リクルート

リクルート

光学・精密・電子部品の保管・運搬用各種容器を製造してきた長年の実績と経験を糧に、多様化するニーズを理解し複雑かつ高度なご要望にお応えするために、技術力と対応力の向上、設備の充実に努めています。そんないわきでは、新規事業の拡大と既存事業の強化に向けて、いわきの明日を支え、新たな道を切り拓いていただけるみなさんを募集しています。いわきに蓄積されたノウハウを使って新たな市場を開拓し、日本のモノづくりを支えようという気概のあるみなさん、私たちといっしょに働きませんか。


「あったらいいな」をカタチに――それがいわきです

株式会社いわきの原点は、1962年に創業者・草野茂が設立した包装資材の販売会社です。以来、お客さまのご要望とお悩みを真摯にお聞きしてニーズを的確に捉えたうえで、常にその要望の上を行く製品の提供を心がけてきました。そのための技術開発と、最新技術・機器を導入する努力は、怠ったことがありません。 50年を越える歴史のなかで、部品用トレーなどの小さなものから厚物・大物用トレー、金型、金属加工品など、さまざまな用法・用途の製品を、先進技術を使って製造し、販売してきました。その長年にわたる経験の蓄積と最新の製造設備が、現在のいわきを支えている両輪です。たしかな技術力と真摯な姿勢で、「あったらいいな」というお客さまの夢と希望を製品というカタチにして提供する。これが私たちいわきの使命です。

真空成形トレー、加飾フィルム成形――多様な製品を作ります

光学用、電気・電子部品用、精密機器用、医療用、車載部品用など、あらゆるジャンル・用途で、みなさまのご要望にお応えするトレーや包装容器を製作しています。 真空成形用金型・トレー、射出成形用金型・トレー、いわき規格トレー、ウェハーボックス、自動機対応トレー、PE製2層緩衝性トレー、コンテナふたなど、高品質の製品をより早く、より安くお客さまにお届けするよう努力を続けています。 樹脂や金属、ガラス、陶器など、さまざまな素材の立体成形品にフィルムを使って多様な色や柄を付ける「加飾フィルム成形」も、現在のいわきの主力製品の一つです。航空機や自動車の内装、電子部品や電化製品、医療用品など、幅広い分野でみなさまにご利用いただいています。 樹脂切削品や金属加工品、ゴム製品、FRP成形品の製造も承っているほか、新たな分野への進出も続けています。

いわきは、行動できる人材を求めています

いわきが求めているのは、「行動できる人材」です。いくらよいアイデアが生まれても、実現できる力がなければ、それはアイデアがないのと同じことになってしまいます。「思い立ったら、まず行動!」 これを基本にしています。いわきにはこれまでのノウハウの蓄積があり、個性豊かな営業や技術者が揃っています。入社したら、新入社員の特権を活かしながら、どんどん周りの人を巻き込んでいってほしいといわきは考えています。それを続ければ、新たな市場も生まれ、製造業がさらに活性化する。せっかく社会に出るのですから、どんな仕事を成し遂げたいかを考えながら楽しんでほしい。それが、いわきへの入社を考えるみなさんに期待することです。