tom成形

tom成形

加飾成形の重要性

いわきが実施している「tom成形」は、フィルムを使用することによって、製品への加飾を射出成形と同時に行うことを可能にした技術です。tom成形により、多種多様なデザインの付与が可能になっただけでなく、環境への負荷も低減しているため、需要が広がっています。あらゆる製品は、加飾によってその機能が大きく変わります。素材をそのまま加工するだけで使用しているものもたくさんありますが、さらに加飾することによって、製品そのものの価値が高まるのです。だからこそ、いかに加飾を実現するのかが製造過程において重要となっています。

いわきが誇る「tom成形」とはどんな技術か

ここで、tom成形についてさらに詳しく解説しましょう。tom成形が一般的な加飾と異なるのは、「型」を加飾対象である「基材」に置き換え、フィルムを貼合・転写する加飾が可能となっている点があげられます。これにより、環境への負荷を低減することにつながりました。
また、機能性フィルムを使用することにより、封止・防水・防汚など、さまざまな機能も付与できるようになっています。製品によっては、水に濡れてしまったり、汚れてしまったりすることが多いものもあります。そういった場合にも、tom成形の技術が大いに活躍することになります。

幅広い分野で活用されるtom成形

tom成形の技術は、幅広い分野で活用されています。たとえば、航空機の内装・外装、自動車の内装・外装、建材の内装・外装、介護・医療応用分野、電子部品、電化製品など、利用シーンは多岐にわたるのです。それだけに、求められている技術であると言えるかと思います。
普段の生活のなかで、tom成形の技術を目の当たりにしていることも多いのではないでしょうか。それと気づくことは少ないかもしれませんが、私たちの生活を支えてくれている技術としてより広く認識してもらえれば、技術者としてのやりがいにもつながります。

3つのオススメポイント

tom成形のオススメポイントは次のとおりです。

  1. 3次元での表面加飾成形が可能に
    tom成形の技術は、3次元表面加飾成形です。3次元の表面に加飾することができるようになることで、より自由なデザインにも対応できるようになりました。お客様の幅広いニーズにお応えするためにも、tom成形の技術を今後とも活用してまいります。
  2. 加飾だけでなく機能性も付与
    tom成形が優れている点は、3次元で加飾できることだけではありません。封止・防水・防汚などの機能もあわせて付与できることによって、製品そのものの価値を高めることができます。使用する製品に応じた機能を付加すれば、活用シーンがさらに広がることと思います。
  3. さまざまな分野で使用される確かな技術
    tom成形は、さまざまな分野の製品に対し、広く活用されている技術となります。具体的には、航空機の内装・外装、自動車の内装・外装、建材の内装・外装、介護・医療応用分野、電子部品、電化製品など、多種多様です。これからも、他分野からのニーズにお応えいたします。

tom成形が実現する各分野の未来

tom成形の技術がより多くの製品に活用されることによって、各分野の製品開発にも好影響を与えることが期待されます。tom成形が実現しているのは、各業界を盛り上げるために寄与することで、望ましい未来をも構築していることになります。今後とも、さまざまな分野にてtom成形の技術を活用してまいります。

お問い合わせ