質・高付加価値のあるトレーをご提供いたします。いわきの営業スタッフは日本全国、北から南までお伺いいたしますので何なりとご連絡ください。