自動車加飾部品

ハイクオリティな製品をお客様に

いわきではこれまでお客様が求めているものを的確にとらえ、高品質高付加価値なトレーを数多くお届けしてまいりました。今までの経験とノウハウを活かし、企画・設計から金型製作・成形まで全て日本国内の社内一貫生産で、真空成形トレーを提供しているいわきでは長年のノウハウを活かし自動車加飾部品をご提案しております。フィルムインサート成形及びTOM成形を取り入れることによって、より幅広いお客様のご希望に応えることが可能となりました。また、環境に対する負荷の軽減にも役立っています。


TOM成形とは

TOM成形(Three Overlay Method=3次元表面被覆成形)とは既存しているお客様の製品に対しフィルムを貼合・転写する加飾のことです。樹脂金属ガラス陶器など様々な素材に立体成形品に加工するです。これによりお客様の商品が、オリジナリティのある極上の仕上がりとなります。機能性フィルムを使用することにより、封止・防水・防汚など、さまざまな機能も付与できるようになっています。製品によっては、水に濡れてしまったり、汚れてしまったりすることが多いものもあります。そういった場合にも、TOM成形の技術が大いに活躍することになります。 またメッキ調のフィルムを使い樹脂や金属にも「メッキ感」を再現でき、カーボン調のフィルムを使いお客様の製品に対し手軽にカーボンの質感を加えることが可能でございます。


フィルムインサート成形とは

フィルムインサート成形とは、射出成形型に印刷された加飾フィルムをインサートし、加飾された射出成形品を得る表面加飾方法です。フィルムインサート整形により、転写箔を使用する「インモールド成形」よりも、さらに深絞りの製品の加飾に対応できるようになりました。その結果、これまでには実現できなかったお客様のご要望にもお応えしております。フィルムインサート成形の強みは、印刷フィルムにより、金属調艶消しパターン柄などの表面加飾が自由に行える点にあります。金型製作から印刷・プリフォーム成形・射出成形まで、社内で企画・設計から金型製作・成形まで一貫して生産することができます。また射出成形は、クリーンルーム内で型締力180tから680tにて対応が可能となっております。これまでの技術では不可能だった部分に関しても実現しております。



3つのオススメポイント

オススメのポイントは次のとおりです。

  1. 複雑な形状にも対応できます
    フィルムの豊富なバリエーションによって自由度が高く、対象物が複雑な形状や、多色化にも対応しております。また、成型品裏面の形状自由度も優れております。
  2. 加飾だけでなく機能性も付与
    tom成形が優れている点は、3次元で加飾できることだけではありません。封止・防水・防汚などの機能もあわせて付与できることによって、製品そのものの価値を高めることができます。使用する製品に応じた機能を付加すれば、活用シーンがさらに広がることと思います。
  3. 多品種少量生産のご要望に応えます
    お客様のご希望で多品種少量生産を受け付けております。試作から、金型設計、印刷・成形・加工・検査出荷までいわきがトータルコーディネートをすることによって低コストで高品質を実現しております。

技術と経験を活かしお客様に最高な製品をご提供します

いわきでは、製品を作成する際、最新設備によるコスト削減、精度の向上を実現しております。今まで積み重ねてきたノウハウを活かし、あらゆる工程で迅速な作業をしております。これにより生産性の効率化とともに高品質・高付加価値のある製品をお届けいたします。塗装では不可能なデザイン、歩留まりや高コストで実現が不可能なデザインでもフィルムインサート成形とTOM成形を使用することによって再現・生産が可能です。自動車部品に求められる耐候性・耐久性・耐水性や耐油性にも対応しているフィルムを使用するため高品質で低価格でご提供いたします。お困りの際は是非御問い合わせをお願い申し上げます。